【オンライン学習支援の仕組み③】ドロップアウトを防ぐには、最初の4週間が勝負!

オンライン大学のデータから見た学びの実態とは?
学びのハイパフォーマーの傾向とは?

『オンライン授業で学びのモチベーションを維持するための具体的な取り組み事例』について、東京通信大学 情報マネジメント学部 情報マネジメント学科 加藤 泰久教授にお話を伺いました。

オンライン学習が加速する昨今、学びの促進のために、私たちはどのように学習を設計し、どのように学習者を支援していくべきなのでしょうか?
もっとみる

嬉しいです!ありがとうございます♡
1

外国につながる子ども・若者支援事業

横浜市では、外国につながる子どもたちの数が増加しており、2019年5月現在その数は10,103人となっています。市内各地域にある学習支援教室は、子どもたちに日本語や教科を学ぶ機会と安心して過ごせる場所を提供しており、そこでは多くの支援者が活躍しています。(公財)横浜市国際交流協会(以下、YOKE)では、このような支援者の方に役立ててもらうための事業を行っています。
 今回は事業担当者の1人、唐木澤

もっとみる

「体験」の「経験」化

「体験学習」とは言いますが、「経験学習」とはあまり言いません。
「経験値」とは言いますが、「体験値」とは聞いたことがありません。
「体験」も「経験」もどちらも英語にすれば「experience」です。

両者はどのように違うのでしょうか?

私の中では次のように区別しています。

「体験」= 一時的で表層的なもの
「経験」= 長期的で深層的なもの

イメージは塗り薬です。日常生活や活動を通して表面

もっとみる
ありがとうございます!次回もお楽しみに!
14

オンラインでの学習支援について

対面でどこかの場所を借りて無料塾のようなものを開きたかったのですが、どうもそれは厳しそうだということでオンラインで活動をしてみることにします!

 遅くなってしまいすみません!!!

早速内容についてです。

対象:小学校5年生、6年生の算数
   中学生の数学、英語

時間:30分から1時間(曜日等はそれぞれの都合で調整)

講師:筆者です。大学2回生で化学を専攻しています。↓(あまり良い写真が

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
2

教え方それぞれ【星は空にある】

あくまでも

その時その人にあった教え方の一例

として紹介していきます。
誰でもがいつでも一発でわかる教え方ではありません。

子どもは色々な体験から色々なことを学びとり成長します。
物語やテレビで星を知ります。
夜、空を見上げて星が夜空にあることを発見する体験をします。
もっと星についての知識を掘り下げたくなったら…プラネタリウムや博物館に行けば良いでしょう。

①知る
②体験する
③掘り下げ

もっとみる
お陰様でがんばれます٩( 'ω' )و

【オンライン学習支援の仕組み②】さまざまな学習者支援~学びを止めないために

『オンライン授業で学びのモチベーションを維持するための具体的な取り組み事例』について、東京通信大学 情報マネジメント学部 情報マネジメント学科 加藤 泰久教授にお話を伺いました。
オンライン学習が加速する昨今、学びの促進のために、私たちはどのように学習を設計し、どのように学習者を支援していくべきなのでしょうか?
第6回に分けてお送りします、第2回目です!!

■研修設計のOCLラボ|リープ株式会社
もっとみる

嬉しいです!ありがとうございます♡
1

いやでも嫉妬する

こんばんは( ̄▽ ̄)

ボランティア、zoomでオンライン勉強お手伝いをしてます。

チーム分けして、他のチームが楽しそうにしてると本当羨ましくなります。

自分の楽しくする実力がたりてないんだなぁ…と実感。ワイワイしてもらいたいなぁ。

こちらが大騒ぎするのもシンプルに勉強の邪魔。

「わからない!」
「ヒント出すわ!ーーー」
「え、こうかなぁ」
「そうそう」
「なるほどー!」

みたいな会話し

もっとみる
thank you❤️
4

大学生ができる学習支援ボランティア

コロナが蔓延して半年、このタイミングで都内の大学に通う私たちに何ができるのか。
今起きている問題を書いて残すことが必要だと考え、私達は、小学生の学習格差の現状について調べました。

前回のnoteでまとめたのでこちらを先に読んでいただけると嬉しいです!

私たちにできること

学習格差の現状を知ったうえで、「大学生ができること」について考えてみました。
そこで「学習支援ボランティア」があると気付き

もっとみる

オンライン学習支援の仕組み【第1回】東京通信大学の特色

『オンライン授業で学びのモチベーションを維持するための具体的な取り組み事例』について、東京通信大学 情報マネジメント学部 情報マネジメント学科 加藤 泰久教授にお話を伺いました。
オンライン学習が加速する昨今、学びの促進のために、私たちはどのように学習を設計し、どのように学習者を支援していくべきなのでしょうか?
第6回に分けてお送りします、第1回目です!!

■研修設計のOCLラボ|リープ株式会社
もっとみる

嬉しいです!ありがとうございます♡
7

教え方それぞれ【軸を戻す】

あくまでも

その時その人にあった教え方の一例

として紹介していきます。
誰でもがいつでも一発でわかる教え方ではありません。

よく漢字のドリルにある

薄い線を丁寧になぞりましょう。

これは、

丁寧になぞることで覚えましょう

ということなのですが、ここで

丁寧に

に心が囚われてしまうと

薄い線からずれないように

とか

はみ出さないように

とか

如何に丁寧になぞるか

が主軸

もっとみる
お陰様でがんばれます٩( 'ω' )و
1