朝、記事を更新しまして、

決意あらたに目標を
書き出したのですが…

note pro ✕
note プレミアム ○

こういうところ…!
ボケ担当、本当に注意致します…涙

わたしもスキです♡
12

空元気

📸インスタを始めました。良かったら見てください☺️



 稼がなくちゃ。と休日も別の仕事の予定を入れたのに前日に流れてしまいました。

 狸の皮算用って言葉がありますが、今よりうんと物欲が強かった8年前は、欲しいものを買いたい時は「先行投資と思って買うのはどうだろうか?売掛金は後から回収をすれば良いし」と自分を誤魔化そうとしました。

 売掛金も何も現金は発生していないので馬車馬の如く働けば

もっとみる
励みになります。
1

価値を伝えると言う難しさ

いつから取り組んでいるだろうか。落花生の販売。落花生と言うのは、中に実が入ってなくても、殻はなる。それを選別して、煎ったり茹でたり加工を加えていく。ただ、選別は風を殻に当てて吹き飛ばす選別と、人の目で選別になる。その選別をくぐり抜け、時よりカラッポの殻が入ってしまう。それを理解してもらえない。お客様は、お金を払っているわけだから、当然なのだ。その質を上げていけば、より高価になり甘くすると、クレーム

もっとみる
うぉぉぉ!感激です😆
2

自分を責めすぎないことの重要性

自分が決めたことができなかった時に、「自分はなんてダメなんだ…」とネガティブになる必要はないと思う。開き直って次はできるようにするか、他にやりたいこととか自分が生きやすいように生きる方が良いと思った最近。

ネガティブ思考の生きづらさ

自信がない人は何かあった時に、自分を責めすぎることがよくあると思う。今日は1時間勉強しようとか、今日中に買いたいものあるから出かけようとか。

できなかった時に、

もっとみる
おかえりなさいませ😌
24

健康第一

最近、健康について考える機会が幾度かありました。

久しぶりの大口のお話をいただけた時

それから、AdobeMAXです。

他にもありますが、特にこの2つです。

PCの画面とにらめっこして、長時間同じ姿勢でいるという共通点があります。

今、目、首、腰、腕などが怒っています。あるいは、泣いているのかもしれません。昨日は、頭痛と吐き気もありましたが、一晩休んで、なんとかなりました。慢性化しないよ

もっとみる
ありがとうございます!
3

結果をだすために、取組む大事なこと。

仕事をしていく上で、何事にも“結果“と言うのは、ついてきます。少なからず、良い結果を出そうと誰もが取り組みます。その時に、大事なことを少しだけ、教えます😌

■ とにかく作って世に出そう!

結果をだすためには、“とりあえず出す“を心がけよう。考えすぎて、じぶんの理想ではない🤯では、絶対結果は出ない。あなたの理想ではなく商品やサービスを気に入ってます。お客様にメリットあれば、結果は必ずついて来

もっとみる
うぉぉぉ!感激です😆

ハイ-スタンダード。大人になるということ。

もう秋めいてきたというのに、夏の歌を聞いている。SUMMER OF LOVE。好きだった曲。

 写真のアルバムに、収録されている。手にとるのは何年ぶりだろう。たぶん、ほぼ20年、ぶり。あの頃は欲しくても、欲しくても、買えなかった。お金がなかったから。迷いに迷って、同じバンドの別のものを買った。だから、このアルバムは持っていなかった。

 インディーズだったし、ツタヤにも置いていなかった。で、友達

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
5

朝からちょっといい日だった話

私はいつも学校に行く時、通学路の途中にある小学校の警備員さんと挨拶をする。
今日もいつも通り挨拶をしたら
「いつも楽しそうだねぇ」
と言われ、どこがそんな楽しそうに見えるのかと思って
「そうですか?」と聞いたら、
「毎日にこにこしてるからね、おじさんも笑顔になっちゃう」
と答えてくれて、朝からちょっとるんるんしながら学校に行った。

どこかで聞いたことはあると思うが、『笑顔は伝染する』というのは本

もっとみる
きゃー!嬉しい!///
7

【まとめ】死ぬ時に後悔しないために大切な10のこと

死を目前にしたときに後悔することをまとめてくれた書籍がいくつかあります。
日本では、1000人を超える末期患者と向き合って最期を見届けた緩和医療専門医の大津秀一さんの著書「死ぬときに後悔すること25」が有名です。
海外では、緩和ケアの介護を長年つとめ、多くの患者の最期を看取った経験を書いたブログが話題になり、まとめた著書が26ヶ国語で翻訳されて世界中で読まれているというオーストラリア人のブロニー・

もっとみる

彷徨える自分.

素敵な大学生のお話。

人生の生き方、自分のあり方はどの世代においても、節目節目で迷うものなのかもしれない…

そんな各世代が偶然居合せた一室で、それぞれが答えを得ようと対話しながら、もがいた話。

大学生ときたら、当然のごとく来たるシーズンのようにシューカツをして、就職をする。

もし就職浪人しても、院に進んで、次なる行手を一先ずは安心して見定める事ができる。

そのどれもを選択せず、肩書きを欲

もっとみる