【第6回】「訪問看護ゼロ地域でのステーション開業。暮らしのなかに看護を根付かせていきたい」

個別性の宝庫である在宅医療の世界には、患者の個性と同じように、ケアする側も多彩で無数の悩みをかかえています。悩みにも個別性があり、一方で普遍性・共通性もあるようです。多くの先輩たちは、そうした悩みにどのように向き合い、目の前の壁をどのように越えてきたのでしょうか。また、自分と同世代の人たちは、今どんな悩みに直面しているのでしょうか。多くの患者と、もっと多くの医療従事者とつながってこられた秋山正子さ

もっとみる
ありがとうございます!
6

クリニック薬剤師が薬局に行ってみた

本日はまた別の薬局へ面談に行ってきました。
今度は1時間30分の話し合いww #お互い暇かよ #いやめちゃくちゃ忙しい #でも意味のある90分

今回はすでに診療情報提供書を一度送っている薬局で、さらに新しい試みで、その中に山口が書いた薬剤サマリーを追加したスペシャル版 #めちゃくちゃ頑張って書いた

この薬剤サマリーがめちゃくちゃ感謝された

在宅にめちゃくちゃアツイ社長さんで、枚方エリアでとて

もっとみる
ありがとうございます!これからもガンバリます!
8

訪問看護師というお仕事/余命宣告された訪問2日後

余命宣告うけて2日後の訪問

部屋に入ると昨日とはなんとなく違った様子が目から通して体全体に感じるのがわかった。

一昨日まで家中歩けていた本人がコタツに入り座布団の上で横になっていた。

頬はこけており、目はうつろ。

起きなくても良いからという私になんとか力振り絞ってむくっと起き上がる。

背筋がはっていた背中は丸くなっている。

お茶がむせてしまう。というお父さんにトロミ買った方使い方教える

もっとみる

【よみがえる遺産】看護が嫌いな看護師

2020.11.05 Thu.

この記事の文字数:2340

-

noteで繋がっているモヤイさんという方からバトンを頂いたので、今日は企画に乗っかって記事を書いてみようと思います。

モヤイさんの記事はコチラ

ルールは、自分(僕)のこれまでのnoteの中で最もPV数が多い(最も読まれた)記事を紹介し、記事を書いた動機や当時の心境を語り、バトンを次に繋げることだそうです。文字数はフリー。

もっとみる
励みになります!
47

たとえ八方塞がりでも、患者さんのために九本目の道を冷静に、情熱的に探せる病院でありたい【まちだ丘の上病院新院長に、小森將史が就任しました】

10月1日付けで、前院長米倉の後を引き継ぎまして、小森將史(こもり まさふみ)がまちだ丘の上病院(通称:まちおか)の新院長に就任しました。

現在、日本は高齢社会となり、生活習慣病などの慢性疾患を抱えて、病気と共に人生を歩む方が増えています。

慢性期の患者に寄り添う療養病院のニーズはより一層高まっていますが、一方でさまざまな課題が噴出しているのも現実です。

例えば、これまでの医療は病気を「治す

もっとみる

やっと少し見えた自分の目指す医師像

今日の講義を受けて、私はこの大学の医学部に入れてよかったなぁってボロボロ泣きながら思いました。

めちゃくちゃ良かった・・・

このコロナの自粛生活中、本当に医師になっていいのかなぁって、自分にしかできないことができるかなぁって、自分の人生はこれでいいのかなぁって、すごくすごく迷ってきたんです。

でも、今日の講義を受けて、私が目指したい医療ってこれなのかなとか、自分にしかできないことを見つけたい

もっとみる
あなたと私の文章の出会いに、心から感謝です。

#56 小田原市新病院建設の3つのポイント その2

本記事は前回記事(#55)の続きである。

前回の記事では、小田原市新病院建設のポイントとして、①建設事業費の大幅増加、②開院時期の1年後ろ倒し、③建設場所の3点を挙げ、②と③について説明をした。

今回は、①建設事業費の大幅増加について考えてみたい。

本件について考えるにあたり、ポイントは3つあると考える。

・「小田原市立病院再整備基本構想」(平成30年度作成)の試算妥当性

・「小田原市立

もっとみる
浅井政真です!ありがとうございます!
5

所信表明 強権ぶりを示しただけ

    重大問題には全く触れずじまいです。菅政権が9月に発足してからもう40日にもなります。にもかかわらず国会も開かず、当然ながら所信表明もなく、ようやく26日に開いた臨時国会で所信表明演説です。         ですが、国民にとって重大問題には一切触れずの菅政権の強権ぶりを示すだけのものとなりました。                       今、日本の将来にとって大問題である日本学術会議の人

もっとみる
いつもありがとうございます。
3

服薬後のフォローは薬剤師にしかできないのか

今回は服薬後のフォローを行えるのは薬剤師だけなのか?ということについて考えてみます。

先日、薬局パートナーさん(非薬剤師)から外来の患者さんのことで相談を受けました。
どうやらお薬を受け取った翌日から今日まで3日続けて来局され、「薬がない」とご相談いただいていたようでした。
対応してくれた薬局パートナーさんは、患者さんがご高齢かつ独居のため、”何かおかしい”と感じたようです。

そこでその薬局パ

もっとみる
サークルやってます!
12

#55 小田原市新病院建設の3つのポイント

小田原市新病院 現地で2026年度開院 市、基本計画素案示す | 小田原・箱根・湯河原・真鶴 | タウンニュース

小田原市新病院建設の素案が発表された。

そもそも「小田原市新病院」と表現しているが、現行の小田原市立病院の建て替えを指している。

小田原市立病院(以下「市立病院」とする)は県西地域の基幹病院である。

地域医療支援、救命救急センター、災害拠点病院等、現在でも多様な役割を担っている

もっとみる
浅井政真です!ありがとうございます!
3