土屋鞄

接客職人・上田|土屋鞄の〇〇職人 #2

土屋鞄の中には、様々な職人がいます。ランドセルや鞄をつくる職人はもちろん、修理をする人、イベントを考える人、お店で接客する人、フォトグラファーなど……。
いろいろな分野でいわば「職人」のように何かを極める人は、どんなこだわりをもって臨んでいるのでしょう。これまでのいきさつや仕事風景を紹介する、連載「土屋鞄の〇〇職人」を始めます。

● ● ● ● ●

大人用鞄とこども用ランドセルを展開している土

もっとみる

革のジンジャーブレッドくん| 土屋鞄のまいにちWORKSHOP

ただいま、土屋鞄の全国のランドセル店舗では、お子さまに無料でお楽しみいただけるものづくりワークショップ(まいにちWORKSHOP)を開催しています。
11・12月の内容は、クリスマスにぴったりの「革のジンジャーブレッドくんをつくろう」。どんなことをするのか、現場をちょっとのぞいてみませんか?

/ はじまりはじまり〜 \

ワークショップは、ブレッドくんの紙芝居から始まります。
割れたポットや小さ

もっとみる

ちびっこデザイナー募集企画・ちびっこ職人体験のご紹介

みなさまは土屋鞄で販売している「ちびっこリフレクター」をご存知ですか? 暗い所で光を反射するこのキーホルダー、実はこどもたちのイラストを元につくられています。

大賞に選ばれた作品が、写真のようにリフレクターへと製品化される「ちびっこデザイナー大募集!」企画。今年もいよいよ募集を開始しました。
今年はどんな作品に会えるのか、職人もスタッフもドキドキワクワク。絵を描くことが大好きなお子さまのご応募を

もっとみる

ワークショップ職人・木村|土屋鞄の〇〇職人 #1

土屋鞄の中には、様々な職人がいます。ランドセルや鞄をつくる職人はもちろん、修理をする人、イベントを考える人、お店で接客する人、フォトグラファーなど……。
いろいろな分野でいわば「職人」のように何かを極める人は、どんなこだわりをもって臨んでいるのでしょう。これまでのいきさつや仕事風景を紹介する、連載「土屋鞄の〇〇職人」を始めます。

● ● ● ● ●

今回は、ワークショップ職人・木村を

もっとみる

土屋鞄の絵本コンテストについて#3 -結果発表-

#土屋鞄の絵本コンテスト にご応募いただいたみなさま、誠にありがとうございました。
初めてのnoteでのコンテストに内心ドキドキしていたスタッフですが、155件もの力作をご応募いただき嬉しい気持ちでいっぱいです。
グランプリに輝いたのはKashikoiさんの『よるのひみつ(仮)』。独特のタッチが可愛らしい、落ち着いた絵柄が印象的な作品です。
こちらは書籍化に向けて準備しておりますので、どうぞ楽しみ

もっとみる

物も、普段の光景も。“大事なこと”を見極める|ランドセルご愛用者さまインタビュー【白田さん編】

暮らしのリズムやそこから生まれるエピソードは、家族の数だけあるもの。普段大切にしていることや、こどもたちへ抱く思い、もの選びの基準など……。土屋鞄のランドセルをご愛用いただいているのは、どんなご家族でしょう。お宅にお邪魔して、お話を伺いました。

今回は、2020年ご入学用ランドセルのカタログでお写真をお借りした白田家のお話をご紹介します。現在小学4年生の理子ちゃんは牛革ベーシックカラー・茶×ピン

もっとみる

ランドセル選びに密着 – りこちゃん編 –

「昔は、赤と黒だけだったのに」。
選択肢が増え、見れば見るほど決まらないランドセル選びのシーンでは、そんなお声がよく聞こえます。
早いうちから検討していても、大人と子供の意見が合わずに難航することもしばしば。もちろんご家庭によって決め手は異なりますが、「よそのお家はどうやって決めているの?」という質問は珍しくありません。

今回は、土屋鞄のスタッフKと娘・りこちゃんのランドセル選びをのぞいてみまし

もっとみる

パスケースの話

こんばんは

みなさんは通勤に電車を使いますか?

自転車の人、徒歩の人、それぞれいると思いますが、電車の方が多いのでは無いでしょうか。

今はICカードの時代ですし、スマホで改札を通ることもできる時代です。

自分の場合には、大阪と京都を結ぶ京阪電車と大阪メトロを使います。

京阪電車は定期券、メトロはPiTaPa「関西の人ならわかりますよね」両方ICカードです。

以前はカードケースに入れて他

もっとみる

よみがえるワンピース (土屋鞄の絵本コンテスト)

あなたはじぶんのこんな一面見たことなかったという時、ありませんか!?

わたしはそんなじぶんのしらない自分に出逢うことが好きだったりします。
人間って、どこか自分に自分で蓋をしてしまうことってありませんか!?
わたしはそんな事がありました。
自分にはそれはやってはいけないとか、自分にはそれはできないとか、
どこかで自分へ制限をしてしまう事、あります。
ありました。
そんな時に出会った、わたしのワン

もっとみる
ありがとうございます🌗
10

絵本作り:見られない絵は存在しないのと同じこと

登場人物:どんぶりこ 話を考える人 好きなものが偏っている漫画オタク。
北見雨氷 絵を描く人 普段は漫画を描いている。

時は朝5時。北見からのLINEの着信音で起きた。
どんぶりこ:うう眠い。「線画できた。メール確認して」

北見は普段は別の仕事をしていて、早朝朝5時から絵を書いている。
週末クリエイターという言葉はよく聞くが、北見は早朝クリエイターだ。
努力できることが才能だとするのであれば、

もっとみる
スキありがとう!
10