国語の文法まとめ【その20】 〜ややこしい形の見分け方2〜

前回のnote→
国語の文法まとめ【その19】 〜いろいろな品詞に接続できる助動詞〜|さくらのはな🌸 @kokugo_nihongo #note https://note.com/kokugo_nihongo/n/n7ca6d9f04cc9

 今回は「ややこしい形の見分け方」の第2弾です。まだまだまとめ方として不十分なところもあるかと思いますが、取り急ぎ「こういうところがテストや入試問題で出題

もっとみる
よろしければ他の投稿も見てみてください(^^♪
1

3分でできる国語の読解問題(25)「ベェトォフェンの面」

次の文章は、和辻哲郎「ベェトォフェンの面」の一部です。これを読んで、あとの問いにこたえなさい。

 製作の苦しみは直ちに生の苦しみであるとは言えない。製作の苦しみが人格の苦しみに根を持つ時、初めて貴むべき苦しみになるのである。
 生活と製作とは一つでなければならぬ。これは自明のことである。しかしそれは恋をしながら同時に恋物語を書いて行くという意味ではない。製作は花、生活は根である。一つの生に貫ぬか

もっとみる
ありがとうございます❣️
4

「美味しいです」←この日本語は間違い

「美味しい」を丁寧語にしてみて

大昔(少なくとも前世紀)からモヤモヤしている日本語についての疑問を書きます。

「おれはラーメンを食べる」

これを謙譲語に直して下さい。

「私はラーメンを頂きます」

ですね。

「お前は何を食べる?」

これを尊敬語に直して下さい。

「あなたは何を召し上がりますか?」

ですね。

「このラーメンは美味い」

これを丁寧語に直して下さい。

「このラーメン

もっとみる
あなたの今日の運勢は「大吉」です!
3

もっち先生の「もっちり文法」第35回日本語の受身

日本語の受身文を解説しています。英語の受動態や漢文の受身文を理解する基盤としてお役立てください。

ありがとうございます!

非言語コミュニケーションについて語ってみる!!

こんばんは、わたまるです。コメントを下さる方もいて、今までは考えたこともなかったことを経験させてもらっています。ネタ集めも最初は困ってましたが、最初に比べて、これ気になるな、書いてみようかな?とか思う気持ちが芽生えてます。それもみなさんがスキやフォローをしてくれるから、自分のモチベーションが上がってここまで継続できているのかなと思っています。ありがとうございます!感謝!

今日はですね。非言語コミ

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
7

もっち先生の「もっちり文法」第34回漢文の副詞と前置詞

漢文の副詞と前置詞を解説しています。句形以前に学ぶべき基本文構造の一部です。

ありがとうございます!

古典の文法の話5 頻出事項は概ねこれでおしまいです。

↑古典文法の記事を一緒くたに突っ込んだマガジンです。見出しで大体内容はわかるので、必要な情報があればぜひどうぞ。

こんばんは、しめじです。

さて、1か月半ほどかけて、古典文法の話をしてきました。

動詞の活用の話からはじまり、形容詞、形容動詞、そして定番の助動詞。
助動詞自体はまだまだありますが、どんな文章にも最低一回は出てくるような、そういう定番はこれで全部です。

というわけで、ここまでの

もっとみる
今後もどうぞよろしくお願いします。
1

2020/05/24(SUN)

6時半。目覚めるが二度寝。

7時。再度目覚めると息子は先に起きてリビングでゲームを始めていた。

7時半。昨晩の息子の誕生日ケーキを食べる、朝ごはん。

8時。まだ外は曇っているが、昼前には晴れる予報。洗濯機にスイッチを入れ、今日中に終わらせないといけない息子の宿題を整理する。多し。国語や算数の宿題以外の課題の多さに改めて驚かされる。よく仕事の多さを理由に息子の要求を断わることも少なくないが、彼

もっとみる
ありがとうございます!

光村 6年国語「メディアと人間社会」「大切な人と深くつながるために」

新しく収録された2つの説明文。

1つは、池上彰さんが書かれた「メディアと人間社会」。

もう1つは、鴻上尚史さんが書かれた「大切な人と深くつながるために」。

説明的文章の読み方は、はじめ・なか・おわりの3つに分け、頭括型・尾括型・総括型のどれに当てはまるか見抜くところから始めます。

「メディアと人間社会」では、尾括型といえるでしょう。

 -----

どんなメディアが登場しても重要なのは、

もっとみる