国語の第1単元@主題歌を決める

1 迸るような楽しい国語を 以前のnoteにも書きましたが、私は小学校の頃からずっと国語が苦手で、嫌いでした。そんな私のこと知ってか知らずか、教員11年目まで、すべての勤務校で、すべての年度で、校内研究が国語科でした^^研究授業を何本もさせてもらいながら、いつも感じるのは、国語科の授業は群を抜いて、繊細で、きめが細やかだということ、そして、何より、研究授業までに培ってきた子供たちの『楽しい!』が原

もっとみる

『スイミー』原本のSEEとTHINKが大文字なのは「学而不思則罔、思而不学則殆」にも通づるところがあると思う。スイミーが海でいろいろなものを見たこと、うんと考えたこと、どちらがなくてもマグロを追い出すあのアイデアは、浮かばなかったんじゃないか。

めっちゃ嬉しいです❣️
2

やっぱり、授業はたのしいよね、っていう話。

こんばんは、しめじです。

四月の、年度初めの検診やらオリエンテーションのラッシュ、からの連休も終わり、いよいよ「普通に授業ばっかり」の生活が始まりました。

私がメインで担当している1年生古典も、いよいよ古典文法の入り口、動詞の活用の話を始めました。

扱う教材は、この間も少し触れた、宇治拾遺物語の「児のそら寝」。
単語を辞書で調べながら、細かい文法の話は概ねスキップして、まずは訳を確認して、今

もっとみる
今後もどうぞよろしくお願いします。
3

🌈もちべUP ✅「アウトプット」「目的」を意識することが、ポイント。やる気UPに! ③-1-5

神田ゆい@小学生
きしゃこく、せんせい!
正しい国語(コミュニケーション)の
勉強法がわかっても、
きつい筋トレみたいだと続かないですよね。
どうすれば良いんですか?
きしゃこく先生
ゆいさん、そだね。
やる気・モチベーションが落ちるよね。
それには、
きしゃこく先生が報道記者だった時の経験が
生かせると思ってるよ。
説明するね。

1.報道記者時代、身につけたワザ

きしゃこく先生
国語力(コミ

もっとみる
フォローお願いします!フォローバック100%します⭐️明日までに!
17

【中学入試既出・必読書ですよ】あの高倉健のエッセイです。読みやすい。

【中学入試既出・必読書ですよ】あの高倉健のエッセイです。読みやすい。

『南極のペンギン』
高倉健著
集英社文庫

あの高倉健さんが書いたエッセイです。

朴訥とした雰囲気の健さんですが、文章も朴訥としています。

挿絵が綺麗ですので、本が好きでないお子さんもとっつきやすいでしょう。ただし、お子さんは健さんを知らないかもですw

健さん、ペンギンを南極で見て、「あいつら、人間とおんなじだ」と感想を

もっとみる

4年国語「一つの花」は、平和ではない

『最後の場面に出てくる一つの花は、何かな?』

戦争に触れる文学といえば、4年生にある「一つの花」。この作品の「十年後」について、今日はお話します。

一つだけのお花を渡したお父さんが、汽車に乗って行ってしまって十年。

コスモスの花でいっぱいに包まれた小さいお家に住むゆみ子が登場します。

お肉とお魚、コスモスのトンネル、小さなお母さん...一見、平和な印象を受けますがそれは違います。

いっぱ

もっとみる

「交際する」と「付きあう」の比較―対称性を中心として―

昔書いたレポートをベースに少しだけ修正した記事です。来週のお仕事ネタは文法の話にしようと思ったので、そのちょっとしたネタ振りとして、今回は文法に関する文章をアップしておきます。

1.はじめに
 1)aと1)bのような意味において「交際する」と「付きあう」はほとんど同義の語として見なされており、辞書記述を見てもその差は見つけることが出来ない。
1)a 彼は彼女と交際する。
1)b 彼は彼女と付

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!!
1

私は作家になりなさい本を書くようにと担任になった全ての教師から言われた学生時代。通知表の通信欄には必ず毎年先生が保護者に連絡したが家族は見ないから知らない。ねぇ〜見てとお願いしても忙しいから後でと逃げて通知表も学校からの保護者連絡も見ない。親の名前の代筆と印鑑を私がやり提出した。

元警察官☆森雅人マネージャー
2