【避難】ここは安全だと思っていたのに...大切な人を守るために

「ここは浸水したことなかったから大丈夫だと思っていたのに、まさか浸水するなんて...」

最近の雨事情

・2018年8月の台風21号(関西国際空港連絡橋断裂)
・2019年10月の台風19号(千曲川の決壊, 交通網の麻痺)
・先日の記録的豪雨(球磨川の決壊)

ここ数年の間で水災害の規模が拡大傾向にあります。
いままで大丈夫だったからこれからも大丈夫という考えが通用しなくなってきています。

もっとみる
スキありがとうございます!Twitterまで感想頂けたら嬉しいです!
3

合理的に考えれば幽霊は・・・

幽霊は手がひやりと冷たい・・・だって血が流れていないんだから全員冷え性のはず。手の温かい幽霊なんて聞いたことがない。

筋肉ムキムキの幽霊はいない。たいてい青白くてひょろひょろの痩せた幽霊ばかり・・・だってご飯食べてないんだからそりゃあガリガリに痩せるしかないよねぇ。

幽霊は風の強い日は出ない・・・だって体が軽いので、風が吹けばひょーんと飛ばされてしまうのだ。だから夜の墓場を探険したければ台風の

もっとみる
むふふふ、嬉しいです(^^♪
3

2020.7.6デブ日記9

体重64.20 体脂肪23.3

今日はデブ日記最高記録更新です😓いややはり気を抜くとすぐ太ってしまう。雨続きで縄跳びが出来ないからかとか思いつつ自分の意思の弱さを感じます。周りが食べ物を持ってるとつ一緒に食べてしまう事があり、気をつけていこうと思います。

雨が続くので畑の画像は特に変化ないので、アップ出来てません。また晴れた日に写真とります。

早く梅雨開けないかなー

ありがとうございます!
4

逃げる:2.そもそも「避難」とは?

トップの絵はACイラストより。

こんばんは、あじさいです。子供のころは足が遅く、よく鬼ごっこの鬼から避難に失敗していました。

昨日の熊本の豪雨では車が水で流されてひっくり返るぐらいだったみたいです(朝日新聞デジタルの記事より)

昨日より「逃げる」をテーマにお伝えしています。今日は「避難」とは何かについてお伝えします。

避難とは

広辞苑によると避難とは以下の定義です。

災難を避けること。

もっとみる
ありがとうございます!
3

104.怪獣のような自然の脅威

自然の力は凄まじい。台風や地震や大雨みたいな天災は今人間がどう頑張ったって抑え込めるものではない。
 私が大きな災害を体の奥まで感じたことは一度もない。だから、どんな災害に対しても画面の向こうで起こっていることを受け入れるしかなかったし、その前例を踏まえながらいざという時のための準備をするしかできることがない。

もっとみる
観ていただき大変光栄です!
3

ラジオを見直そう①(受信機編)

2018/9/6に発生した北海道胆振東部地震では、発電所停止による大規模停電により、地震直後からの被害状況がテレビから入手できない状態が暫く続きました。
よって、スマホのワンセグTVやradiko、文字ニュースやSNSが身近な手段でしたが、予想以上に長引いた停電に、電池残量や電波不通への問題もありました。
しかしながら、そのような状況下で支えになったのが、乾電池で長時間動く「ラジオ」です。現在はリ

もっとみる

【直前に焦らないために】シーズン前に済ませておきたい台風対策

夏到来間近。台風対策はお済でしょうか?
直前になってブルーシートや水や乾電池を求めてさまよわないように、今のうちに準備を済ませたいですね。

近年の異常気象の影響なのか、日本列島各地で自然災害が目立つようになりました。19年度は台風が関東圏を直撃し、災害グッズが一時的に品薄になりました。

今年こそは早めに準備したい。そう思い、チェックリストを作ってみました。

一人暮らしのサラリーマンが、シーズ

もっとみる
わーい、うれしいです❣️
4

諦めたところから、始まる。

心の奥底で
「なんで私だけ?」「なんで私に?」が
こだまする時間は辛すぎる。

なぜならそこに
納得できる答えは降ってこないから。

起こったことは起こった。

自分の人生に起こった
〈意味〉はあるかもしれないけど、

そこに誰かの、何かの、
〈意志〉や〈意図〉があると信じなくても
いいとかもしれない。

誰も、何も、〈悪く〉はないから。

1)始めることを前提とした、諦め。

台風には意志も、意

もっとみる
スキ♡ありがとうございます!
5

恐怖!! 風の脅威

昨夜から強い風が吹いていて、
ずっとビュ〜ビュ〜音が鳴っています。

【以前の様子】
うちの斜め向かいには病院があって、大きな大きな
木がありました。当時も風の強い日はあったはずだ
けれど、それほど気になってはいなかったように
思います。
     
ある時、病院が少し離れたところに移転し、
しばらくの間、そこは駐車場になっていたけれど、
大きな木はそのまま残してありました。地域の
みんなの思い出

もっとみる