レジ袋の代償

今日は仕事が落ち着いている。
久しぶりに定時に帰れそうだ。

妻に早く帰れることを電話すると

「今日は夕飯作る時間がないから、食べたい惣菜買ってきて」

と買い出しを頼まれた

食べたい惣菜...

たくさんある!

久しぶりに早く帰れた記念だ。
自分へのご褒美に、ちょっと高めの美味しい惣菜を買おう。
帰りにデパ地下に寄ることにした。

 * * *

〈1店目 ローストチキン専門店〉

デパ地

もっとみる
ありがとうございます。
41

54.「正義」ってなんだろう

正義のヒーローとかヒロインが登場するアニメは子どもの頃からよくやっていた。正義って言葉を何気なく聞いてきたけれど、今になって一体なんなんだろうと思う。

もっとみる
読んでいただきありがとうございます!
4

人間の本質11

我々実社会では、容易にこれは嘘だな、と見抜ける様な事実がある。

税関局員が本人承認を取らずにスーツケースの一部を破損し、覚醒剤を発見した。当然警察へ、裁判へと突き進んだが、この職員の未承認強制破損での物品押収は、法的に許されない行動で証拠になるべく覚醒剤は証拠として却下され、証拠品なしで、被疑者は無罪となる。

贈賄の払い手が「支払った」と述べる。受け取る側が「もらってない、証拠はあるのか?」と

もっとみる

つれづれ日記 08  忘れ得ぬ、ふたつの仕事

昨夜、昔つくったテレビ番組の作品リストを久しぶりに見て、特に懐かしい二本の仕事を思い出した。
'91年につくった木曜ゴールデンドラマ『逆転無罪』(読売新聞大阪社会部著『逆転無罪』講談社刊)と、'95年フジテレビのドキュメンタリー『完全無罪 冤罪はなぜ起きたのか?』(小林道雄著『夢遊裁判 なぜ自白したのか』講談社刊)である。

どちらも書店で偶然見つけた本を読んで、作品化を思い立ったものだ。
当時は

もっとみる
❤️をいただきありがとうございます!ぜひ周囲の方にもご紹介ください。
7

もうやめませんか?炎上案件

泣き寝入りもよくないとは思うんだけど、他者や第三者が判定下しにくいものや事実確認取れないものに対して感情面のみを切り取りして拡散してコメントで擁護したり攻撃するのって如何なものか?と日本人の集団正義ヒステリックに嫌気が差してるので、一石投じさせて頂きます。

捜索願い

こんなツイートがあがる。子供が行方不明です!助けてください!情報を求めます!拡散してください!顔写真と当時の服装の特徴などが細部

もっとみる
恐悦至極!
15

職業と貴賤

尊敬する作家の先生の言葉で好きな言葉があります。

「職業に貴賤はない、でも働き方には貴賤がある」

僕はこの言葉を聞くまで、苦手になっていた職業の方がいました。

警察です。

今も得意かと言われれば胸を張って
「ハイ!!得意ですっ!」
と言える訳ではないですが、この言葉を聞いてから、職務を全うしていることに対して尊敬できるようになりました。

そもそも警察を苦手になったのは、9年前のある出来事

もっとみる
完全燃焼!
27

「#Black Lives Matter」についての私の考え

コロナ禍で何が起こっているか私は全然知らなくて。それは今に始まったことではないと知って。他人かもしれないけれど見て見ぬふりはしたくなくて。

急に飛び込んできたBLT関連のツイート。海外でこんなことが起こっている、最初はその程度の認識だった。だけど私と同年代の、もしくは私よりも若い人たちが戦っている姿を見て、私の中で他人事ではなくなった気がした。

差別や格差は私たちが住む日本にも確かにあって、な

もっとみる
ありがとうございます♡
2

NETFLIX『MAKING A MURDERER』~法がもつ力の怖さと大切さ~

NETFLIXの『MAKING A MURDERER』(以下『MaM』)は、スティーヴン・エイブリーという男性とその家族が巻き込まれる事件のドキュメンタリーである。スティーヴン・エイブリーは強姦罪で有罪判決を受け服役していたが、新証拠により冤罪が証明され18年後に釈放される。ところがすぐに別な強姦殺人事件で起訴されてしまう。果たして彼は本当に罪を犯したのか。そこを追求し、事件にまつわる人々を十年以

もっとみる
ありがとうございます❤褒められて伸びるタイプなので嬉しいです😉
4

林眞須美死刑囚 「夫や知人にヒ素や睡眠薬を飲ませ、保険金詐欺を繰り返していた」いう疑惑の真相

和歌山カレー事件の犯人とされている林眞須美さんについては、1998年の事件発生当初、夫の健治さんや、知人の泉克典さん、土井武弘さん、吉田博之さんらにヒ素や睡眠薬を飲ませ、保険金詐欺を繰り返していたという疑惑が大々的に報道されていました。当時、世間の多くの人はあれにより、カレー事件の犯人も林眞須美さんだと思うようになりました。 
 その疑惑の真相をコンパクトにまとめ、週刊金曜日で発表したことがあるの

もっとみる
ありがとうございます。気が向いたら、また遊びに来てください。
6