誰かに"期待"するのをやめること

長野県下伊那郡阿智村の満天の星空は、日本一綺麗だと言われている。私も見に行ったことがあるか、結構前の話だ。変な話だが明日死ぬと言われたら間違いなく最後に見たい景色はあの星空だろう。そんなことを考えながらさっきまで畳の上に寝転がって、死ぬ前日に何がしたいか、何が食べたいかをずっと考えていた。

🔁

"期待"をそもそもしなければ裏切られることはない、そんなことは分かりきっている。だがそれでも私は他

もっとみる
スキお返しします♪
62

気持ち悪いと言われた。
確かに私は気持ち悪いだろう。
でもやっぱり、傷つくし落ち込む。
こんなにも傷つくのなら、私は人に気持ち悪いとは言わないようにしよう。
このことは肝に銘じたい。

わぁ〜✨ありがとう!
3

あなたは他人から傷つけられることは一切ない。もし傷ついたと感じるのであればそれはあなた自信が傷つくという選択をしただけである。

♡Thank you♡わたしもスキです

娘『パパは10番目に好きだから』
私『じゃあ10番まで教えて』

いち、弟
に、まま
さん、お姉ちゃん
よん、いとこのお姉ちゃん
ご、いとこの妹ちゃん
ろく、ままのお兄ちゃん
なな、ねこちゃん
はち、せんせい
きゅう、誰もいない
じゅう、ぱぱ

なんでやねん!せめてきゅうだろ!

大吉です☆
22

本音を言っても嫌われることなんてないのだから。あとは勇気を持とう。

私は、はっきり意見を言うことを避ける傾向があります。

傷つきたくないし、争い事をしたくないし、
それならそんな人とは付き合わずに、共感能力の高い人たちと付き合いたいと思ってしまうからです。

でもそれって、すごく惜しいことをしているのかもしれない。

小学生のとき、仲が良かった3人で集まって、
お互いの『いいところ』と『直してほしいところ』を話し合ったことを、ふと思い出しました。

小学生1年生

もっとみる
読んでくださって、ありがとうございます(*^◯^*)
1

相手の何気ない言葉に傷つくことがある

「死にたい」「消えたい」と思う時ってね

「命を粗末にするな」とか

「生きたくても生きられない人がいるんだよ」とか

お説教されたいわけじゃない。

「僕も死にたいから同じだね」とか

「私も昔死にたかったけど、乗り越えられたからあなたも大丈夫だよ」なんて

励まされたいわけでもないの。

「辛さ」は、他人と比較できるものじゃない。

比較するものでもない。

ただほんの少し

「辛かったね」

もっとみる
嬉しいです(∗•ω•∗)
33

どうせ傷つくなら、広い世界で生きたい。

私は傷つきやすい人間で、傷つくことのない世界で生きたいと思うことがある。

理解してもらえないと傷つくし、
自分の無力さを知ると傷つくし、
大抵は思い通りになんてならないから傷ついてばっかり。

自分を認めてくれる人だけと関わって、
自分の得意なことだけをして、
思うように物事が進んでくれる世界で生きれたらって思う。

でも、結局はそんな世界なんてどこにもないんだよな。

一人でいたって傷つくとき

もっとみる
読んでくださって、ありがとうございます(*^◯^*)
3

わざわざ探していませんか?

知らなければ無駄に傷つくことも無駄に怒ることもなかったかもしれない。

だけど時々傷つくことをわざわざ探して見つけている人がいる。

イライラすることをわざわざ探して見つけて、イライラを重ねて怒りのミルフィーユを時々作っている人がいる。

もしかすると他人に対して過干渉なのかもしれない。
嫌いなら嫌いで無関心でいいんじゃないかなぁと思ったりします。
嫌いだって言ってる人のことをめちゃくちゃ詳しい人

もっとみる
あなたの丁度良いところを見つけてみてくださいね✨
1

しっかり傷つきなさい

ショッキングなことってあるよね。
傷つくことや不条理に思えること、落ち込むことや不安なこと。

母は思うのよ。
それは、あなたにとって大切なものをあなたが一生懸命大切にした証だと。

真剣に向き合わなければ、そんな感情は生まれない。

頑張ろうと思うから不安にもなるし、やり遂げたいと思っているからショックや落ち込むことがある。平気なフリをする必要はない。若いあなたたちはどんどんショックを受け、どん

もっとみる

助ける/助けられる 傷つく/傷つける

〇助けを呼ぶ体力・気力

精神的に参っている人に、

つらくなったら助けを呼べばいい

と言う人たちは声を上げたら助けが来る前提で話をしている。
それは前提として成り立つのだろうか。

「つらいと思うのは甘えだ」

「大変なのはあなただけじゃないから我慢しろ」

勇気を出して呼んだ助けが、伸ばした手が振り払われてしまったら。

相談する相手が人間である以上、相手にもスケジュールや体調、諸々の理由が

もっとみる