伊藤詩織

伊藤詩織さん事件、冤罪被害者としての思い

伊藤詩織さん事件をみていると自分の関わった事件を思い出します。

私も冤罪被害者です。そして犯罪被害者でもあります。

このnoteで少しずつ私の経験を発信をしていこうと思います。

私は会社を経営しています。訴えた相手は会社のバイトの女の子です。

その子とは仕事の後に、二人で毎晩のように深夜遅くまで飲み明かしていました。

罪状は強制わいせつ。相手の体を服の上から触ったという容疑です。

実際

もっとみる

「伊藤詩織=精神疾患」説について

これまでの私の文章を読んだ人の多くは疑問に思っていることでしょう。「オマエは、詩織さんが嘘をついていると言う。が、後になって絶対にバレるような嘘をまともな理性のある人がつくものか」と。

この点は私も悩みました。
私は詩織さんが巨大な嘘を捏造したことを確信しています。が、それでも内心、「人間は本当に、こんな明らかな作り話を、堂々と世間に開陳できるものだろうか?」と迷いました。

腐敗マスコミが必死

もっとみる
パチ!パチ!パチ!パチ!パチ!(拍手の音)
10

伊藤詩織事件の闇

- タクシードライバー証言(本物)との比較-

前回は週刊新潮が初報で伝えたドライバーの証言のインチキをご紹介した。それでは本物の証言と読み比べてみようではないか。以下は検察審査会宛に提出されたタクシードライバーの証言(本物)である。

(転載はじめ)→
1 (経歴を省略)

2 今から2年前ほど前(原文ママ)の金曜日の夜の午後11時過ぎに、恵比寿駅付近から、シェラトン都ホテル東京まで男女を乗せた

もっとみる

伊藤詩織さん問題、「逮捕執行を取り消したのは異常」って本当?

いまだに「中村刑事部長(当時)が逮捕執行を取り消したのは異常」という声があるので端的に疑問に答えます(この記事は警視庁元刑事との話を元にまとめました)。

疑問:逮捕状が出たのに逮捕執行を取り消したのは異常では?

答え:逮捕は取り消されていません。

取り消したのなら逮捕状は返却されます。 しかし、BlackBoxによると逮捕状を保持したまま捜査を継続しています。 単に逮捕の執行判断の前に補充捜

もっとみる

伊藤詩織事件の闇

-週刊新潮は初報からインチキだった-

周知のとおりこの事件は週刊新潮の報道からはじまった。BlackBox(以下BBとする)にもあるとおり、ジャーナリストの清水潔氏が新潮社に繋いだものだ。騒動は新潮の2017.5/10(5月18日号)の記事を皮切りに、5/29司法記者クラブ会見、10/20のBB上梓、10/24のFCCJ会見・・・と続いてゆく。刑事事件としては終了していた、ありがちな密室の性被害

もっとみる

山口敬之氏が新潮社を訴えた!

事件番号

令和2年(ワ)11184 

第25民事部

第一回口頭弁論

8月14日 610号法廷 午前10時開廷予定

「伊藤詩織事件の6つの誤解」で書き忘れたこと

前に『伊藤詩織事件の6つの誤解』という文章を書きましたが、一つ重要なことを書き落としていました。

     *     *     *

山口さんは詩織さんを介抱するためにホテルに連れ帰った

「Black Box」P79 詩織さんと捜査員A氏がホテルの防犯カメラの映像を調べる。
『確認した映像には、タクシーから降りる山口氏の姿が映っていた。しばらくそこに立っていた山口氏は、やがて上半身を後部座

もっとみる
お目が高い!
9

『なぜ?当事者が否定している、コンドームの件がカルテに記載されているのか?』この部分について、再度検証

この件については、権藤しま様の分析が的確なので、是非ご参照下さい。https://note.com/gond523/n/n4c8b6b90ad78
詩織勝訴は東京地裁の汚い詐術〜3つのポイント〜
紅而様の分析も的確です。
https://note.com/774weco/n/na5dbb6f40e65

ここは、一番重要な部分なので、執拗なくらいにブログで検証していきたいとおもいます。私も最初気

もっとみる

よしりん裁判傍聴記②原告から別訴で出された医師の意見書が提出される予定。別訴の控訴答弁書がやり取りできるかが審理されました。

2020年7月31日、午後一時半から東京地裁606号法廷にて、山口敬之氏が伊藤詩織さんの事件をめぐり、雑誌に掲載された漫画で名誉を傷つけられたとして、漫画を掲載した小学館と漫画家の小林よしのり氏を相手取り、謝罪広告等を請求している民事裁判を傍聴してきました。(掲載漫画リンク)

【管理人からのお詫び】

まず、お詫びしなくてはならないのは、ツイッターのライブ告知が大変紛らわしく、数人の方から疑問が

もっとみる