ころころえぜる日記

駒込えぜる診療所院長のゆるりな日記です。2021年8月までのブログはこちら。 http://blog.livedoor.jp/korokoro_ezer/ instagram: https://www.instagram.com/komagome.ezer/

ころころえぜる日記

駒込えぜる診療所院長のゆるりな日記です。2021年8月までのブログはこちら。 http://blog.livedoor.jp/korokoro_ezer/ instagram: https://www.instagram.com/komagome.ezer/

    最近の記事

    固定された記事

    遠心性と気晴らし、求心性と調和について

    ども。 毎度、院長です。 前回、拙者の活動が実に遠心的であり、バタバタ何かと忙しく集中してはいるものの、自分に留まるということができないでいるというあたりについて、ずっと気になっているところをぼちぼち書いたのでした。 パスカルによるパンセの「気晴らし」の指摘を今回改めて振り返り、拙者は気晴らしばかりしてきた人生であったな、と思うのです。(今この記事を作っている場所にパンセがないため、以下はネット上からの引用となります) 拙者は、あれこれの気晴らしに対して本気になっていたとい

    スキ
    37
      • 湿気を生きる

        ども。 毎度院長です。 今年は梅雨明けが早く、6月中から真夏のような天気でしたが、ちょいとクールダウンする時期もありほっとしておりました。 で、ようやく暦的には真夏本番の時期に入り、それに伴い例年通りの暑さの中で、拙者はクーラーなどを入れずに、汗をダラダラかきつつ読書したり、こうやってブログを更新したりするのが、毎年恒例の休日の過ごし方なのでした。 「今日も沢山くっせー汗かいた!」とかの充実感がたまらない。(?) クーラーを入れると湿気が少なくなるのがなんとなく嫌なんす。サラ

        スキ
        7
        • 雨降らし男・因果律からの解放

          ども。 毎度、院長です。 とんだご無沙汰でしたが、その間、ブログ発信についてあれこれと考えておりました。 あれこれと日々のぶつくさを気の向くままに発信していたのですが、こういう遠心的な動きはちょっと一休みした方がいいのではないか、というところについてです。 遠心的、というのは拙者自身の人生そのもののことです。 外へ外へと意識が向かい、内的に掘り下げられないという問題です。 その都度あれこれと気づいたりしたことをその場で発信して、次々と外側の反応に終始する、そんな生き方はそろそ

          スキ
          29
          • 隙間の時間にて。

            ども。 毎度、院長です。 昨日に続いて本日もブログ更新というのは、特にやることがないからでして。 やることがないというより、やる気になれないということが山積みになっているせいであります。 本日朝から自宅の固定電話がなぜか繋がらなくなっていて、各方面に問い合わせ中でお答え待ちというところで宙ぶらりんだったり、インスタグラムの更新をしようと思ったら、アップしようとする画像がパソコンの中で見つからなくなっていて、もしかしたらなんらかのはずみで消去していたのか、いやそうじゃないだろう

            スキ
            20
            • 生来の堕落について。

              ども。 毎度、院長です。 ご無沙汰しておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 拙者はこの時期、数年前にもやらかしてしまったのですが、とんでもない咳喘息に見舞われておりました。 だいぶ楽になってきておるところで、ようやくブログ更新となり。 確か4年前の今頃にも同様の状態になり、すごい咳き込みに肋骨にヒビが入るだか折れるだかしていたんじゃね?的な痛みが続いておったことがあります。 今回は用心して咳き込んでおりますので、今のところそこまでの痛みはないのですが、仕事上困るんす。

              スキ
              8
              • もうすぐクリスマスですが。

                ども。 毎度、院長です。 年末で、というか年中何かと拙者はジタバタしておるのですが、相棒のえぜる亀は冬眠を決め込んだようで、12月に入って寒くなってからはうんともすんとも動かなくなり。 年中ジタバタしておるというのは、拙者の衝動性ゆえであります。 ある程度、やることの優先順位は意識しているつもりなのですが、どうしても好きなことからやりたくなったり、面倒なことを先送りしたり、面倒なことが目の前にあると、それに手をつけるのにものすごく時間がかかり、その間にしなくても良いことをし出

                スキ
                8
                • 読書感想文など。

                  ども。 毎度、院長です。 拙者はいつも通り、特になんということもない日常生活を粛々と送っておる次第ですが、皆様におきましてはいかがお過ごしでしょうか。 ところで、この時期になると、人によってはすでに来年の手帳を購入していたり、もしくはこれから探していたりするのではないかと思います。 拙者は携帯電話すら携帯しそびれたり、携帯すること自体を面倒に感じるたちでして、手帳などはまず自分で購入することはありませんです。 「予定は頭で覚えられる範囲に留めておくのが無難」というのが昔からの

                  スキ
                  12
                  • なんということもない雑談の巻。

                    ども。 毎度、院長です。 季節があっという間に変わっておりますが、皆様はお変わりありませんでしょうか。 ご無沙汰しておりますが、拙者、あれこれやっておりました。 原稿関係が2つ、締め切りを前にしてアセアセしており。 何を書いてもいいような自由度の高い原稿の方は、楽しすぎてそちらばかり書き進めては修正し、を繰り返しており、もう一方のあれこれ制限がかかる原稿の方はなかなか手が付けられず。 そんなところから進捗具合にとんでもない落差ができており。 あれやこれや時間を工面する中で、な

                    スキ
                    9
                    • 見えてしまったことへの対応をめぐる考察と提言。

                      ども。 毎度、院長です。 拙者の生活は概ね、毎日が基本的に同じパターンで繰り返されているのですが、その合間にひょんなことが起こる、というか、目にするというか。 先日、いつもと同じ時間に部屋を出て、いつもと同じ電車に乗って診療所に出勤しようと、いつも歩く通勤路をてくてく歩いておりました。 夏も終わりかけっつう時期でしたが、アブラゼミらが「ジー。ジッジッ・・ジジジジジジジジ・・ジッジッジジー」とかの大音量で、セッセセッセと朝の早い時間帯から鳴いており。 あのジッジッジ・・・という

                      スキ
                      11
                      • カルト救出体験談をまとめるにあたって。

                        ども。 毎度、院長です。 前回は業務連絡を先にしようとしたら、本文に行き着くまでに結構な文字数になってしまったので、一旦業務連絡だけで閉じることとしました。 本文をここで、と思っているのですが、何が本文なのかわからないというか、どうにもうまく頭の中でまとまらない状況です。 多分、表向きはいくつかの項目に別れているんだけど、でも根っこは一つの興味関心のような気もするのです。 結論に手が届かないというか、そういう模索中の文章ですが、今の時の空気感をそのまま一旦は書き出しておこうと

                        スキ
                        10
                        • 業務連絡の巻。

                          ども。 毎度、院長です。 一気に秋らしい空気に入れ替わってきている今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 診療所におきましては、日中の温度が35度近くになっていた残暑厳しい8月の終わりに、待合室のエアコンが壊れてしまいました。 同業者の方からちょうど数日前に、「うちのクリニックのエアコンが真夏の真っ盛りの時期に壊れましてね。ったく、空気読めないエアコンには参ってしまいましたよ」などとのぼやきをお聞きしていたばかりでありましたが、なんと。 「当診療所エアコン、お前も

                          スキ
                          12
                          • ブログ移転の巻。

                            ども。 毎度、院長です。 2008年2月1日に駒込えぜる診療所を旧住所(東京都北区中里2−6−14)に開設して以来、2014年5月に現診療所(東京都北区中里1−10−6)に移転して以降もずっと、ブログに関してはライブドアを利用してきておりました。 当時、突貫工事的な開業で、開業に関わる種々の準備に手が回らず(診察券も開業当日なかったので、電子カルテのディーラーの方が大慌てで注文してくれたり、開業後患者さんが看板作ってくれたり、てんやわんや)、診療所開設時にHPがなかったことも

                            スキ
                            10