それもこれも、わたしが女だったから

それもこれも、わたしが女だったから

性差別・性被害の描写を含みます。 10歳。街角でたむろしている上級生たちの横を通り過ぎるとき、大声で卑猥な言葉を叫ばれた。怯えるわたしを見て彼らは笑った。 14歳。学校からの帰り道。前方から走ってきた知らない男にジャージのズボンを脱がされた。男はそれ以上は何もせずに走り去った。 18歳。古本屋で棚を見ていると、店員から肩を叩かれ「盗撮されていましたよ」と。知らないあいだにスカートの中を撮られていたらしい。レギンスを履いていたのに。わたし以外にもう一人被害者がいて、店の事

スキ
3
伊藤詩織さんの準強姦逮捕状 トレンド入りしてるが・・・虚偽告訴で書類送検されてんだぞ?w
 - 佐渡暇人日記 http://sadohimajinhousou.blog.jp/archives/36004890.html

伊藤詩織さんの準強姦逮捕状 トレンド入りしてるが・・・虚偽告訴で書類送検されてんだぞ?w - 佐渡暇人日記 http://sadohimajinhousou.blog.jp/archives/36004890.html

セクハラから身を守るための「架空元カレ夢小説」はもういらない

セクハラから身を守るための「架空元カレ夢小説」はもういらない

「架空元カレ夢小説」は、その名の通り「架空の元カレ」と「私」の恋愛小説である。 「架空元カレ夢小説」はセクハラだらけの男社会で生きて行くために作った生存戦略だ。 が、一年以上飲み会のない状況が続いて漸く頭が冷えた。 セクハラは「迎合して上手に対応してあげるべきもの」ではなく、「根絶やしに駆逐し、次の世代へ残してはならないもの」だ。 セクハラは狙撃していくストロングスタイルに俺はなる!と決心をしたので、 決意表明として、私が「架空元カレ夢小説」を作った経緯と、それを捨

スキ
10
#Inspiration4 #勉強の可視化 9/16

#Inspiration4 #勉強の可視化 9/16

Hi! everyone. This essay, First half is my daily news, second half is translated English news paper. If you have time before go to bed, please read this essay.
 Daily
Good evening. I interested in Falcon9 rocket lunched from Kennedy Space

スキ
1
胸が小さい事がコンプレックスで高校時代にも友人からその事でいじられてた。10年以上経った今も当時のこと思い出しては怒りで苦しくなる。苦し過ぎるからその子たちに連絡して嫌だったことを伝えたいなって思うんだけど、う〜んでもさすがにやり過ぎかなとも思う😞

胸が小さい事がコンプレックスで高校時代にも友人からその事でいじられてた。10年以上経った今も当時のこと思い出しては怒りで苦しくなる。苦し過ぎるからその子たちに連絡して嫌だったことを伝えたいなって思うんだけど、う〜んでもさすがにやり過ぎかなとも思う😞

The man who stopped a suspect from being arrested in a rape case will be the next head of the Japanese police.

The man who stopped a suspect from being arrested in a rape case will be the next head of the Japanese police.

The linked news item is about personnel changes in the Japanese police. Mr. Itaru Nakamura (In Japanese:中村格), who will be the next head of the Japanese police, is the man who made the questionable decision in the rape investigation that was

東京の大変ブラックなデザイン会社、土の時代編。

東京の大変ブラックなデザイン会社、土の時代編。

私は夜間の服飾専門学校に通っていたんですが、夜間なので、当然昼間は生活費授業料を稼ぐべく働いておりました。色々なアルバイトを経験しましたが、一番長く働いていたのが、アパレル企業のデザイナーアシスタントでした。仕事内容はひたすら、製品図を描く仕事で、絵が得意だった私には非常に合っていたのですが、それ以上にアパレルブランドってこんな感じで運営されているんだ、と大変勉強になりました。 しかし、幸か不幸か、勉強になった以上に、嫌気まで刺してしまって、こんな感じで毎シーズンひたすら市

スキ
2
男らしさは有害と思いつつ惹かれる自分もいる

男らしさは有害と思いつつ惹かれる自分もいる

ジェンダーはグラデーションだから人間を女・男だけの2つに分けるのは雑過ぎる。 けど一方で、ざっくり仕分けられる「傾向」としての女らしさ、男らしさというものも確かに存在する。 テストテロン(男性ホルモン)の強い性欲、競争心、それに伴う加害性に対して、世の中のシステムは寛容過ぎる。 けど、その一方で「強さ・逞しさ・それに守られることの安心感」に、惹かれる自分もいる。これは自分の女性性だと思う。 矛盾してるように見えるけど 加害性に寛容なシステムに憤るのは当然の事だし、声

性暴力(合意なき性交・知人間レイプ)

性暴力(合意なき性交・知人間レイプ)

 本稿では、「ジェンダーと法」というテーマについて取り上げることとする。私が、この問題にとりわけ関心を抱くようにになったきっかけは、「性暴力」や「なぜ、それが無罪なのか!?」という著書の通読により、近年「合意なき性交」や「知人間レイプ」等が深刻な社会問題として顕在化しつつあるということを知り得たからである。以下、詳述する。  主として夫婦や恋人同士等の間で発生するDV(性暴力も含む)という現象に関しては、家庭は私的な領域であるから、法が介入すべきでないという社会的な認識に加え

スキ
5
エア男子にはなりたくない

エア男子にはなりたくない

生まれてからこのかた47年余り、男(の子)として社会を生きてきた。 ものごころついた直後から今に至るまで、いつまで経っても理解できないことがある。それは、 なんで男はあんなに偉そうなのか なんで社会は女を憎むのだろうか この2つだ。2つは互いに結びつき、補完し合う関係にある。表裏一体、2つで1つ。男尊女卑という四字熟語で表されることもある。表現はなんでもいいが、とにかく理解できない。というか、納得できない。 僕は男性という生き物が女性とくらべて特に優れていると思ったこ

スキ
12