男女の別れのルールとは?~SATCからの学び~

数年前に高校のプチ同窓会での出来事。
集まれるメンバーで取り合えず久々に飲もう!となり、お声がかかった。

私のロストバージンは17歳の夏。
出会いは同じ高校の夏休みを利用したオーストラリアへのホームステイ。
同じクラスではあった彼なのに、その時まで全く意識もしていなかったし、
失礼ながら興味も全くなかった。
オーストラリアでの彼は日本にいる時とは別人!もともと、キャンプや
アウトドアが大好きらし

もっとみる
嬉しいです♪ありがとうございます(^^)
1

ビジネスクラス♥️

ひとりで、ニュージーランドに行ったことがあった。

特に、どの国と言うわけではなかったが、

1番、安全な国ということで、
ニュージーランドになった。

1カ月、何のあてもなく、
帰りの飛行機と、1カ月間のホテルだけを予約した。

アメリカにホームステイをしたり、
アメリカに何度も行ったり、
日本で、自分の友人の殆どが外国人で、
英語で会話をしていたりしていたので、

自分が生きていくための、日常

もっとみる
嬉しいです!!ありがとうございます!!💓💓💓💓💓💋
16

リスボンにきて一ヶ月 近況報告をば。

リスボンにきて1ヶ月が経過し、とあるコミュニティに近況報告をしたので、Noteにも記載しまする。

1、あっという間!?ではなく、もう3ヶ月住んでいるような気分(@_@)

普通であれば、「あっという間の1ヶ月」と表現すべきところ、3ヶ月ここにいるような、つまりはこの1ヶ月がとても濃い時間に感じました。

言語、住処、交通手段、食べ物、全部が新しく、

毎日何かしら発見する日々です。

NHKのチ

もっとみる

或る日、イタリアで 4-quatro

料理を生業としている僕、久嶋健嗣は、イタリアの家庭料理に触れてみたくて、2010年にイタリアへ渡り、2ヶ月間、ホームステイ先のマンマに現地の家庭料理を教わりました。これは、当時、現地で書き留めた日記やレシピをそのまま載せた、僕の思い出の記録です。

僕が見たイタリアを、マンマから教わったちいさなレシピとともに、おたのしみください。イラストは、当時、僕が見た風景、光景を思い起こしながら描いています。

もっとみる
おいしいイタリア料理、作ってね!
12

サポート名鑑vol.5 英会話講師Ashley様

Ashley様よりサポート
していただきました!
ありがとうございました!

感謝の気持ちを込めて
Ashley様のご紹介をさせて
いただこうと思います!

英語・英会話レッスン1,000人以上の実績

Ashley様は
英語・英会話講師をされていて
これまでに1,000人以上の人に
レッスンを行った実績をお持ちの人です!

Ashley様の英語の源になったのは
高校1年夏のアメリカホームステイ

もっとみる
スキありがとうございます!
38

B線TNS日記28 アンドリューさんとおじいちゃん

某月某日 TNSにて

アンドリューさんとの思い出はいろいろあるけれど、今でもよく思い出すのが祖父とアンドリューさんとの掛け合いだ。
アンドリューさんがうちに来ることになって、我が家のお風呂場にシャワーを付けた。アンドリューさんは夜にはお風呂に入らず、朝のジョギングを終えて朝ごはんの前にシャワーを浴びていた。これは私たち家族にとって軽いカルチャーショックであった。
でもそれをいちばん感じていたのは

もっとみる
やった〜!
10

理想のライフスタイル体験!タイニーハウスできっかけ作りの自分時間

「これやりたいけど、私には無理だそう」

「本当にやりたいのかわからない」

「こんな生活してみたいなー」

とかとか。何かやりたいことがあっても、挑戦したいことがあっても、頭の中で自分と永遠に対話してもやもや。

そんな時、自分で自分に”きっかけ時間”を作ってみることをおすすめします!

したいを体感することで、もっと違う視点で見ることができるし、少し体験できることで、新たな自分の気持ちに気が付

もっとみる
ありがとうございます♡たくさんの幸せが訪れますように♡
9

思い出話~

안녕하세요 ~🤗

しろちゃんです!!

今日は音楽ビジネスの方たちとインターンに行ってきました!!

初のスーツ姿…違和感しかない😂😂

でも、楽しかったので結果良ければ全てよしですよね🙆‍♀️wwww

今日は韓国に初めて行った時の話を少しだけしようかな~って思います!!

初めて韓国に行ったのは高校3年の卒業前です!!

・初留学
・初ホームステイ
・初海外

をひとりで行ってきまし

もっとみる

留学フェアとオタワと留学自己手配

カナダ大使館主催留学フェアでの収穫

留学の実現へ向けたはじめの一歩は「トビ立て!」にエントリーすることだった。高校の授業の一環で研究していたテーマのフィールドワークのために、トロントでの留学を目指してエントリーシートを作成し応募したが、ロングは20倍以上の倍率だったこともあり、敢え無く敗退。しかし、人間”ダメ”となると余計にそれが価値あるものに思えてくるもので、ご多分に漏れず何とかして成し遂げた

もっとみる
ありがとうございます
2

本物のパリジェンヌになる

いま自分の妄想で

パリジェンヌってこんな感じなんだろうなって

しているけれど

本当のパリ、フランスはどんなのか体感したい!

コロナ収束したら2週間くらいヨーロッパ行って

パリのカフェいろんなとこ行って

家でもできそうなインテリアとか色合いの写真撮って

実現したいなあ。

あと、テラス席座って、いろんなパリジェンヌたちのファッションとか

仕草とか見たいなあ。。

そんでできる限りで真

もっとみる
シェアも大歓迎です★
2