カフェ営業を再開します

6月3日(水)よりカフェ営業を再開することにしました。

5月15日のテイクアウト/古書店営業再開の際にカウンター周りのビニールや消毒液(複数)の設置などある程度の処置は行っていましたが、備えあればなんとやらというわけで、今回カフェ営業を再開するにあたり、換気対策として天井扇を設置し手洗いを自動で水が流れるものに取り替えました。

また、座席の間隔を可能な限り広くとることとしました。ちょっとスカス

もっとみる

夕方の本屋②

犬の散歩コースの途中に、よく立ち寄ってくれていた女性がいた。
 彼女は読書家でよく本を買ってくれていたのだが、ある時「中学生の娘が英会話を習いたいって言ってるんだけど、いい先生いない?」と尋ねられた。店にはよく外国人が出入りしていたので、それを見ていたからだろう。常連の外国人の多くはこっちで英語の先生をしていたので、確かに紹介はできそうだと思った。

 どんな先生?条件は?と聞くと「かわいくてお洒

もっとみる
ありがとうございます☆
2

食べ本ブログ、始まります。

こんばんは、Kojiです。

この度茨城県ひたちなか市にあるライブラリー・カフェ然々さんと提携し、店内に新設する書店「食べれる本屋さん」のプロデュースパートナーを務めさせて頂くことになりました。

私が担わせて頂くのは主にデザイン。ロゴマークを始めとし、様々なデザインを通して書店に楽しさや新しさを与えていきたいと思っています。

また、自分の「書く」を活かしてブログの更新も行なっていきます。書店が

もっとみる
自分を誇ってね。
57

清澄白河カフェのキッチンから見る風景 :  ランチ屋のコンセプトとブランディング

ランチ屋はとにかく目の前のオーダーを捌くことに全精力を傾けます。いかに素早くランチを提供するかにメチャメチャ注力するわけです。ビジネスマンの昼休みを一秒でも無駄にさせないためにみんなで頑張ります。「ジンジャー混んでるけど早いから」と言ってくださる常連さんのお言葉が励みです。

もちろん、不味ければお客様なんて二度ときませんって。そこは暗黙の了解事項よろしく、「美味い物食わせろよ」と。週に4~5回い

もっとみる
ありがとうございます。
13

勝手に始めた・「であいと表現」、試み続ける!わたしたちの日常に、将来に、色彩をみる、きく、ココルーム応援プロジェクト

話を始める前に、これを読まれる方に、もし、今回の新型コロナウイルス流行に伴って、最前線と言われる現場で働かれている方々や様々な困難の中にある方々がおられましたら、想像も及ばず言葉も見つかりませんが、知ることができるならばそのご苦労に気を向け耳を傾けたいと思います。

今回の話に入ります。

このプロジェクトをお伝えするにあたって、個人的な体験とわたくしがココルームという場や場所で見聞きし体験してき

もっとみる
ありがとうございます!応答何なりと。あなたがあなたでいられますように。
8

夕方の本屋

学校帰りや仕事帰りのお客さんにまぎれて、近所の野良猫たちが夕飯を求めてやってくる夕方。それに向かいの保育園児や、犬の散歩途中のお客さんが乱入すると店は犬と猫と子供で、もうひっちゃかめっちゃかになる。

 常連客の女性が不幸な知らせをうけて、店の脇の電柱にうずくまり号泣していたことがあった。それを何人かの保育園児が「お姉さんちゃん大丈夫?」と慰めていたことがあった。園児にも馴染みの女性だったからだ。

もっとみる
ありがとうございます☆
3

ブックカフェについて

ブックカフェについて調べたまとめ (2020年5月17日現在)

ブックカフェの開業までの流れを検索して、下記がヒット。
リンクも多く貼られていて、とても参考になります。

上記リンク先にあった、様々なブックカフェは、3万冊の蔵書がある大規模なものからiPadの電子書籍で提供している小規模なものまで様々なブックカフェが掲載

電子書籍で提供しているお店も掲載されていて、そういったやり方もあるなと勉

もっとみる

昼の本屋③

仕事の休憩タイムに暇つぶしにやってくる人、あるいは食事にやってくる人。本をぺらぺらとめくり、コーヒーで一服して、それぞれまた職場に戻っていく。職場の制服のまま来てくれると、それぞれ趣きがあってよかった。

 夜勤あけの休日によく来てくれていた看護師の女性がいた。彼女が初めて店にやって来たのは、スタッフの親族が倒れて救急車で運ばれた日だった。
 その日ふらっとやって来た彼女は、コーヒーとケーキを注文

もっとみる
ありがとうございます☆
4

5月15日 リーディングスタイルあべのnote店

読書と書店を応援するアプリ『ReadeePlus』
こちらをDLして当店をお気に入りに登録よろしくお願いします。

こんにちは、リーディングスタイルあべのです。
本はその時の気持ちや体の調子によってたくさん読めるときと、あまり読めないときがあります。
たくさん読める期間は、ここぞとばかりに取っておいた分厚い小説だとか、難しいので調べながら読むような体力がいるものを読みます。
反対にあまり読めない期

もっとみる
まいどおおきに!
9

5月14日 リーディングスタイルあべのnote店

読書と書店を応援するアプリ『ReadeePlus』
こちらをDLして当店をお気に入りに登録よろしくお願いします。

こんにちはリーディングスタイルあべのです。みなさん最近手紙書きましたか?私はここ1年ぐらい全然書いてないです。それまではよく文通していました。それもあったこともないうんと年上の方と。その方とは7年前にSNSで知り合いました。文通をする経緯は忘れてしまいましたが、文通をすることが当時の

もっとみる
まいどおおきに!
7