ハイブリッドドラム

アコースティックドラムとエレクトロニックドラムを融合させた「ハイブリッドドラム」が、もはや当たり前になっていますね。

僕も数年前まではライブに電子パッドや打ち込みを組み込んでいましたが、結構面倒だった印象が強いです。
事前準備もそうですが、当日のセッティングが大変で確認することも多く、プレイ自体は面白くても不安の方が大きかったです。

今はRolandの「TM-6 PRO」などがありますから、ハ

もっとみる
ありがとうございます!
2

【2019年10月】レクサス、25年までに全車種で電動車モデル投入 初EVは来年発売

レクサス、25年までに全車種で電動車モデル投入 初EVは来年発売

テスらのような完全なEVでなく、プラグインハイブリッドのようなガソリン併用も含めての全車種投入という事らしい。
ガソリンエンジンのイノベーションを起こせた事で巨大化した国内自動車産業にとってEV化の波は全てを失う可能性のある新事業となる。すでに海外メーカーに遅れをとっている上に国内の需要も頭打ちとなると今のままでは巻き返しは厳しい

もっとみる

ハイブリッド型の次世代乗り物「glafitバイクGFR-01」を提供するglafit株式会社が約2.7億円の資金調達を実施

※この記事はすべて無料で閲覧が可能です。

資金調達情報

調達額:約2.7億円

ラウンド:-

募集方式:第三者割当増資

調達先:ヤマハ発動機株式会社
    東京センチュリー株式会社
    ノーリツプレシジョン株式会社
    紀陽リース・キャピタル株式会社
    さんぎん成長事業応援投資事業有限責任組合
    個人投資家

調達年月:2019年5月

企業情報

企業名:glafi

もっとみる
トップページ「データ提供」より、調達データベースを有料で提供してます〇
2

#78 ハイブリッドカメラマン

「ハイブリッド」ってなんかかっこいいですよね。

元々の意味は…

1.生物学で、異なる種類・品種の動物・植物を人工的にかけ合わせてできた交雑種。「―のバラ」
2.複数の方式を組み合わせた工業製品など。「―車」

とのこと。

異種なものをかけ合せて作るあたりがちょっとSF。でもその語源はラテン語「hybrida ヒュブリダ(豚とイノシシから生まれた子孫)」らしいです。…つまりイノブタ!ハイブリッ

もっとみる
Thank you for your “SUKI”!
5

多重時間論(1)いくつもの時間を同時に生きる(旧暦10月1日)

新暦10月28日 新月 旧暦10月1日

今日は新月です。新月ということは旧暦だと1日ということになります。10月の朔日(ついたち)です。10月といえば神無月という異称を持ちますが、もともと旧暦の10月を指していた言葉ですから、本当は今日から神無月です。

我が家のイチョウも色づいて来まして、銀杏をボコボコ落としています(写真)。

新暦と旧暦

神無月とは出雲大社に全国の神様が集って会議(「神議

もっとみる

東京モーターショー2019プレスレポート - 聞こえてくる自動車産業終焉の足音

どうも、やんじぇです。

前回はフィールドワークにスポットをあてたNoteを書きました。

フィールドワークの勲章|やんじぇ @star_pro28 #note https://note.mu/ysk1984/n/n404d74afc6ec

それでは、東京モーターショー2019プレスレポートいってみましょう。

隔年開催の国際モーターショーは国内、海外の自動車メーカーの新作、構想発表会といえます

もっとみる
毎度おおきに
5

2020型新型ホンダフィットでは、欧州仕様はハイブリッドのみに

新型車は秋ごろに発表されるのか?

次世代型ホンダジャズ(日本名:フィット)が、来年導入されると、噂が聞こえてきました。

新型車には、CR-Vハイブリッドに搭載されている、2モーターシステムである「i-MMD」を進化させたものを搭載するということで、欧州で期待されています。

2019年10月に開催される東京モーターショーにて初公開される予定となっているのです。

そんなホンダジャズ(日本名:フ

もっとみる

メルセデスベンツから新たなる刺客が登場!!

新小型SUVを上海モーターショーで発表!!

メルセデス・ベンツは、上海モーターショーにおいて、新型コンパクトSUVコンセプトである「GLB」を初公開したのです。

この「GLB」は、市販仕様に改良されてうえで、今年後半から量産を始める予定となっています。

勢いの衰えをしらないコンパクトSUV市場において、ボルボXC40や、ランドローバー・ディスカバリー・スポーツまた、、BMW X1や、アウディ

もっとみる

愛車シエンタとの生活~契約・納車編~

シエンタ購入のキーマンとの出会い

以前にシエンタに乗り換えた経緯はお話しましたが、今回は試乗してから見積もり、そして納車までをご紹介したいと思います。

乗り換えようと考えていたシエンタのグレードが、決まっていたのでそのグレードの試乗車を置いてあるお店をトヨタのホームページから探したのです。

都合よく、自宅から車で10分ぐらいにある隣町のNetz Tokushima空港店にあるのがわかり、Ne

もっとみる

愛車のトヨタシエンタとの生活!!

トヨタシエンタとの出会い

トヨタシエンタに出会うまでは、前モデルのスズキソリオバンディットに乗っていました。

このスズキソリオバンディットは、購入当時にマイナーチェンジしたばかりの初期ロット車だったのですが、1年たつか経たないかという時に、ノッキング現象などいろいろトラブルが発生し、何度も修理に出す始末だったのです。

呆れかえっているうちに、初の車検を受け少しは落ち着いたと思っていましたが、

もっとみる