100の質問〜83問目を終えて〜

どうも、マットチャンことマット松永です。

【反応】
今回のインタビューを終えて思ったことは、「キングオブコントしんどかった」ですね。
僕たちにとって初めてのキングオブコント出場だったのですが、このご時世っていうのもあってお客さんも数人でウケているとかも分からずに、こちらからしたら審査員の所だけスポットライトが当たっていてめちゃくちゃしんどい時間でした。斬新な拷問をさせられている感覚で何かが目覚め

もっとみる

何かしら不安を抱いているかもしれない。それは将来や人間関係だったりする。だが感情には常に二面性がある。不安のおかげで情報収集に勤めようという気分になり、結果的に合理的な判断ができる。それ以外にも集中力や分析力が高まり、本番にも強くなれる。それは不安という感情があるおかげなのだ。

「スキ」を押してもらえて嬉しいです!
3

精神疾患の苦しさ

前髪を伸ばそうか悩んでいた。
気がつけば目が隠れるくらいまで伸びていた。
私は、何かを切るように、何かを捨てるように
目が見える位切った。
ついでに、軽い姫カットを整えた。

┉┉┉┉┉

どこに行っても必ず数年言われ続けた
『鬱状態』という言葉。
それが、『鬱病』となりました。

抗うつ薬は少し合っていると思います。
抗不安薬はデパスよりも良いです。

アトモキセチン(ストラテラ)が、
2錠に

もっとみる

100の質問〜82問目を終えて〜

どうも、マットチャンことマット松永です。

【深さ】
今回のインタビューを終えて思ったことは、「深く知る事って楽しい」ですね。
元々は大学なんて行く気はなくて、説得されて渋々行く形でしたが、実際行ってみると講義では深い事を学ぶ授業もあるのでそれに関してはとても楽しかったです。それは使う機会がなくても普段使わない無駄な知識だったとしても"へぇー"となるのがたまらないですね。大学は2年で中退してしまい

もっとみる

前触れ

悪いことが続くと、いいことの前触れと思うようにしている。けど…さすがに悪いことが続き過ぎて、耐えられそうにない。気持ちが落ちる。

いいことあるんだけど、それを打ち消すぐらい悪いことが続く。きっと悪いことの前にいいことあったんだろうけど、覚えてない。

私は平穏を望んでいる。平穏からのいいこと悪いことの変動はわかるけど、悪い事の中での変動は結局悪いことだから。

これいつになったら落ち着くのかな。

もっとみる
良いことがありますように★

100の質問〜81問目を終えて〜

どうも、マットチャンことマット松永です。

【憶測】
今回のインタビューを終えて思ったことは、「夢を見つけても叶うわけではない」ですね。
高校生の大半は夢を持ってる人は少なく、大学で見つけるという人は少なくないはずです。そんな中でも夢を見つけている人はいますが、それは夢が叶った時であって夢が叶わなかったらそれは夢でもなんでもなくなってしまって終わりです。要は、就職と夢を追っかけるは全くの別物であっ

もっとみる

悩み。

彼氏と別れて約1年経ちました。

28歳にして本気の”失恋”をしてから1年経ちました。

まあ、その彼とはキッパリスッパリ終わっているので、1年経っていようがなんて事はないのですが(笑)

その彼についてはまた書きたいなぁと思っています。

題名の”悩み”というのは、今の私の状況なんですが・・・。

私は今ずっと移住したかった福岡への転職をするために頑張っています。彼氏がいないので、ちょうど今身動

もっとみる

苦しかったり悲しかったりとネガティブな感情は誰にでもある。そんな時はそういう感情を自分から切り離して自分以外の誰かを想像してみよう。つまり他人視点でその感情を見るのだ。そうすると気持ちが冷静になり客観的にその感情が理解でき悩んでいることを解決できたり大したことがないように感じる。

「スキ」を押してもらえて嬉しいです!
1

困っている時ほど成長のチャンスはない。人間は困らなければ自分から物事を変えようとはしない。だからそういう人はいつになっても成長しない。逆に困難を経験する人ほど成長していく。なぜなら困難に対処するために色々考えたり少しずつ自分を変えていくからだ。逆境は成長のチャンスだと捉えよう。

「スキ」を押してもらえて嬉しいです!
1

100の質問〜80問目を終えて〜

どうも、マットチャンことマット松永です。

【重要な3年間】
今回のインタビューを終えて思ったことは、「高校時代って8.9年前なんだ」ですね。高校時代は最近の記憶ですし、ついこの間の時の様ですが、年数で言えば入学が約9年前になるんですね。恐らくこの頃から、徐々に暗闇から抜け出す時代ですね。そこで新たな夢を見つけて今に至るわけですが、僕にとっては高校時代はとても重要な3年間になるわけです。

【"私

もっとみる