トーベヤンソン

メッセージ トーベ・ヤンソン自選短篇集【黒と白】を読んで。

 本作は今年の始め、某社の文学新人賞へ応募した作品のモチーフと共鳴している点があり、相通ずる気質と経過をまた別の視点から表現されるその全体に勝手な親近感を抱きました。  しかしその同調する見かけよりも、もっと僕の関心を惹きつけたものは、男女というものの表現でした。それも、それ自体…

メッセージ トーベ・ヤンソン自選短篇集【猿】を読んで。

 この物語について、これはこういうことなのだろうと言葉にすることに躊躇を覚えます。僕は物語のすべてに意図や意味を見出そうとすることについて、あまり歓迎的ではありません。生きた世界について口にした途端、僕の拙い言葉による狭く限定的な意味に落ちてしまう気がするからです。本当はもっと物…

メッセージ トーベ・ヤンソン自選短篇集【ローベット】を読んで。

 『普通』じゃないことをするローベット。手紙には、最低限、失礼とならないように言葉を添えたようだが、自己弁護的にも響いている。自分の物語の中に生きるローベット。しかしその気持は分からなくもないのである。本人は自らのうちにある線路に沿って、環境を整えたといったところなのだろう。ここ…

Design&Art|フィンランドのアートと人を巡る旅 〈ディドリクセン美術館を訪…

アアルト大学院でアート教育やアート思考を学ぶまりこさんが、フィンランドのおすすめスポットやイベント、現地に暮らす人々の声をレポートする連載がスタート。今回は、ヘルシンキ郊外の知る人ぞ知る、隠れ家的な美術館を訪問。館長インタビューを交えてお届けします。 ディドリクセン美術館に初めて…

6月3日はムーミンの日🎉 ムー6、ミン3 でありますが、原作者 トーベ、ヤンソンの誕生日が8月9日でもありますから 従って、ムーミンの誕生日も8月9日になります😁 ムーミン一家自体、懐かしいですよね☀️ カバの妖精なんですよね✨ ジャムおじさんも人間型妖精ですから😉

鏡の中のふたり

Moi!フィンランド好きが日曜朝8時から今週のフィン活について報告しあう30分 初回の配信から2ヶ月が経ちました。30分と短い時間ではありますが、振り返ってみるとなかなかバラエティの富んだ内容になっていると思います。都合のつくときにふらりと参加していただけるとうれしいです。 どんなことを…

手軽に自然を感じた話

GW中に友達とドライブしたのよ。 埼玉県民としてはすごく手軽に山と自然を感じることができる公園に行ってた。 決して広い公園ではないんだけれども、山の自然を手軽に感じることができてよかった。 埼玉県南部から高速道路を使ったら2時間ほどで着くのでそこまで遠くなく、友達と道中話しながらドラ…

本当は怖いムーミン谷

ムーミンの世界は核戦争後でムーミンたちは突然変異のミュータントです そんな都市伝説があるそうです、まあウソでしょうけど 完全にウソかというとそうとも言い切れないんですよ 原作者トーベヤンソンは戦争を経験していて、当然戦争反対派でした それで災害をテーマにしてそこから逃げるムーミン…

方向音痴じゃなく方向アート!?

そか、 コンパスはいらないんだ。 GPSからも重力からも 自由になろう。 今ここから、 ハーモニカだけ持って 自然な感覚研ぎ澄まし、 旅に出よう。 方向音痴でなくて、 縦横無尽なアドベンチャー。 よく眠って、 元気を無くさないこと。 「スナフキンのことば」 #トーベヤンソ

メッセージ トーベ・ヤンソン自選短篇集【サミュエルとの対話】を読んで。

 サミュエルとわたしがレストランで話をしています。といっても、ほとんどサミュエルが一方的に語っているといった感じで。この作品には、『男性』というものが色濃く表されていると、読み終えて思いました。男性の持つ、あまり好ましいとは言えない特徴と、そこに関わる女性の控えめな気持ち。瞑想と…