みつながかずみ|writer

3社でコピーライターとして実績を積み、フリーランスに。趣味は一人散歩、お風呂で読書。本(物語のある)で読んだ街・国を旅するのがフィールド。季刊誌にエッセイ!昨秋から山村教室在籍。日記はこちら→https://blog.goo.ne.jp/anderu_moon8813
固定された記事

プロフィールのはじめに、のようなもの

はじめまして。お元気ですか。 1.記事を書いてからはや半年です 「Note」。そこでは小さな随筆を書き溜めていこうと思いながらも、なかなか更新ができていませんでした。…

18. 秋の宵、お風呂で本を読みませう

今年になってから、朝型へ切り替えようと試みている。朝散歩、朝ヨガ、朝瞑想。と、朝の楽しみがいろいろできたのはよかったが、深夜の読書時間が減ったのは、よろしくない…

+1

17. いつの時代にも瑞々しい切り口を見つけたい。創作現場の舞台裏から①

※ たまには人の役にたつものを書いてみようか、と思いました。ごめんなさい。人への指南はあまり得意ではありません あの時代のコピーライター わたしがコピーライター…

+1

16.ワクチン狂想曲

時々。ある日の一日を閉じ込めておきたいと思うことがあります。その時間、思い、妄想はその時だけのもの。あとで思い出し、のぞいてみようとしても、時間もかたちも少しず…

15. チョコ好きガールがハマるPARM!

日常の句読点としてホッとしたい時。あるいは、気持ちの閉塞感を感じたらなにをするか。緑を見にいくか、お風呂に湯をためて、ざぶーっんと浸かって禊ぎを堪能させてやり、…

+8

14. 随筆家 白洲正子の書斎

ある日。 東京に行くたびに、行ってみたい場所があった。町田市・鶴川の「武相荘」(ぶあいそう)である。   白洲正子の書くものを初めて読んだのは、10年以上前か。近…