#1 出発!冬のフィンランド

「はじめてフィンランド 〜白夜と極夜 ひとり旅〜」が河出書房新社より発売しました。

サブタイトルの通り、初めてフィンランドに行った夏の白夜旅行と、半年後の冬の極夜旅行の2部構成になっています。(白夜旅行については、同人誌「白夜旅行記」のダイジェスト書き下ろしです。)

が、とにかく語りまくってしまう私には、152ページの本の半分しか極夜について語れない、というのは足りなさすぎるわけでして…。

もっとみる

ノルウェーの若者のセイムネス

————————————————————
ノルウェーの若者のセイムネス
-Sameness in Norwegian youth-

————————————————————

ノルウェーにはもちろん警察がいるのですが、自治体によっては自警団のような組織があります。以前のブログでも書いた”Nightraven”というやつです。週末(金、土)の深夜に街を歩いて治安を維持する、といった活動をしています

もっとみる

世界で1番コーヒーを愛する北欧で、スタバが1番になれない理由を考えてみた

皆さん、世界で1番コーヒーを飲む国がどこか知ってますか?
2018の統計によると、次のようになっているそうです。

ヨーロッパの中でのランキングではなく、これは世界ランキングです。(日本は25位圏外)

1. フィンランド
2. ノルウェー
3. アイスランド
4. デンマーク
5. オランダ
6. スウェーデン

みてわかる通り、いかに北欧の国がコーヒーを愛しているかみて取れます。日本では、勉強

もっとみる

アメリカの田舎ハウスに憧れる

ひろいきです。
Twitterにも投稿しましたが、
アメリカの田舎ハウスに憧れています。

自然に囲まれていて、
周りにはきれいな芝生。
休日は家族や友人を集めてバーベキュー。YouTubeでしか映像では見てないのですが、
都会の集合住宅に住むより
僕にはあっていると思います。

家の中にはかまどがあって
長方形の長テーブル。
夜には友人が集まり、
皆で暖まりながら楽しくお話しします。
そこにiP

もっとみる

人の育ちに欠かせない?楽しさと真剣さのバランス(No.5)

1.楽しさと校風
 1)楽しさが広がる雰囲気
 2)楽しさと人の育ちの関係
2.真剣さと校風
 1)真剣さが漂う雰囲気
 2)真剣さと人の育ちの関係
3.それらのバランス

「成人のための学校」で大切にされていることは、何なのでしょうか。
言い換えると、どんな「校風」と言えるのでしょうか。

この学校での教育的な体験は、日本で育ち・暮らしてきた中で味わったことがないことは確かです。

《拙ブログN

もっとみる

【小説】27の北欧メモ 第7話

27歳のとある青年が10日間の北欧旅行を通して気づく「大切なこと」の話

どこにでもある心情を描く連載小説
この物語は半分フィクションです。

前話 第6話 【5日目-2020年2月13日(木)】 第7話 【6日目-2020年2月14日(金)】

第7話 「モイモイ号のオーロラツアー in ロヴァニエミ」

昨晩は最悪だった。
殺意が芽生えたことを改めて書くことになるが、睡眠時間を奪われたの

もっとみる

手を握る

風で音符が跳ねている
青と黄色の音符たち

唄が聞こえる
愉しく生きる鼓動と共に

ほら、一緒に踊りましょ

手を繋がれ 繋いで 身を委ね
身体が自然と動きだす

意味なんかなくたって
差し出された手は 握れば温かい

はじめましての あなたとも
ゆらゆら ゆられ 輪になれる

ステップだって バラバラだけど
それでも愉しい時間になるの

自然に手をとり踊る

もっとみる

【ゆる募】 オーラのつくりかた

#北欧 #デンマーク #留学 #個性

デンマークでの寮生活にも慣れてきたこの頃。まだまだ寒いけど、ちょっとずつ日が長くなってきて、足元にちらほらお花が咲き始めました。

デンマーク人が9割の学校で、残りの1割として生きるむずかしさを、少し前に書きました。みんな英語ペラペラに喋れるけど、ふとした瞬間にデンマーク語なので疎外感!って話でした。(マイノリティで生きること)

これについて、最近もっと思

もっとみる

18歳、初めての北欧へ。day3

今日はジェットラグのせいかAM2時に起きてから全く寝れず、今から寝るので大体18時間活動。我ながらすごいな…

AM8時 朝ごはんづくり

今日はみんな朝忙しそうだったので一人で昨日食べた朝ごはんの再現に挑戦。結構うまくいったかも?でもマヨネーズすっぱすぎた!

午前中 ヨガ&筋トレ

若干雪降ってたから外に出れないのと、飛行機のせいで体がバキバキなのとで身体動かそうと思ってヨガと筋トレをした!食

もっとみる

『模倣大国北欧』と『模範大国米国』

先日リリースされたスカンジナビア航空(SAS)のPR動画。「広く知れ渡っている北欧らしいものは実はコピーだった」という趣旨のもので、当事者からSASへ向けたバッシングが多数寄せられたようでプチ炎上しています。

動画内で取り上げられていたものとして、例えば現在のような民主主義はギリシャに由来し、育児休暇はスイス、ミートボールはトルコ、リコリスは中国、クリップはアメリカなどなどその他多数があります(

もっとみる