初めてナマズを食べたのは、たしかベルゲンの山の上のレストラン。

ひとつ前のnoteでナマズの話を書きましたが、本日もナマズ。
書いていて思い出したのが、ナマズを初めて食べた時のこと。

「ノルウェーの朝ごはんは、キャラメルみたいな茶色い甘いチーズと黒いパン。」で触れたのですが、学生時代にノルウェーに行きました。
向こうで、世界各国から来ている研修生たちと1週間ほどの国内ツアーに出かけたのですが、ノルウェー第二の都市、ベルゲンにも立ち寄った時のこと。
(トップの

もっとみる
うれしいです♡ ワインのお供はラタトゥイユ。
13

[5月のノルウェーの様子を写真で!]

地味に毎月セルフオンライン写真展(一度開催したら無期限営業というガバガバさが売り)をやっているのですが、今日は5月末なので、今月の様子を10枚の写真にまとめました。

今月は何といってもノルウェーの一大イベント「ナショナルデー」があったので、半分がその日の写真です。

今回あげた写真でもどことなくナショナルデーと民族衣装の様子が伝わるかなぁぁという感じなのですが、ほんとはもっといい写真がある!ナシ

もっとみる

これからの時代の文脈はノルウェーとフィンランドに向かう

『エクス・マキナ』という映画の冒頭で、主人公の青年は、GAFAの創業者的な設定の大富豪の別荘へ、ヘリコプターで向かう。何時間もフライトが続く中、主人公はパイロットに「別荘まであとどれくらい?」と尋ねると、パイロットは笑いながら「きみはもう2時間前から別荘に着いているよ」と答える。つまり、その大富豪はとんでもなく広大な土地を所有しているのだ。その超巨大な土地の山奥に、ぽつんとした別荘をかまえている。

もっとみる
嬉しいです。
4

ミーハー少女と呼ばれて [後編]

20代のある日のこと、毎週、観ていた洋楽番組で新人グループが紹介されました。

ノルウェー出身の男性3人組で、A-ha (アーハ)というバンドです。

ボーカルのモートンは美しいファルセットボイスで、デビュー曲の”テイク オン ミー”を歌っていました。

頭のてっぺんに突き抜けるような彼の高音と素敵なスマイルを見たその時、私のミーハー心は燃えあがりました。久々に落ちた瞬間でした。

私はもうとっく

もっとみる
ありがとうございます😊
9

[極夜もキツいけど白夜もキツい]

180度開脚チャレンジを初めて早くも1ヶ月半が経ったのですが、一向に開く気配がありません。本当なら2週間で開くはずなのに、、とはいえ160度くらいまでは開くようになってかなり柔らかくはなってきました。たぶん過去一柔らかいと思います。

という、近況報告はさておき。

3月末にサマータイムが始まって、一気に日照時間が長くなりました。どれくらい長くなったかは今日の一枚を見ていただけるとわかると思うので

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!
1

北欧における「子どもの意見を表す権利」。

こんにちは!今日はテーマは北欧の教育です。

先日大学の講義で、ノルウェーの大学院で修士課程を修了された方がゲストでお話されました。その方は子どもの権利条約、特に第12条の「意見を表す権利」について、ノルウェーと日本を比較研究されています。

きっかけは自身の娘さんの通っていたノルウェーの幼稚園での出来事。ある日園から、『一斉のランチタイムを廃止して、自分の好きな時間に昼食をとって良いことにする、

もっとみる
スキありがとうございます!Tak :)
9

Øy

意外と快適だった。というのが、ノルウェーの(唯一の)国立コンテンポラリーダンスカンパニーCarte Blancheのコロナ後初の公演 “Øy” (ノルウェー語で「島」の意の女性名詞) を見た感想だった。3月13日にすべての舞台上演が禁止されて以降では初のCarte Blancheの公演、その初日を見届けに行こうということだけを考えてチケットを取った。その後、三月の世界初演と演出を変えたと耳にしてい

もっとみる

ノルウェーの伝説的レジスタンス、マックス・マヌスを描いた物語

題名は「ナチスが最も恐れた男」

2008年にノルウェーで公開されましたが、日本では未公開となっています。

マックス・マヌスはご存知でしょうか?
おそらく知っている人は北欧戦線の歴史に詳しい人しか知らないでしょう。

マックス・マヌスはナチス・ドイツ占領下のノルウェーでレジスタンスとして活動した英雄だそうです。

活動そのものは最初はビラを貼ったりでしたが、その後はドイツの船などに爆弾を仕掛けて

もっとみる
よろしければシェアもお願いしますね。
1