公共事件解決人・シロフォン エピソード0【常務】 #AKBDC

新聖暦300年。階層都市【アリアドネ・ヘプタゴン】第三層、外縁部自動車専用路《オートウェイ》。
 制限速度を遥かに超えたスピードでそこを疾走する電気自動車の運転席に、血の華が咲いた。

 目出し帽姿にそれぞれ銃器を携えた男4人……もう3人だが……と、手足を拘束されアイマスクと猿ぐつわをした上で更に頭部を麻袋で覆われた女性を乗せたワンボックスカータイプの車である。

「カルロ……?」
 ほぼ垂直に押

もっとみる
ありがとうございます
11

本日のアナログ絵

サイバーパンクなイメージで

背景上手く描けるようになりたい、、

もっとみる

『パンケーキ・ピラミッド』

バンドを組んで幾らか経った頃の、特になんでもない日だったと思う。
朝いつも通りベーコンパンケーキを焼いて、お互いの部屋で編集作業をして、昼時だからフレッドのリビングへ入った。

相棒は珍しくパソコンの画面を悔しそうに睨んでいた。俺から声をかける前に彼は口を開く。

「……ロッカーボーイもどきだって」
「は?」
「ポップスターよりはマシだけど、ロッカーボーイもどきなんだってよ俺は」

Vstormに

もっとみる
スキありがとうございます!
2

ブレーキング・グラスアフターSS『その日の夜』

ナイトシティコーポゾーンどこか、高級マンションの一角。編集のため己の部屋に残していった相棒を思いながら、彼は玄関でカードをかざす。

「やべーもう相棒流石に寝たかな」

部屋はまだ明るかった。物音をあまり立てないようにしながらリビングに入ると相棒のシアンは膝を立ててソファの上に縮こまっていた。

「……なんか言うことあるだろ」
「ヴァドスのサインもらった!!!!!!!!!」
「馬鹿!!!!!!!!

もっとみる
嬉しいです!

『銃夫と魔眼3』(ガンフーとマガン3):PARTⅢ

イラスト:かな
https://skima.jp/profile?id=126704

PARTⅡまでのあらすじ

 ゲオルクとアンナという技術者一家の護衛を依頼されたカイルとリン。
 彼らが潜伏していた廃棄区画から市街地への脱出には成功したものの、『連合』との合流ポイントに侵入者が発生。
 カイルとリンは護衛対象を守り切れるのか!?

6章:暗転

 ビルの1階。駐車場への出入り口付近。俺はリン

もっとみる
感謝! 感想もいただけると泣いて喜びます!
5

芸大で工学を教えるということ

大学の前期が一区切りついたので、今日は教育について書いてみたいと思います。

私は、専門の一つである建築構造を大学で教えています。

今のところ、京都芸術大学(旧 京都造形芸術大学)にて、講義系を3つ、演習系を1つ担当しています(最近、改名でいろいろとニュースになりましたね)。

環境デザイン学科という、建築やインテリア、ランドスケープを学ぶ課程で、設備は充実しています。ただし工学系の大学ではない

もっとみる
ありがとうございます!また見に来てください。
8

仮想世界で見つけた乾杯の本質

2020/05/15

緊急事態宣言の中、30人程が集まった宴会が行われた。
誰一人として密な状況を気に留めず、マスクもせずに、楽しく談笑していた。何故ならここは仮想世界、バーチャルの世界でアバターを身に纏い、3DCG空間を自由に歩き回れる場所である。

私はDJ-09と名乗るただのサイバーパンカーだ。
ヘリーハンセンのジャケットに、3Dプリンタ製のマスクがトレードマークで、現実でも仮想世界でも同

もっとみる

SFのなかのネオアジア②/上海発 高速鉄道とその駅

早朝の地下鉄2号線はその車内も駅の混雑ぶりも、新宿へ向かう京王線を思い出させた。

おまけにこの国では電車に乗る前に必ずX線の手荷物検査がある為
全員が残高不足か期限切れのICカードで入場しようとしていると考えてもらえればわかりやすい。

"貨物輸送の費用をけちって手荷物で花火等の危険物を輸送する人が増え、それによる事故が相次いだ為"

という中国人ですら誰も信じていないあからさまなカバーストーリ

もっとみる
読んでいただき、ありがとうございます。

サイバーパンク×VR×MMORPGが楽しくないはずがない【#81】

今日のトピックは「ティザートレイラーが公開された、サイバーパンクVR MMORPG『NYX』」について。

―――――――――――――――――――――――――――

こんにちは、こんばんは。
VR/ARの会社を設立した大学院生(@iwhododo)です。
VRは注目の高い領域だけに、日々大量のニュースを目にします。
そこで毎日1つだけVRに関連したトピックを取り上げてお届けしています。
※ちなみに

もっとみる
ありがとうございます!
7

『サイバーパンク・ブーム』は2020年以降に来る

サイバーパンクは2020年以降に来ます。これは確実だと思います。

理由に関しては、銃規制の背景もあって現時点でも銃描写を描くことは難しいからです。

実際、『メタルギアソリッドV』では銃の名前が架空のモノとなっています。今までのシリーズでは実際の銃の名前が使われていたのに。
これは銃規制という世相的な背景にあるからです。
より正確に言えば、銃による凶悪事件とビデオゲームの因果に対して、銃メーカー

もっとみる
ありがとうございます
5