海月里ほとり

なんか色々かく。パルプとか読書感想文とか、なんかそういうの。 お代は見てのお帰り。 皆の万札が、銃弾やムーンライトクッキーに変わって、海月里ほとりをバックアップします。
    • ドブヶ丘関連

      ドブヶ丘関連

      • 10本

      自分で書いたドブヶ丘関連の色々を貯めていきます。

    • ドブヶ丘集

      ドブヶ丘集

      • 23本

      妄想虚構都市ドブヶ丘に関する記事をここにためていきます。説明書をよくお読みになり用法容量を守ってお使いください。あなたドブヶ丘に踏み入るとき、ドブヶ丘もまたあなたに侵入している。

    • 出口兄妹の冒険

      出口兄妹の冒険

      • 3本

      腕に口持つお兄ちゃんが妹のために頑張る、怪物たちがドブヶ丘で切ったはったするお話です。

    • 短編小説

      短編小説

      • 14本

      書いた短編小説を貯めていきます。相互に関係はありません。

    • 感想文

      感想文

      • 8本

      映画とか小説の感想文を貯めていきます。映画は割とネタバレ上等で書くことが多いです。ご注意ください。小説は別に最新のものを追っているわけではないので、古典とも言い難い、少し昔の小説について書くことが多いかもしれません。

    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

目次記事

この記事は海月里ほとりの書いた小説をまとめた記事です。 いつの間にかずいぶんと数を書いていたので、辿りづらくなっているのではないだろうか。そんな時ここから選んで…

映画館の見る夢

 この街で消えた人間を探すのは、失くした目玉を見つけるよりも難しい。ボスに命じられなければ、職場に来なくなった同僚、田中のことなど尾内はすぐに忘れていただろう。…

街の佇まい

こんなニュースを見た。 普段は誰か有名人が亡くなったところで別に気になったりはしない。結局は遠い世界の誰かなのだから。 特に事件性があるわけでもない。流行病でもな…

手口兄妹の冒険 vol.8

 薄暗い廊下をミタケの大きな背中に背負われて進む。瓦礫をよけるときに少しだけ傾ぐ。萎え切った両腕がミタケの肩にしがみつく。両手のひらの閉じた唇は汗ばんだ塩気を感…

100

手口兄妹の冒険 vol.7

【前】  病院での日々は恐怖と苦痛に満ちた日々だった。看護婦が古ぼけた台車を押して廊下をやって来るキーキーという軋みの音。その音を聞くたびに文則は吐き気がこみあ…

100

【ドブヶ丘】明日歩照子は商人~青野研究所裏 殺戮オランウータンとの取引始~

「ドブ……FM……うのニュースをおつた……ます」    カウンターの端の柱に括りつけられたラジオがとぎれとぎれのノイズの中に意味のある羅列を吐いた気がして明日歩照子…