クリスマスが終わったら、ツリーはどうなる?伝統と環境対策は両立できるのか

by パケトラライター 宮本薫(ドイツ・ベルリン在住)

Photo:クリスマス前のウィークリーマーケットのお花屋さん

2019年といえばグレタ・トゥーンベリさんと環境問題。特にプラスチック問題と地球温暖化について非常に注目されました。

私の娘はベルリンのギムナジウム(ドイツの中高一貫校)の7年生。日本でいうと中学一年生なのですが、クラスメートとのチャットグループの名前が「How dare u

もっとみる

クリスマスツリーを考える

2020年を迎え
お正月ムードも
少しずつ落ち着いてる中
私の家には
まだクリスマスツリーが飾ってある。

海外は1月末くらいまで
飾っているらしいと聞いて
すっかり、その気分だ。

夫にも、そんな話しをしているので
何も言われずにいる。

しかし、そうこうしているうちに
あっという間に
その日が来て
片付けなければいけない。

そして、そのストレスは
私にとってかなりのものだ💦

そこで、年中

もっとみる

フィンランドのクリスマスの話。

あけましておめでとうございます。お正月ですが、フィンランドのクリスマスの話を。こちらのクリスマス休暇は長めで、逆に年末年始は1月1日しか休まないようです。

クリスマス前には職場や友人たちとのピックヨウル(Pikku Joulu)というクリスマスパーティーが頻繁に開かれます。これは日本の忘年会的な感じなのかな…。わたしも日本では12月になるとあちこちの忘年会に顔を出していました…。

また、クリス

もっとみる
ありがとうございます✨
16

持ち越さない!

今日はグランヌヌスと一緒にパリのギャラリー・ラファイエットに行ってきました。

ギャラリー・ラファイエットのドームのクリスマスツリーは、毎年、素晴らしくて感動してしまいます。

後ほど、インスタでもアップしますので、どうぞ見に来てくださいね。

インスタのプロフィール画像を変えたいなって思っているのですが、まだ気に入る画像が見つかっておりません。

見つかったら変えてみようと思います。♪

ではで

もっとみる
今日もいい日でありますように❤️ ミカリュスより
51

Happy Holidays

今年になってようやく

日本でも”Happy Holidays”のフレーズを見かけるようになった。

この表現を知ったのはカナダにいた時、もう10年以上も前のこと。

いろんなバックグラウンドを持つ人たちが暮らす国で

相手がクリスチャンかどうかとか、そんなことに関係なく

互いにクリスマスと新年のお休みを慶ぶ言葉として

”Merry Christmas"とか”Happy New Year”では

もっとみる
暇つぶしにでもなれば幸いです!