カンフー映画

木人で身体能力を研ぎ澄ます

「木人」ってご存知でしょうか。元々は中国拳法を練習するのに使用する道具です。

 私みたいな中年世代になると多分、ジャッキーチェンの木人拳を思い出してしまいますが

実際は、「木人椿」(広東語はモックヤンジョン簡体字なら木片に庄、日本語では「もくじんとう」と読むらしいですね)という名称で、・・動きません。

ちなみにこれは私の自宅にある木人椿↓↓

 昨日から書き始めた私の「武」の趣味についての記

もっとみる
嬉しいです!明日が今日以上に良い日になりますように。
13

ブログに「イップ・マン 完結」(2020)の感想を書きましたー!
この最後はシリーズを追ってきたファンも納得だと思いましたねー。
https://aozprapurasu.hatenablog.com/entry/2020/10/03/225229?_ga=2.241004931.1814659003.1601605587-1570308171.1583194511

トーク版
https://radiotalk.jp/talk/381517

ありがとーございまーす!
22

名言”Don't think,Feel.”から考える競技マインドについて。

武術太極拳 日本代表の朝山義隆です。
カンフーと呼ばれる競技の選手をしています。

さて、今日はカンフー映画界のスターでもあるブルース・リーの名言「Don't think! Feel.(考えるな、感じろ。)」を参考に私自身の競技マインドについてのお話しです。

ブルース・リーは香港出身のアクションスターで、カンフーブームを作った第一人者と呼ばれています。

そんな彼の代表作、「燃えよドラゴン」の冒

もっとみる

燃えよドラゴン

鑑賞時の感想ツイートはこちら。

1973年の香港/アメリカ映画。世界中にカンフー映画の一大ブームを巻き起こした、ブルース・リーの代表作です。ブルース・リーは本作の公開前に 32歳という若さで急逝しています。英題 "Enter the Dragon"。

アクション・スター、ブルース・リーのこと。

世界的なアクション・スター、ブルース・リー。みなさん、もちろんご存じですよね! 彼を一躍有名にした

もっとみる
ありがとニャ〜♩
12

カンフー映画

私最近何故か無性にカンフー映画が観たいんです。

今日は久しぶりカンフーハッスルを見ていました。

この映画面白いですよね、少しグロテスクな表現がある所もありますが、笑いあり、涙ありの映画になっています。

そこで、皆さんにおすすめのカンフー映画かあれば教えて欲しいのです。カンフー映画の有名な役者で言えばジャッキー・チェンの映画は見た事あるんですが、ブルース・リーの映画は見たことないので見てみよう

もっとみる
have a good day!!
1

『イップ・マン』シリーズ

コアなファンの方も多いと思う。ので、ここでわたしが語るのも烏滸がましいですが…深く切り込んだレビューは専門の方にお任せして、ここではただただこの作品にのめり込んだわたしの素人目線でのおもいを記そう。

ドニ―・イェン主演の『イップ・マン』シリーズ。わたしもその存在は知っていたものの最近まで鑑賞したことがなかった。

きっかけは先に記したマックス・チャン。彼の魅力に陥落したわたしはマックス・チャン主

もっとみる
thanks!!
1

カンフー映画

最近、土日の空いてる時間にアマゾンプライムビデオでカンフー映画を見ます。

ここ一か月で見た作品は
・ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱
・イップマン 序章
・ポリスストーリーです。

どれも名作なので、暇なとき見てください。

主人公が修行をして強くなる王道系の映画も好きですが、私は主人公が最初から達人と呼ばれるほど強く、弱い立場の人達のために戦うという設定が好きです。

そん

もっとみる
そのスキが励みになります!
4