【ちゃんと面白いエンタメ.5】『ラッシュアワー』

以前のことです。
たまには環境を変えようと隣町にカフェに赴いたのですが、なんとそこで昔なじみの男性店員さんと驚きの再会をしました!

そんな感動もつかの間、その店に居た別の女性店員さんがあまりにも美人で、再会の感動が一瞬で消し飛びました。

今日も正直な自分が大好きです♪
(恋のキューピットになってくれ、昔なじみの男性店員様…)

それでは今日も「ちゃんと面白い」映画を紹介なのです^^

【ちゃん

もっとみる
僕を愛してくれたアナタには"茶柱が立つ確率UP"を贈呈♪
2

特攻野郎Aチーム THE MOVIE

鑑賞時の感想ツイートはこちら。

2010年のアメリカ映画。1980年代の人気TVドラマシリーズ『特攻野郎Aチーム』を映画化した痛快娯楽アクションです。原題は "The A-Team"。

80年代のドラマが元祖

本作は、アメリカで80年代に放送されたTV番組『特攻野郎Aチーム』の映画版。

映画を観る前に元ネタを知っている方が格段に楽しめると思います!
──という訳で、まずは TVシリーズの有

もっとみる
まぁ! なんて素敵な方♡
8

格闘映画のすすめ

近年は定額配信で各国のアクション映画が見やすくなっているんですよね。
皆さん外にも出づらい状況でしょうから、こんなときこそ、そう!格闘映画を観よう!!殴る!蹴る!血が出る!助ける!復讐する!以上!
昨年末から色々ストレス発散に結構観たので備忘録を兼ねて知見を共有したい。

ヘッドショット

ザ・レイドのイコ・ウワイス主演のわりとスタンダードなアクション映画。
救出&復讐型

ザ・リディーマー

もっとみる

【香港映画選】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱

香港アクション映画で一番かっこよく吊ってる映画といえばコレ、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱」だ。
1992年公開の映画で、監督はツイ・ハーク。ワイヤーを多用して奇想天外なアクションシーンをバンバン見せてくれるマジシャンみたいな監督さん。このツイ・ハークと、アクションが冴えわたっていたジェット・リーが組んで出来上がったのがこの作品。つまらないわけがない。

舞台は清朝末期の中

もっとみる
ありがとうございます!

映画「バッドボーイズ フォー ライフ」を観てきた

映画館で映画を見るのが好きです。
なんだかちょっと外出している緊張感と
音も映像もすべてでどっぷり埋没できるあの空間、
その時間の間、どこか違う世界に行って違う人生を体験してきた!みたいな気持ちになりますよね。
かといって
『バッドボーイズ』のような現実は刺激的すぎるのでお断りしたいですが。
私自身は何も起こらない退屈なぐらいの平和な日々を愛しております。
おしゃれなブランド服を着てポルシェをぶっ

もっとみる
わたしもスキです♡
9

映画を観ました アトミック・ブロンド(2017)

★★★☆☆

 1989年ベルリンの壁崩壊の渦中、ある極秘リストをめぐり、各国の諜報員、秘密警察のエージェントが暗躍する……。

 ……。

 …。

 Fate/Stay nightやんけ!!!!!

 つまりこれは各国の精鋭エージェントがベルリンに集まって聖杯戦争をしていましたとさ、というだけですね。めっちゃ乱暴なこじつけ。主人公のアクションはかっこよかったですね。バイオレンス!って感じじゃな

もっとみる

日本アクション映画の未来は、あなたのその「剣」に

『るろうに剣心 伝説の最期編』(2014)/監督:大友啓史

今作が公開されてから5年以上の月日が経つが、この作品を超える日本アクション映画は、まだ現れてはいない。

極めてスピーディーでロジカルな編集。銃撃戦と肉弾戦の未知なる新結合。パルクールの要素を取り込みながら、縦横無尽に展開していく殺陣。

時代劇というフォーマットに則りながら、全く新しいアクションを妥協なく追求したこのシリーズは、日本を

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
17

U-NEXT 字幕版『マクガイバー』で英語耳をどんどん鍛えて!!👦

最近、息子が『MACGYVER/マクガイバー』にハマっている

ルーカス ティルというカッコいい俳優が出演しているアメリカのサイエンス・スパイ・アクションドラマ シリーズ

全シリーズ見終わった後も、何度も何度も繰り返し観ている📺

小学生の息子は、YouTubeを観てはマクガイバーを観て、ゲームをしながらもマクガイバーを観ている

「豊富な科学知識と機転を利かせてあらゆるミッションを遂行してい

もっとみる

チョコは甘いか酸っぱいか

ショコラ(2000/アメリカ)
  監督:ラッセ・ハルストレム
  出演:ジュリエット・ビノシュ ジョニー・デップ

カカオの力や中毒性は今ではよく知られたものになっているが、これほどまでに人を情熱的にしたり素直にさせたり泣かせたり。私もこの映画を見て思わず「チリ・ペッパー入りチョコレート」を食べてみたりしたものだ。

ストーリーは「フットルース」や「バベッドの晩餐会」みたいで新鮮味はあまりな

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです!
6

ブログに「ワイルド・ストーム」(2019)の感想を書きましたー!
“ジャンル・ミックス”としては物足りないけど、愛すべきトンデモアクション映画でしたねー。
http://aozprapurasu.hatenablog.com/entry/2020/02/03/221037?_ga=2.156389373.718164006.1580099254-1906099834.1397489967

トーク版
https://radiotalk.jp/talk/225729

ありがとーございまーす!
22