飛田流

同人小説書き。52歳男。主に男性同性愛描写を含む作品を執筆。18禁BLゲーム『体育教師 極』シナリオ担当(現在発売終了)。noteは全年齢向け文章ですが(ツイッター・ブログ転載含む)、ツイッター・ブログ・HPは成人向■アマゾン著者ページhttp://amzn.to/1Jcypi1

飛田流

同人小説書き。52歳男。主に男性同性愛描写を含む作品を執筆。18禁BLゲーム『体育教師 極』シナリオ担当(現在発売終了)。noteは全年齢向け文章ですが(ツイッター・ブログ転載含む)、ツイッター・ブログ・HPは成人向■アマゾン著者ページhttp://amzn.to/1Jcypi1

    マガジン

    • 今でもなお。シリーズ

      令和の「今でもなお」メディアに登場する、「ん?」なLGBTQ描写について。

    • 便利は不便!? シリーズ

    • 自作小説

    最近の記事

    固定された記事

    飛田流とは 20.8.11

    通りすがりのみなさま、はじめまして。 飛田流と申します。 ところで、突然ですが あなたは僕、飛田流について、どれだけご存知でしょうか。 おそらくは、ほとんど知らないはずです。(フォロワーさんは除く) おそらくあなたがこのページをご覧になっているのは、「飛田流」の文章を読むためではなく、チェックしていた新規投稿のnoteの中にたまたまこれがあったから――ではないでしょうか。 このページを見るまで、あなたは「飛田流」という人物について一切知らなかったでしょうし、さらには、

    スキ
    45
      • おじさん声のガキ大将 22.8.17

        小林さんに引き続き……。 大竹さんと言えば、 『マジンガーZ』のボス 『ひみつのアッコちゃん』の大将 『魔法のマコちゃん』の番長 『魔女っ子メグちゃん』のボス(とパパ) 『キテレツ大百科』のブタゴリラ(初代) などなど、「おじさん声のガキ大将」役が十八番。 特に、『マジンガーZ』のボス。がっしりとしたアゴに筋骨隆々とした体躯、ボリューミーな臀部は、僕の心を大いにときめかせてくれた。 『ルパン』と同じく放送時は3~4歳だったので、おそらく再放送で観たのだろう。

        • 長い間お疲れ様でした。 22.8.16

          声優の大ベテラン、小林さんがお亡くなりに。 僕が初めて小林さんと認識してお声を聴いたのは、やはり次元だろうか。 それより前の『妖怪人間ベム』ではベム役を演じているが、僕が生まれる一年前の放送なので、さすがに記憶にない。 小林さんと言えば声優のイメージが強いが、特撮番組『超人パロム・1』では、俳優としてメインキャストを演じる。だがこれも、僕が3歳当時の放送だったので、やはりリアルタイムでは覚えていない。 『ルパン』も僕が二歳の頃の放送開始だが、現在まで続く大人気アニメで

          スキ
          1
          • 冬は軽く地獄 22.8.15

            今年の花火大会は、ライブ配信を流しながら自宅観覧。 ころな以前も混雑が苦手で、会場以外のあちこちの場所を探してみたのだが、距離が離れているので当然建物に隠れる場合もある。 また、シーンとしたところで観ても、どこか寂しげで楽しめない。 歓声も一つの重要な要素と知る。 あと、外に出ると寒いということもあり。 もう一度言う。 寒い。 八月に入ったばかりなのに。 当地ではわりと珍しくなく、クーラーも扇風機も付けずにこの文章を書いている。 うらやましい、と思われるだろ

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 今でもなお。シリーズ

            • 6本

            令和の「今でもなお」メディアに登場する、「ん?」なLGBTQ描写について。

          • 便利は不便!? シリーズ

            • 8本
          • 自作小説

            • 4本
          • 今でもなお。シリーズ

            • 6本

            令和の「今でもなお」メディアに登場する、「ん?」なLGBTQ描写について。

          • 便利は不便!? シリーズ

            • 8本
          • 自作小説

            • 4本

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 『私が作家になる日__』はいつ? 22.8.14

              去年に引き続き、第二弾。 優勝者が、ふたたびドラマの主演女優となる。 第一弾の優勝者は、深夜帯ドラ「よるおびドラマ」主演の翌年、つまり今年にまたもや深夜ドラマの主演を演じている。 ただし、前回とは違い、全国ネットではない(と思う)。TVerでは観られる。 「よるおびドラマ」は新人発掘企画のためだけに作られた深夜帯ドラ枠のようだが、年一回三か月放送ではちょっともったいない。 半年なり一年なり同じドラマを放送すれば、新人ヒロインの修行兼プロモーションにもなると思うのだが

              スキ
              3
              • 具体例を挙げられないのが残念です 22.8.13

                今日は何をつぶやこうかと2~30分ほど考えたが、何も思い浮かばないので、つぶやかないことにする。 毎日そうそうネタがあるわけではない。 時期的には夏真っ盛りだが、個人的な夏の思い出と言えば、健診と歯医者と祭りぐらい。 ツイッターを覗いてみると、観光地やプールに友人と遊びに行ったなどのつぶやきが並んでいて、うらやましいと思う反面、「もうころな終わったの……?」とも。 他人様の行動にいちいち口を挟むべきでもないだろうが、アレの数が1日20万人超ということは、5日で100万

                スキ
                3
                • はい取れましたー \(^o^)/ 22.8.12

                  健診に続き、歯医者へ行ってきた。 本来こんな暑い時期に行きたくないのだが、予約の電話をするのがおっくうでおっくうで……。 意を決して、七月の上旬、かかりつけの歯医者に電凸。(←用法が違う) しかし、何回掛けても留守電の応答のみ。もしや567的なアレで一時的に休業しているのだろうか。だが、翌週になっても電話がつながらない。 業を煮やし、直接歯医者まで行ってみたら 閉院していた。 うそぉぉぉぉ……。 連絡来てないよ。 よっぽど急な事情でもあったのだろうか。 ここ

                  スキ
                  3
                  • あらためてひだりゅう、はじめます。 22.8.11

                    やあ、僕だよ。 ……。 特に返事がないようなので、先を進める。 今日、8月11日で、2019年にnoteを始めてから満三年になる。 知っている人はほとんどいないだろうが。 もともと僕は、男性同性愛表現のあるシナリオ(一作だけ)・小説を書いてきたのだけど、一般向けの文章も読んでいただきたいと思い、noteアカウントを開設することにした。 それから三年が経った。 現在フォロワー数42名様。これは多いのかそうではないのか……。 僕のモットーとして「その時に書きたいことを

                    スキ
                    5
                    • 地元民の使命感 22.8.10

                      地元の祭りに行ってきた。三年ぶりの開催。 色々あるけど、今回「見に行かない」選択肢はなかった。 県人として見ておかなければ、といった使命感のような。 テレビ・ネット中継もあるけれど、やっぱり直接見たほうが迫力が段違い。 小さい頃から見ているので、好きとか嫌いとかの感情はない。地元の人間の「けじめ」として祭りを見て、夏の終わりを感じる。それが例年の過ごし方である。 三年ぶりに見て感動するのかと思っていたが、その寸前で心が押し留められる。すべてが解決されていたならば、そう

                      スキ
                      2
                      • 丸投げされても 22.8.9

                        「行動制限なし=ヒャッハーしていい」ってわけじゃないんだけど、なんとなくそう受け取っている人が多い気がする。 僕もね、ここまで感染者が増えて、なんで国も医師会も行動制限を言い出さないんだろうと思っていた。「行動制限しろ!」ではないんだけど。 「これだけまん延し、非常に感染スピードが速いとなると、行動を制限したとしても、感染者がすぐに減るかと言えばなかなか結びつかない」(サイトより引用) えっ、そうなの……。 インフルエンザ予防として推奨されていたうがいが、感染スピード

                        スキ
                        1
                        • 例年通りの密着具合 22.8.8

                          8月に入り、本格的に各所の祭りや花火など、夏のイベントが再開。もちろんすべてではないが、その多くが3年ぶりに開催されている。 これを書いている日はたまたま長岡の大花火がBSプレミアムで放送されていたが、画面で見る限り、観客席はおそらく例年通りの密着具合だったように思えた。 テレビのニュースでも、文字通りの「お祭り騒ぎ」と、「留まるところを感染者数」のニュースが一緒になって、気持ちをフラットに保つのがなかなか難しい。 たとえるなら、かなり前の話だが、SM●P解散騒動を神妙

                          • 今でもなお。6 22.8.7

                            松尾サトルたんの自伝ドラマ『拾われた男』。 毎回楽しく観ているのだが、第四話はこのような出だしで始まる。 1983年兵庫・武庫川。 諭の実家で家族がテレビの漫才(当時の表現では『MANZAI』)を観ている。 テレビの中のツッコミ役がボケ役を指し、「こいつほんまはね、コレです」と、右手の甲を左頬に当てるポーズ。 会場、および諭の父母は大爆笑。父も同様のポーズを取り、「絶対そうや思ってたんやこいつ(ボケ役漫才師)」と。 テレビの中でボケ役は、顔の前でバツ印を作るように

                            スキ
                            5
                            • いつまで続けようか 22.8.6

                              早いもので八月である。 八月と言えば、2019年8月にnoteを始めて丸3年になる。 ご存知の方は少ないだろうが。 それでね これっていつまで続ければいいのだろうか。 前にも書いたように1000日連続投稿はすでに達成して、現在はもう少しで1100日投稿に達するかあたりである。 こないだ見かけたnoteユーザーの場合は、365日連続投稿をして、「ロッキーのテーマ」を(文字で)流し、「これにて連続投稿終了」と宣言した。 あの 僕、ほぼ三倍続けてますが……。 以前

                              スキ
                              4
                              • 効果ゼロだったら笑われ損 22.8.5

                                毎日のように最多を更新し続けるおみくろん。さらにはけんたうろす(仮)なるものまで出てきて、もはや何が何だか。 どんな変異株が出てきても、一般人にできる感染対策は毎度の 三密忌避 わくちん 手指消毒 マスク には変わりない、ようだ。 このうち 三密忌避 手指消毒 はすでにやっているし、わくちんにしても、打てるものは打っている。 となると、あとはマスク。 不織布マスクが比較的効果があると言われているので、それをするのは前提として 現在、マスクを三枚重ねし

                                スキ
                                1
                                • 出川さんと僕 22.8.4

                                  『プロフェッショナル・仕事の流儀』。 僕、うっかりこの番組終了したのかと思っていたが、毎週放送から毎月放送に衣替えして、現在も続いているようだ。(たぶん) 7月は出川さんが出演。 あの「ヤバい」お人である。 番組のド頭、出川さんの裸から始まる。(銭湯でバラエティー収録) カメラにケツを向けた出川さん、パンツをペロリと脱いで(肝心な部分は番組ロゴで隠れる) 「確かにでも、裸の仕事でのし上がってきた」 と。 いや それはちょっと いやいや まぁ、確かにそうで

                                  スキ
                                  2
                                  • 自己責任の夏 22.8.3

                                    我が町でも三年ぶりの祭りが開催されている。少なくとも中止の発表はない。 ここまで増えて開催するのなら、一昨年去年の中止はいったい何だったんだろう……と思ったり思わなかったり。 僕は、観客としてこっそり観に行こうかな、と考えている。 やはり、祭りがない夏は寂しくてつらい。 混雑するのは必至だが、外でもマスク着用の上、祭りの会場からかなり離れたところで、短時間観覧するつもり。 長らく旅行もしておらず、トンネルの先に光がやっと見えたと思ったらまた真っ暗な闇へと。 いつま

                                    スキ
                                    2