ウィリアムシェイクスピア

失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけです

「失敗の言い訳をすれば、その失敗がどんどん目立っていくだけです。」

英国の作家 シェイクスピアの格言です。

失敗するとすぐに、失敗の理由を探してしまいます。

「あのとき、こうしなかったから。。。」

「これがあれば、うまくいったのに。。。」

理由にでき得ることは、幾らでも挙げることができます。

挙がってくる「理由らしきもの」には、共通点があります。

「自分以外」のものが対象となっている

もっとみる
ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

松岡和子さんとシェイクスピア

英語で書かれた原書を、その時代の言葉遣いや時代背景を考慮しつつ、現代の言葉で訳していく、、、
「翻訳」という仕事は、緻密で難しく、答えがない、決して誰にでもできる仕事ではないと思います。

そんな素晴らしい”翻訳家”である、松岡和子さん。
この度、シェイクスピアの戯曲37作品全ての翻訳を終えられたのことで、
昨日4月3日に松岡さんご本人から、これまでの道のりをお聞きする会がありました。松岡さんの温

もっとみる
ありがとうございます!明日もいい日になりますように
4

ヴェニスの商人の感想

みなさん、こんばんは、るんるんです。

今日は劇団往来の『ヴェニスの商人』を見てきました!

最近、劇にハマっている自分がいます。

人がその人物を表現し、声やしぐさ、表情で役をすする、すごい惹かれるものがあります。

素人ですが、感想を書きたいと思います。ネタバレはしないように心がけてみます!

表現しているところにメッセージがあるのか?

全てに何かのメッセージを込めてそれを演じているのかなと

もっとみる
ありがとうございます!!うれしいです♬
3

【時の重要性】
There's a time for all things.
何事にも潮時がある。

Take time by the forelock!
好機を逃すな。

『The Comedy of Errors』間違いの喜劇
William Shakespeareの名言

いつも変化するきっかけは自分自身!ありがとうございます!
2

言葉は生き物。生かすも殺すも自分次第

現存する人しか師匠にしちゃいけないなんて誰が言ったんでしょう?シェイクスピアだって、師匠にしていいじゃない?
歴史上の人物でも、会ったことがない人でも、昨日書いたみたいに昆虫でも笑、勝手に愛して頭の中をのぞけば、そこからいくらでも学びは得られる。

ピアノの師匠はいつも「ミスタッチがバレて嫌でも、他の人とかぶっても、近現代に逃げたくても、クラシカルな人気のある名曲で勝負をしなさい。何百年も人々に好

もっとみる
わたしもスキです^^!
9

マクベス/シェイクスピア 読書感想文

短いけれど内容ぎっしり。
テンポよく物語がすすみます。

詩も書いたシェイクスピアですが、

まるで詩のように、各セリフに
込められる意味の深さ。
そしてすっきりと枠組みに
整理整頓された物語。
まさに古典的な美を備えた作品です。

巻末の解説によると、
後にカットされた部分が
沢山あるとの事。

確かに
展開に性急さを感じる部分もあります。
しかし、それでも満足度の高い読了感です。

魔女の予言

もっとみる
アリガトウゴザイマス
17

新・星組ロミオとジュリエットへの期待、はたまた疑問編

シェイクスピア作品を読むゼミに所属しているので、『ロミオとジュリエット』を英語のままで読んだことがある。

教授からは色々とレクチャーしていただき、ゼミ仲間と議論を繰り広げたことも記憶に新しい。

『ロミオとジュリエット』の物語を知っている人は多くても、実際にシェイクスピアの戯曲を読んだことがある人は少ないと思う。

正直日本語訳を読むのと、原書を自分で訳していくのとでは物語の印象もだいぶ変わる。

もっとみる

忘れたくないのでここに書いておく#1

The Sonnets no.18
William Shakespeare

君を夏の日に喩えようか?
君はもっと素敵で穏やかだ。
荒々しい風は5月の可憐な蕾を揺らし、
夏のかりそめの命は短かすぎる。
太陽は時に暑く照りつけ、
黄金の顔が暗く翳るときがある、
美しいものみないつかは衰える、
偶然か、自然の成り行きによって刈り取られる。
だが君の永遠の夏は色あせない、
君に宿る美しさは消えることはな

もっとみる

イギリスの歴史~シェイクスピア~【Life in the UK】

現在、イギリスの永住権申請時に合格必須の「Life in the UK」と言うテストの勉強をしています。

今回は、日本でも有名なウィリアム・シェイクスピアについてです。

William Shakespeare(シェイクスピア)

ウィリアム・シェイクスピアは、イギリスのStatford-upon-Avon(ストラトフォード・アポン・エイヴォン)で生まれました。

劇作家でもあり役者でもありまし

もっとみる
わぁ~、嬉しいです!
4