イエナプラン

“子どもが主役”―世界の教育事例【ヨーロッパ編】

こんにちは。

オンラインでつながれる人同士で、やりたいことを企画してどんどん動いちゃおう!という、プロジェクトラーニング・スクール(base campus)を仲間と一緒に開設・運営している一人、おとわです。

これからの「学び」を考える上で、ぼくたちが参考にしている世界の最新の教育事例を紹介していきたいと思います。

教育関係者だけでなく、子育て中の方や、「学び」に興味のある方にもぜひご覧いただ

もっとみる

オランダイエナプランの報告会を全国でシェアしたい。

【概要】

全国でイエナプラン報告会を開催したいと思います。最初は、東京、大阪、福岡、名古屋で開催を考えています。もし、それ以上のご支援を頂けたら、東北、四国、中国地方など色んな県に行けたらと思っています。

【支援金について】

できるだけ色んな方に参加して頂きたいので、できるだけ参加費を無料の形で実現できたらと思っています。そのため開催場所までの移動費&会場費をご支援頂けたらと思います。(少な

もっとみる

ブロックアワーについて

ブロックアワー
▼何をしているか一言で
自立学習とインストラクションの時間。

▼キタバが思う、ブロックアワーの良さ
一人ひとりが自分たちで「ふさわしいと思う方法」「ふさわしいと思う場所」で「ふさわしいと思う学び」を選択しながら、振り返りしながら、進めていける。それによって、自分たちで学ぶことを学ぶから。

▼自立学習の具体的実践一例
・頻度は、大体、日に2回、1時間から1時間半の長さ
・週の

もっとみる

イエナプラン教育について

今日、TFJの研修でイエナプランを学んだ。すごい教育理念だ。考え方が違う。これらすべてを目指すことは日本においては逆効果であると思う。まだ若いし割と頭は柔軟性がある方であると自認はしているがそれでも現時点でシフトするのは難しいと思う。

理想の教育と言われれば、そんな気がするがこの教育が完全に浸透するためには日本社会の根底を変えなければならない。

まず人間に対する考え方が教育発展国オランダと比べ

もっとみる

小さな頃から少しずつ「自立」に向かって・・・

水曜日はいつもコンシェルジェのお手伝いでコーヒーや紅茶を入れたり、電動ドリルでの作業を手伝ったりしているのですが・・・
そのコンシェルジェに月曜に偶然別の学校で会った時(コンシェルジェは今、3つの学校に行っている!)に「水曜は研修だから、いないから。」とさらっと言われた。
まあ、いいか、と思いつつ、本でも読もうと思っていつものように学校に行く。

8:45頃に学校に着くと、「旅」についてのワールド

もっとみる

マインドマップ最強説&やっぱ対話

マインドマップ最強説

今日はナメクジに対して5時間考えた。

というのも、ナメクジから生まれた問いをマインドマップで整理したのだ。3人で。いやー、大変。

そして、全体にシェアしたのち、みんなのマインドマップを考えた。

これがまた大変×4!!!

でも、そこで気づいたのは
①全部がひとつながりになっていること
②何事にも価値があること

①全部がひとつながりになっていること
全体のマインドマッ

もっとみる

ヒミツキチ×哲学

こんにちは!ヒミツキチ森学園です。

私は子どもたちとよく、授業で"哲学する"時間を過ごしているのですが、これを話すと大体驚かれるか不思議そうな顔をされます。

それはきっとその人の中に、哲学=難しい、何だかよく分からないというイメージがあるのだろうと思いますが、実は哲学は日常の中にこそごろごろ転がっています。

哲学とは「本質を捉える」こと。

なんで学校に行くんだろう?
なんで勉強するんだろう

もっとみる

ヒミツキチ森学園とは?

ヒミツキチ森学園とは?

ヒミツキチ森学園とは、どんな学校なのか。

どんな風に一日を過ごし、どんな学び方をする学校なのか。

子どもたちが過ごす情景を少しだけここに描いてみたいと思います。

(ここに記載している内容はあくまで2019年3月現時点での構想です。)

ここからさらにヒミツキチ森学園が進化していく上で、カリキュラムの内容が更する可能性はありますが、大切な軸の部分は変わることはありませ

もっとみる

ヒミツキチ森学園の一日の流れ

ヒミツキチ森学園の一日の流れを記載してみます。(2019年5月時点での構想となります)

一日の流れ(一部抜粋)
朝:サークル対話
一日のはじまりはクラス全員の顔が見えるサークルからうまれる対話から。今の気持ち、みんなに伝えたい話を共有するところからヒミツキチ森学園の朝は始まります。

1校時:ブロックアワー
一週間のはじまりの一時間目は、自分の今週の時間割を立てる時間から始まります。どの教材がい

もっとみる

ヒミツキチ森学園・よくあるご質問

よくあるご質問

Q. 場所はどこになりますか?
神奈川県の、逗子、葉山、横須賀エリアを考えています。

みんなで集まる場所として校舎を持つことは考えていますが、学習する場所は子どもたちが選ぶことができる仕組みをつくる予定です。

Q. 中学校の授業についていける学力は学べますか?
ヒミツキチ森学園は、いわゆる一般的な学力や、集団に適応する能力などを重要視していません。

義務教育で学ぶ一般学力よ

もっとみる