ころあい小学部

兵庫県稲美町にある、ころあい自然楽校小学部の様子を綴っていきます。私たちはイエナプラン…

ころあい小学部

兵庫県稲美町にある、ころあい自然楽校小学部の様子を綴っていきます。私たちはイエナプラン教育の考え方をもとに、子どもが学びの当事者となって、幸せに学べる学校づくりを目指しています。

最近の記事

「自分の意見が、社会を変えられると思う」には、学校を変えられると実感できることが大切だと思うよ。という話。

ころあい自然楽校小学部の静です。 今日は一日公園で遊ぶ日で、森の中で一日中遊んできましたー。 そもそもなぜこうなったか。 それは1年生の男の子が、クラスボックスに入れた意見から始まりました。 ころあい自然楽校は、もりのようちえんの小学部なので、 1年生の子たちは、去年は毎日たっぷりと森で遊んでいました。 なのでその子が 「みんなで森で遊びたい!」と意見を書いて、箱に入れたのです。 それが実現したのが先月。 森でたっぷり遊んだ後のふりかえりで、その子が、 「今日はぼくが

    • 子ども、子どもの権利に出会う

      こんにちは、また投稿が空いてしまいました。3日坊主のころあい自然楽校小学部スタッフ静です。 高学年の子どもたちは「人権」についてのテーマ学習を始めました。 「人権」という言葉にも、「権利」という言葉にも初めて出会い、全くピンと来ていない様子の子どもたち。 人権をテーマに学習をするよと言っても、 「人権ってなんなん?」 「人間が生まれながらに持っている権利のことだよ。」 「権利ってなんなん?」 「え、なんやろう・・・。切符みたいな感じ・・・?」 みたいなところからのスター

      • 音楽会

        ころあい自然楽校 小学部スタッフ静です。 今日、4年目にして初めての音楽会が行われました。 私、音楽会が大好きなんです。 だからころあい自然楽校が始まってから、何度も何度も音楽会しない?と提案しては、えー!!!と言われて却下されておりました。 実は、ころあい自然楽校が始まったころの子どもたちは、ものすご~い恥ずかしがり屋さんだらけでした。 はじめて保護者の人に見せたのは、 開校から1年たったころに行った「劇」だったのですが (詳しくは、下の記事から!) その時に4年生

        • ブロックアワーと座席

          ころあい小学部静です。 今日、高学年さんはなかなか勉強を始められませんでした。 それはなぜか。 ころあい自然楽校では、畳にちゃぶ台で学習をしています。 机は、マル、長机、とにかくいろんな机を使っています。 そんな雰囲気なので、決まった席はなく、いつも何となく座って勉強が 始まります。 でも今日は1人の女の子が、座席を決めたいというのです。 どうしてそう思うのかを聞いてみると、 いつも3人で隣同士に座っている子たちがいて、自分もその子達とも座りたいのに、座れない。 それ

        「自分の意見が、社会を変えられると思う」には、学校を変えられると実感できることが大切だと思うよ。という話。

          夢みる小学校ところあい自然楽校

          ころあい自然楽校小学部の静です。 全国で上映会が実施されているオオタヴィン監督の、夢見る小学校。 みなさんは見られましたか? ころあいでは月曜日、ハッピータイムといって、最近あった嬉しかったことなどをシェアする対話の時間があります。 今年度から仲間になった3年生のAちゃんは、週末に2回目の夢みる小学校を見て来たそうです。 そんな彼女が、みんなに映画の感想を話してくれました。 「前に見たときは、こんなこと学校でできるのかな?と思ったけど、ころあいさんに来てからみたら、こ

          夢みる小学校ところあい自然楽校

          運動会

          ころあい自然楽校スタッフ静です。 去年の話になりますが、運動会がとても面白かったので、記しておこうとおもいます。 去年の運動会。みんなでリレーをすることになりました。 まずはチーム分け。 私が公立の先生だった時は、全員の50メートルの単位を取って、 どのチームも速さが均等になるように計算してと、大人が分けていたのですが。 子どもたちにはもちろんそんな発想はありません。 高学年と低学年が上手に分かれたほうがいいよね。 速そうな人も分かれた方がいい。 私はどうしてもあの

          協働のある日常

          小学部スタッフ静です。 ころあい自然楽校はイエナプラン教育を学びながらやっているので、 「ともに生きることを学ぶ」ことを何よりも大切にしています。 今日の終了間際の一コマ。 明日は7月1日土曜日です。 10月に企画しているお泊り会の予約は、明日の9時から受付スタート。 どうする!?だれが電話する?1人で掛けるのは嫌やー!と高学年チーム。 AちゃんBちゃんCちゃんDちゃんが担当だけど、今日はもうBちゃんしかいない。しまった! 月曜日に電話する? それじゃぁもう予

          協働のある日常

          子どもが主体的に学ぶとは

          ころあい自然楽校では「べんきょう」という時間があり、 主に算数と漢字をそれぞれのペースで進めています。 子どもによって違いますが、音読や社会や理科、英語に取り組んでいる人もいます。 私がころあい自然楽校にやってきた3年前、子どもたちはあまりこの時間に前向きではありませんでした。 学習中に私語が止まらず、私が不機嫌になり。 こわい!と子どもたちに怒られて。 でも私は勉強をしてほしくて、ケンカになったことも。笑 あのころと今では、子どもたちの学習の様子がずいぶん違うなぁと思

          子どもが主体的に学ぶとは

          保護者と学校と、ともに生きていくということ

          ころあい自然楽校 小学部スタッフ静です。 すっかりノートの存在を忘れていたけれど、アウトプット大事やなぁと、また3日坊主を始めてみました。 笑 夏が近づき、草がぐんぐんと伸びています! いつもの古民家の前の庭木、公園の庭木など、伸び放題! 保護者の方が、草刈りするよ~と言ってくださりました。 実はこの方、先日も一人でずーっと庭木の剪定をしてくださったのです。 草刈りするよ~と言ってくれたのを聞いて、私達スタッフ、ちょっとだけ悩みました。 その方ばっかりやってもらって

          保護者と学校と、ともに生きていくということ

          探求を深めていくために(マイプロ編)

          昨日の続きです。 → 昨日の記事はこちらから  探求に向かう子どもを育てるためには?という問いについて。|ころあい小学部|note 「自分だけでは見えなかった世界に目を向ける」 「自分だけではできないことを実現する」 共に生きることを学ぶために、探求の目的をそのように定義してみました。 これを、オランダのイエナプランスクールの校長だったクリス・ヤンセンさんが開発された「ヤンセンの自転車」と紐づけてもう少し整理してみようと思います。 ころあい自然楽校には、自分で自由なテー

          探求を深めていくために(マイプロ編)

          探求に向かう子どもを育てるためには?という問いについて。

          ころあい自然楽校、小学部スタッフの静です。 現在私は、日本イエナプラン教育協会が主催する、「日本イエナプラン教育専門教員資格認定研修」というものを受講しています。実は今月末に、その最終の研修発表があるのです。どきどき。。。 私のテーマは「子どもたちが探求の問いに向かっていくために、教師にはどのような働きかけができるのか。」 ころあい自然楽校ではこれまでの3年間でいろいろなテーマについて、探求学習を行ってきました。「地球」「味噌」「川」「サツマイモ」・・・ どの探求もとて

          探求に向かう子どもを育てるためには?という問いについて。

          異年齢で学ぶおもしろさ

          ばらばらの学年で一緒に勉強するのって、大変じゃない? とよく聞かれます。 ころあいの学習の時間は、こんな感じ。 自立学習の時間。 国語の教科書を音読する3年生。 音読みと訓読みってそういうことなん?へ~とつぶやく。 そうやでー。私の名前は訓読みやから、日本の読み方やでー!と 近くの5年生。 なんやなんや、自分の名前はどっちだろうと、 漢字辞典を引き始める子どもたち。 しばらくしたら、またそれぞれの学習に戻ります。 5年生が理科のワークをしています。顕微鏡の使い方か

          異年齢で学ぶおもしろさ

          手作り入学式

          今日は小学部の入学式でした。 昨年までは幼児さんと一緒に入学式をしていたので、 小学生だけでの入学式は初めて。 1日目は学校開きです。 朝はサークルになって、春休みの出来事をシェアしました。 写真や実物を見せながら、いろいろな経験を話してくれた子どもたち。 バスボムを作ったよ! たくさんお菓子を作って、レシピの本を作ったよ! 山登りに挑戦して、猫をなでたよ! 1年生の子も、旅行に行った話や、 博物館にミイラを見に行った話をしてくれました。 たくさんの楽しい思い出。あっという

          手作り入学式

          自分も人も大切にする

          今週は、私たちの約束「自分も人も大切にする」ってどういうことかな?ってたくさん考えた一週間でした。 同じことを伝えるのでも、言い方によってキツくなったりするのかな? 人によっては普通のやり取りでも、 人によっては傷ついたりもする。 キツくならないように言えたらいいけど、 自分にとってはそれが普通の会話だから難しい。 とAちゃん 傷ついた!って言えたらいいけど、 ちょっと言えないよ。 とBちゃん しょぼんとしたと思ったら謝ったら?とほかの子。 しょぼんとしたって気づか

          自分も人も大切にする

          生きた学び

          先日、とんど焼きを見に行きました。 その帰りにシーソーで遊んだ子供たち。 そっちに乗ってみて! ちょっとこっちが重いかな? 〇〇ちゃんこっちに乗ってみて! 大盛り上がりの子どもたち。 スタッフが子ども2人と釣り合って、 えー!そんなに重いの!?とからかう子がいれば、 いや、スタッフは座っている場所が真ん中に近いから、 計算したらスタッフの重さがわかるはず!と考える子も。 これはいい機会だぞと思い、翌日木の棒を使って、 てこの原理を勉強しました。 さっそく面白がって、

          祭りからはじまる、平和教育

          ころあい自然楽校では、今サマースクールをしています。 いつもとは違うメンバーがたくさん加わって、にぎやかな夏です。 全部で15人の子どもで、サマースクールの間にどんなことがしたいかを話し合って、決めました。 その中で「夏祭りをしたい」という声が上がり、射的の出店がでることに。 射的って、割りばしでっぽうなのかなーと思ったら、どうしてもBBガンがいいと一人の男の子。 私は正直言って、BBガン、ものすご~く嫌でした。だって、人を殺す道具ですよね。考えすぎかもしれませんが

          祭りからはじまる、平和教育