探究コネクト — 日本中の子どもたちに探究的な学びを届ける—

ほんものの探究学習を日本中の子どもたちに届ける「探究コネクト」が運営する、探究的な学びの場を作ったり、運営したり、携わったり、自分たちでも学んだりしている人に向けたnote「探究メディアQ」。取材記事やイベント情報、活動報告などをお届けします。https://tankyu.jp/

私たち探究コネクトは、「ほんものの探究学習を日本中の子どもたちに届ける」ことを目指して活動しています。本サークルでは、私たち探究コネクトの日々の活動報告を共有したり、探究コネクトの活動に賛同いただけるみなさまと「探究」をテーマに語り合う場です。サークルの会費は、活動資金や、探究メディアQの取材・記事作成費、イベント費等にあてさせていただく予定です。

探究コネクト — 日本中の子どもたちに探究的な学びを届ける—

ほんものの探究学習を日本中の子どもたちに届ける「探究コネクト」が運営する、探究的な学びの場を作ったり、運営したり、携わったり、自分たちでも学んだりしている人に向けたnote「探究メディアQ」。取材記事やイベント情報、活動報告などをお届けします。https://tankyu.jp/

メンバーシップに加入する

私たち探究コネクトは、「ほんものの探究学習を日本中の子どもたちに届ける」ことを目指して活動しています。本サークルでは、私たち探究コネクトの日々の活動報告を共有したり、探究コネクトの活動に賛同いただけるみなさまと「探究」をテーマに語り合う場です。サークルの会費は、活動資金や、探究メディアQの取材・記事作成費、イベント費等にあてさせていただく予定です。

  • ベーシックコース

    ¥1,000 / 月

    まずは雰囲気を見たい、活動報告を見たり、記事についてコメントしたりしたい方向けです

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 取材や記事についての掲示板へご招待
    • Qラジオなどの限定コンテンツの視聴
    • 探究コネクト活動レポート(隔週)
    • 過去のイベントの収録動画視聴
  • コネクトコース

    ¥2,000 / 月

    おすすめのコースです。ベーシックコースでできることに加えて、隔月末に開催されるオンライン懇親会・相談会(隔月開催)に参加でき、他のメンバーと交流したい方向けです

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 取材や記事についての掲示板へご招待
    • Qラジオなどの限定コンテンツの視聴
    • 探究コネクト活動レポート(隔週)
    • 過去のイベントの収録動画視聴
    • オンライン懇親会へご招待(隔月)
  • 大応援コース

    ¥5,000 / 月

    コネクトコースとできることは同じですが、探究コネクトの活動をより積極的に応援いただける方向けです

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 取材や記事についての掲示板へご招待
    • Qラジオなどの限定コンテンツの視聴
    • 探究コネクト活動レポート(隔週)
    • 過去のイベントの収録動画視聴
    • オンライン懇親会へご招待(隔月)

ウィジェット

  • ベーシックコース

    ¥1,000 / 月
    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 取材や記事についての掲示板へご招待
    • Qラジオなどの限定コンテンツの視聴
    • 探究コネクト活動レポート(隔週)
    • 過去のイベントの収録動画視聴

    コネクトコース

    ¥2,000 / 月
    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 取材や記事についての掲示板へご招待
    • Qラジオなどの限定コンテンツの視聴
    • 探究コネクト活動レポート(隔週)
    • 過去のイベントの収録動画視聴
    • オンライン懇親会へご招待(隔月)

    大応援コース

    ¥5,000 / 月
    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 取材や記事についての掲示板へご招待
    • Qラジオなどの限定コンテンツの視聴
    • 探究コネクト活動レポート(隔週)
    • 過去のイベントの収録動画視聴
    • オンライン懇親会へご招待(隔月)
  • 商品画像

    第3の教育

    炭谷 俊樹
  • 炭谷俊樹氏:子供の可能性を引き出す探究型の教育

最近の記事

固定された記事

【個人向け】探究クリエイタープログラムの受講生を募集します!

2022年8月より2期がスタートとなる探究クリエイタープログラム。学校や団体、企業での参加を基本としていますが、「個人でも参加したい」という声も多く集まりました。 そこで、個人でも参加したい方に向けたプランをご用意しました。プラン内容は、前半のみ参加コースと全回参加コースの2種類です。個人の方でも参加していただきやすいような価格設定にしておりますので、ご興味のある方はぜひ参加をご検討ください。 学校や団体、企業での参加をご希望の方はこちらのページをご覧ください。 【前半

スキ
12
    • 今週の探究ニュース8月9日号

      探究ナビ講座・2022/9/3-4(土日) @神戸+オンラインQの責任編集 炭谷俊樹が代表を務めるラーンネットグローバルスクールでは、子どもが好奇心のアクセルを踏み、探究心や学習意欲をより高めて行く接し方や方法論について学ぶ「探究ナビ講座」を開催しています。 これまでに800名以上の受講生がおり、刺激し合いながらともに成長していく関係性を、家庭や教育現場、職場などそれぞれの現場で実践しています。 2022年9月は、神戸での2日間と事前事後のオンライン開催のハイブリッド形式で

      スキ
      3
      • 「学校改革」の鍵はソーシャル・アントレプレナーシップ? 矢萩邦彦さんや探究コネクトパートナーが、未来の先生フォーラム2022に登壇します!

        コロナ禍などを契機に学校教育の変化が加速し、「学校改革」が、あちこちで求められるようになっている今。教育現場や学校経営でも、アントレプレナーシップの重要性が高まっています。 学校教育領域における「ソーシャルアントレプレナー」とは、どのような学びの過程を経て、どのような実践を行っているのでしょう? 2017年から毎年開催されている「未来の先生フォーラム」で8/6に実施されるパネルトークは、まさにこうした学校教育とソーシャル・アントレプレナーシップがテーマ。探究コネクトのパート

        スキ
        8
        • 【探究×モンテッソーリ教育】子ども達の可能性を引きだす幼稚園 バンビーナの1日に密着

          兵庫県神戸市、JR摂津本山駅から5分ほど歩いた住宅街の中に、庭付きの一軒家が見えてきます。ここは、モンテッソーリ教育を取り入れた小さな幼稚園「バンビーナ」。開校26年を迎える探究型のスクール「ラーンネット・グローバルスクール」が運営しています。 新年度に入ってから1ヶ月がたった5月に、バンビーナの1日に密着させてもらいました。子ども達の様子とナビゲータ(子どもの学びをサポートするスタッフ)の関わり方を、1日の流れとともにご紹介します。 1人ひとりが静かに活動する時間を大切

          スキ
          37

        マガジン

        マガジンをすべて見る

        メンバーシップ

        メンバーシップをすべて見る
        • 【もくじ】サークル掲示板一覧

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 7/29(金)20時〜、サークル会員の交流会を開催します!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 収録動画:Q公開インタビュー「オルタナティブスクール、どう立ち上げた?」

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 探究コネクト活動レポート #20

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 探究コネクト活動レポート #19

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 収録動画:「先生の学校」x「探究コネクト」共催イベント

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 7/29(金)20時〜、サークル会員の交流会を開催します!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 収録動画:Q公開インタビュー「オルタナティブスクール、どう立ち上げた?」

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 探究コネクト活動レポート #20

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 探究コネクト活動レポート #19

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 収録動画:「先生の学校」x「探究コネクト」共催イベント

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        記事

        記事をすべて見る
          • 「オルタナティブスクール、どう立ち上げた?」 ヒミツキチ森学園校長・ちほやんさんへ、6/9夜に公開インタビューを行います!

            マイクロスクールやオルタナティブスクールを作って新しい教育にチャレンジしたい。そう考えたことのある人も、探究メディアQの読者には多いのではないでしょうか? とはいえ、これまで教育現場で働いてきた人からすると、「子どもになにかを教えることはできても、学校の経営ってどうしたらいいの?」「最初に必要な資金を貯めないとできないの?それっていくら…?」というような疑問が、浮かんでくるかもしれません。 また、これまで経営やビジネスに関わってきた人からすると、「事業計画書はつくれるけど

            スキ
            22
            • 現役京大生たちが、「探究」を伝える塾。GOALOOK学習塾のチャレンジとは?

              2015年4月、京都で設立された「GOALOOK学習塾」。特徴的なのは代表も講師も、メンバーも全員が現役京大生ということ。マンツーマンの受験指導に並行して、子どもたちの好奇心を育む場として「白熱教室」を実施。京大生や教授から大学の授業や研究活動で得た知見について、直接学べる時間になっています。 さらに、2022年度から高校で「総合的な探究の時間」が開始されることを受け、探究学習型オンラインサービス「tanQ assist(タンキュウアシスト)」を開始。仲間と意見を交わしなが

              スキ
              39
              • 探究クリエイタープログラム1期生が手掛けた「探究的な授業」の内容は? 先生の学校 × 探究コネクトコラボイベント

                学習指導要領の改訂により、2022年度から高等学校で「総合的な探究の時間」が始まりました。一方で、「何から始めて良いのかわからない」「生徒が主体的に取り組めるテーマをどのように設定すれば良いかわからない」と感じたことのある先生も多いのではないでしょうか。 『先生の学校』と探究コネクトでコラボして、この「探究的な授業」をテーマにしたトークイベントを実施しました。 探究コネクトでは、2021年より主に教員の方を対象に、探究型の授業のつくり方を実践的に学ぶ「探究クリエイタープロ

                スキ
                32
                • 「島を探検して、妖怪をつくろう!」 小豆島スプリングスクールの魅力とは?

                  来月に小豆島で開催するスプリングスクールの魅力をお伝えします! ①探究の達人たちとリアルに出会える!まずはなんと言ってもこちら。探究の達人たちとリアルで会えるのが1番の魅力。 ゲストの1人、市川力さんは、通称”おっちゃん”。2017年春まで東京コミュニティスクール(TCS)の校長として、小学生を対象に、先行き不透明な時代をたくましく、しなやかに生きる探究力を育む教育を実践・研究していた方です。 TCSを卒業後は、全国各地を飛びまわり、多様な人たちが持ち前の好奇心を発揮し

                  スキ
                  14
                  • 公立中学校教員から教育起業家へ。オルタナティブスクール「ウイングスクール」をつくった理由。

                    子どもたちが「幸せな未来を築く力」を身につけていけるようにー。そんな想いから、子どもたち一人ひとりが自分らしく輝く新しい時代を目指し、活動を続けてきた田上善浩さん。2018年4月より、自然豊かな熊本を拠点としたオルタナティブスクール「ウイングスクール」で、代表理事と校長を務められています。 ウイングスクールの柱となっているのは、子どもたちが「自分らしくいても良い」という安心感の中で、「感性」「知性」「創性」を育む教育。29年にわたり公立中学校の英語教員をなさってきた田上さん

                    スキ
                    38
                    • 探究クリエイタープログラム1期生が手掛けた「探究的な授業」の内容と成果発表会、4/16夜に開催!

                      探究コネクトでは、2021年より主に教員の方を対象に、探究型授業のつくり方を実践的に学ぶプログラムを実施しています。現在は、2期生となる2022年度の参加希望校を募集中です。 募集に伴って、『先生の学校』と探究コネクトのコラボで、トークイベントを開催します!4/16(土)20時〜、参加費は無料です。子どもの好奇心や探究心を引き出す「探究的な授業」の先行事例に触れてみませんか? 4/16はちょっと都合が合わない…という方も、先生の学校メンバー(会員)になると、イベント終了後

                      スキ
                      13
                      • 元教員がパラレルワーカーを経て、起業。先生を巻き込みながら教育メディアコミュニティをつくる。

                        8年間の教員生活を経て、民間企業に転職。パラレルワーカーとしてのキャリアを築きながら、2016年に任意団体「先生の学校」を立ち上げた三原菜央さん。その後、株式会社スマイルバトンを設立し、教育現場でいきいきと働く大人たちにスポットライトを当てる教育メディアコミュニティとして大きく事業を広げていきました。 これまでの経験は、起業してからの組織運営にどのように活きているのでしょうか。学校という枠を越えてコミュニティを広げる三原さんに、組織づくりで大切にしていることやこれからの展望

                        スキ
                        102
                        • 1期生の募集や資金繰りはどうした? 2022年春に開校するヒロックに聞く、マイクロスクールをつくるまで。

                          開校前から数々のメディアにも取り上げられ、注目を集めているマイクロスクールヒロック初等部。初年度の選考も終わって無事入学予定者も決まり、4月からの開校を待つばかりというタイミングで、ファウンダーの堺谷武志さんと、入学を決めた親御さんへ、ここまでの話やこれからへの期待を聞きました。 「わからない、できない」を正直に説明会で伝える——無事に入学希望者も集まったようですが、実際どのように募集や選考をされたのですか? そもそも、こちらは選考できる立場にないという認識でした。何しろ

                          スキ
                          26
                          • 「島を探検して、妖怪をつくろう!」 小豆島スプリングスクールを5/28−29に開催します

                            路地を歩いていたら、ふと人間ではないものの気配を感じる。そんな経験や想像力を持つ子どもが、現代では少なくなったかもしれません。 今回の企画は、妖怪や目に見えないモノを探究する画家の柳生忠平さんと、歩き旅する探究人/まちのジェネレーターの市川力さんが案内人。ふたりと一緒に島を探検しながら、妖怪を一緒につくってみませんか? 舞台となるのは、小豆島。1日目は、瀬戸内海を見渡す高台にある城山公園を巡り、夜は約700年前に合戦に備えて造られた迷路のまちを探検します。2日目は小豆島ふ

                            スキ
                            6
                            • リアルとオンラインで学ぶ4ヶ月。生徒の探究サイクルを回すナビゲーション実践プログラム

                              こんにちは。「探究クリエイタープログラム」マネージャーの建石尚子です。 昨年10月からスタートした4ヶ月間の本プログラム。全国から17名の教育関係者が参加されています。探究コネクト代表でありラーンネット・グローバルスクール代表でもある炭谷俊樹が講師を務め、25年間実践し続けてきた探究型の学びについて参加者の方にお伝えしていく内容となっています。 一方的な講義形式ではなく、参加者同士がディスカッションし、現場での実践も交えながら学びを深めていくところが本プログラムの特徴。大

                              スキ
                              17
                              • 増える総合型選抜、今どんな力が求められている? 「大学入試を探究しよう」イベントレポート

                                大きな転換期を迎えている大学入試。文部科学省からペーパーテストだけの選抜はNGという明確な方針が出され、推薦・総合型選抜(いわゆるAO入試)の入学者の割合は、私立大学で56%、国公立大学で17%に。 私立大学の推薦・総合型選抜の割合が33%だった2000年に比べると、その割合がぐっと増えていることがわかります。東京大学も2016年から推薦入試を開始。毎年100名程度の学生を募集しています。 大学入試はどのように変化し、今大学ではどのような力が求められているのでしょうか。今

                                スキ
                                25
                                • 子どもの新しい学び方とは? 探究博覧会2021イベントレポート

                                  探究型の学びを一挙に紹介するオンラインイベント「探究博覧会2021」を開催しました。今年で第2回目の開催となった本イベント。160名以上の保護者や教育関係者から参加申込をいただきました。 「コロナ禍だから子どもたちの学びが充分でなくてもしょうがない」ではなく、「コロナ禍だからこそ、子どもたちとこんな学びができた」と言える機会を参加者のみなさんとともに考えることができた探究博覧会2021。どのような学びが紹介されたのでしょうか。 第一部では、さまざまなアプローチで探究的な学

                                  スキ
                                  27