アルパインクライミング

+8

鹿岳一ノ岳南壁フリークライミング

群馬県南牧村鹿岳一ノ岳南壁7ピッチ5、10cオールフリー(2021年11月15日 浅井・及川)※今のところ他にフリーで登った記録は見当たらなかったので現時点では「フリー化」として記録します。 西上州のフィッツロイといえば群馬県南牧村の鹿岳。この南壁の最もすっきりしたフェースに一本のクライミングルートがある。しかし下部岩壁の2ピッチがエイドクライミングとなっていて、フリークライミングで登りたい自分としては何となくトライを躊躇ったまま1年が過ぎてしまっていた。 今回このルート

スキ
5
+23

小林百名山記 Vol.4槍ヶ岳

こんにちは。 小林百名山記Vol.5は日本のマッターホルンと呼ばれる、 北アルプスを代表する鋭鋒。 槍ヶ岳(やりがたけ)登山日:8月 天候:雨のち晴れ 所在地:長野県 標高:3,180m 山屋ならばいつかはその頂を踏みたくなる槍ヶ岳。 初登頂は播隆(ばんりゅう)さんというお坊さんだそうです。 日本の山の初登頂はお坊さんが多いですね!! 今回は2泊3日の山行で初日に上高地から槍ヶ岳山荘までアプローチ、 2日目に一般ルートからの登頂と、小槍を経由する槍ヶ岳西陵ルートと

スキ
20
+7

[無料]登山でヘルメットをかぶるのか問題

ヘルメットをかぶっていれば生きられただろう人がいます。ヘルメットをかぶっていたために死ななかった人がいます。 最近、クライミングをする人はヘルメットをかぶる人が多いのですが、一般登山ではまだまだかぶらない人が多数派ではないでしょうか?かくいう私も、一部岩稜の山でしかかぶっていません。 果たして、ヘルメットはかぶったほうがいいのか、かぶらなくてもいいのか?考えてみました。 クライミングでは7割の人がかぶっているまず、クライミング(岩登り)でヘルメットをかぶってる人がどれく

スキ
17

登山記録vol.3・登山復帰世界の登山記録

2012年(平成24年)55歳  から  2018年(平成30年)61歳 55歳になり娘たちが大学を卒業して社会人として巣立ち、50歳からスタートした後継者育成も順調に進み...親としての責任も社会人としての責任も一段落する時期が来ました。 また、体重も50歳の90キロから75キロまで減量し高血圧や無呼吸症候群等々も治って体内年齢は30台となりました。 いよいよ山の世界に戻り若いころの夢を実現する時がやってきました。 入門ルートの6千mのアイランドピークからスタートしたヒ

スキ
2

登山記録vol.2・メタボ脱出リハビリ山歩記録

2004年(平成16年)47歳~2011年(平成23年)54歳 2002年、家内の悪性乳癌発症をキッカケに「憧れだった田舎暮らしを早めにスタートさせよう」と、2004年47歳の時に八ヶ岳・原村に森の家が完成し週末森暮らしをスタートさせました。 その年の秋、20年ぶりの登山で裏山の八ヶ岳・阿弥陀岳に立ちました。 2007年春、JCCの仲間が懇親会のために原村の家に集まりに二十数年ぶりに仲間と再会し、あの頃と何も変わらず山への情熱を持っている仲間を目の前にして再び山への情熱が

スキ
1

登山記録vol.1・若かりし頃の登攀記録

1975年(昭和50年/18歳)~1980年(昭和55年/23歳) 小学生の頃の家族キャンプから始まり中学生時代の丹沢山歩きと沢登りで冒険心に目覚め、高校時代は山岳部に入り員として雪山も経験し... ワルター・ボナッティの「わが山々へ」を感動に震えながら読むような高校生に育っていました。 高校卒業と同時に通っていた登山道具展「ジャヌー」の店主であった著名登山家の古川純一氏の紹介で国内トップの登山家集団であった日本クライマースクラブに参加し本格的なアルピニズムの世界に進むこ

スキ
7

英国登山評議会(BMC)国際ウィンターミーティング

<過去記事|日本山岳・スポーツクライミング協会掲載レポートより抜粋> 2007年2 月 23 日~3 月 2 日まで、英国登山評議会(BMC)が主催する「国際ウィンターミーティング」が英国のスコットランドで開催され、協会から馬目弘仁と横山勝丘の 2 名を派遣した。 BMC と日山協の交流は 1980 年に始まる。当時、新たなロッククライミングの波が本邦にも押し寄せており、1977 年から始まった「岩登り競技会」の上位入賞者を中心として 9 月に高橋善数監督、戸田直樹コ

~毎度ばかばかしい話を一席~(2021/01/29)

登山に関するちょっとした小ネタです。 運営者の主観と独断におもいっきり振り切っていますので、参考にはしないでくださーい。 <「K2」に関する動画> ネパール登山隊がK2の冬季初登頂に成功したニュースが広く配信されました。 そこでK2に関する動画をちょこっと取り上げてみました。 1.「Outdoor Curious | Top Facts & FAQs about K2 Answered by Adrian Ballinger」  (YouTube/ Eddie Bauer

人生、いつだって面白がれる!...愉しく生きるコツ

「物事を面白く受け取って愉快に生きて  あまり頑張らないで でもへこたれないで」  (女優:樹木希林) ◯ いつだって面白がれる1998年、エベレストに出かけてアドバンス・ベースキャンプ(6,400m)で心筋梗塞の発作を起こしながら8,000mまで登り続けました。 その時は心筋梗塞の発作とは気付かず、胸の激痛も息の苦しさも、重い荷物を背負った筋肉痛か薄い空気の中深呼吸を続けたせいなのかと思いました。 結局、体調がすぐれず登頂を諦めてベースキャンプ(5,150

スキ
16

怖くないと言うクライマーが1番怖いという話

必要な恐怖と不必要な恐怖岩が欠けそうな脆い岩場で、ホールドが持ちやすいからと言って中間支点もあまり取らずにぐいぐいホールドを引っ張りながら登ってしまうクライマー。大きな岩の真下でヘルメットもせず、岩に背中を向けて座り込んで昼食を食べ始めてしまうクライマーは、必要な恐怖を感じ取れていないことになります。 簡単なスラブでそれほどランナウトしていない場面で、足が震えだしてしまい登っていくことができない。トップロープクライミングで体が萎縮してしまい動けなくなる、などの場合は不必要な

スキ
8