アルゲリッチ

3「スカラムッツァの足跡をたどって」第2章「鎧をつけた手」その1

3「スカラムッツァの足跡をたどって」第2章「鎧をつけた手」その1

こんにちは。音楽で人と世界をつなぐ!ピアニストの岡田真季です。 第2章を始める前に、第1章「落下」のまとめを簡単にしておきましょう。 落下、それって何?腕の重みをそのまますべて鍵盤に落とすこと。 なぜ?自由でリラックスした動きを学ぶため。 どうやって?腕を持ち上げて、そして放す。 できた!リラックスして美しい音が出せるようになる。 第2章 鎧をつけた手 鎧をつけた手、それって何? 「鎧をつけた手」が何に似ているかって?想像してみてごらん、教会や、教会の回廊、お城

1
なぜスカラムッツァなのか? 〜 イタリアからアルゼンチンに渡り、アルゲリッチやゲルバーらを育てた名ピアノ教師の人生

なぜスカラムッツァなのか? 〜 イタリアからアルゼンチンに渡り、アルゲリッチやゲルバーらを育てた名ピアノ教師の人生

こんにちは!ジュネーブ在住ピアニストの岡田真季です。 2021年7月1日から、「ピアノ上手くなりたいメルマガ」と称して、スカラムッツァの教えを日本語訳してお届けしています。 スカラムッツァは、アルゲリッチがアルゼンチンにいた幼少期に習っていたイタリア人の名ピアノ教師。ほかにブルーノ=ベルナルド・ゲルバーとか、バレンボイムの父であるエンリケ・バレンボイムもスカラムッツァの弟子でした。すごいメンツです🤭 彼自身もピアニストとして有名で、リサイタルではブゾーニから拍手喝采され

2
2「スカラムッツァの足跡をたどって」第1章「落下」その2

2「スカラムッツァの足跡をたどって」第1章「落下」その2

こんにちは。音楽で人と世界をつなぐ!ピアニストの岡田真季です。 2021年7月1日から、ピアノ上手くなりたいメルマガと称して、メルマガを始めました😄 アルゲリッチの幼少期の先生で名ピアノ教師のスカラムッツァが、弟子たちに残した教えを書いた本「スカラムッツァの足跡をたどって」(原題 Sur les traces de Scaramuzza / Marie-Christine Calvet著)を日本語に訳してお届けしています。 スカラムッツァは自らの教えを著書に残さなかった

4
1「スカラムッツァの足跡をたどって」はじめに、第1章その1

1「スカラムッツァの足跡をたどって」はじめに、第1章その1

音楽で人と世界をつなぐ!ピアニストの岡田真季です。 2021年7月1日から、ピアノ上手くなりたいメルマガと称して、メルマガを始めました😄 アルゲリッチの幼少期の先生で名ピアノ教師のスカラムッツァが、弟子たちに残した教えを書いた本「スカラムッツァの足跡をたどって」(原題 Sur les traces de Scaramuzza / Marie-Christine Calvet著)を日本語に訳してお届けしています。 スカラムッツァは自らの教えを著書に残さなかったため、弟子た

11
音楽のオンラインレッスン・講座についてのアンケート 結果シェア その3

音楽のオンラインレッスン・講座についてのアンケート 結果シェア その3

音楽のオンラインレッスン・講座についてのアンケート データのシェアは最終回です🎉 (次回はコメントのシェアの予定です) 第2弾では「オンライン」の場合、でしたが、 今日は「対面で音楽の何を学びたい・教えたいですか?」 の結果です。 もう目に見えて、 求めていることが違いますね…😳 表現力や音色など「聴く」要素がグンと伸びます。 比較しやすいように、 オンラインの結果も もう一度載せます。 身体の「動かし方」も伸びています。 間近で先生の動きを見たり 先生に直接サポー

5
陽光が眩しすぎるほど輝いていて強引な救いみたいだった。

陽光が眩しすぎるほど輝いていて強引な救いみたいだった。

今日は久しぶりの友人と会う。友人はわたしの眼が死んでいるといい、わたしは季節のせいもあるなと思いながら、自然な形で仕事にまつわる悩みについて色々と話をする。駅を跨いで歩き、次の駅に着いたら喫茶店に入り、また次の駅へ。線路にかかる歩道橋で夕日を眺めた。橋の手前、大股に開き両手を腰に当てた姿勢で不動のまま景色を眺めているランナーがいて、彼が走り去った後、2人でそのマネをした。陽光が眩しすぎるほど輝いていて強引な救いみたいだった。登ってきた階段を振り返ると、子供たちが階段を登ってき

3
プロコ・コンチェルト3番

プロコ・コンチェルト3番

『蜂蜜と遠雷』の映画を観て以来、 プロコフィエフのピアノ協奏曲3番が 頭にこびりついて離れずに過ごしている。 3回にわたる予選をクリアしての本選で 栄伝亜夜を演じる松岡茉優がこの難曲に挑む。 ゲネプロで指揮者から低音の弱さを指摘される。 この指摘からコンクールから逃げ出したくなる。 しかし子供のように愉しく弾くことが重要だと 再びピアノに向かって激しく情感豊かに弾き切る。 実際は国際的なピアニスト・河村尚子が弾く。 音源は素晴らしいプロコフィエフが披露され

6
私はアバドやサヴァリッシュより耳がよい

私はアバドやサヴァリッシュより耳がよい

 ときどきこのnoteの記事で書いていますが、私は、世の中で流れている音楽のほとんどは、すべて耳だけで、旋律も和音もベースラインも聴き取れており、その気になれば、すべて楽譜に書き起こせます、という話をしております。そこで、この能力にかんしては、しばしば世界的指揮者よりも耳がよい、ということを、ふたつ(以上)、具体例を挙げて、ご説明したいと思います。例に挙げるのは、クラウディオ・アバドと、ヴォルフガンク・サヴァリッシュという、2人の、世界的指揮者。2人とも故人です。その残された

1
3月1日にショパンは211歳になったそうです [読書ペンギン Vol.26]

3月1日にショパンは211歳になったそうです [読書ペンギン Vol.26]

要点1:ショパン・コンクールが生んだ二人の怪物(ピアニスト)の半生 要点2:ポリーニは求道者のように己の技術を極める 要点3:アルゲリッチはピアノに恋し恋されて情緒豊かな音を導き出す 要点4:Spotify(無料)で聴きながら読むと脳全体を使えて最高 久しぶりの書籍紹介です(なんか緊張するな🐧)。今回は書籍「アルゲリッチとポリーニ」で面白かったポイントを紹介したいと思います🐧 全般的な感想をつらつらと書かせていただきました🐧 もし興味を持って頂ければ、ぜひ本書をお手に取って

5
絶対音感

絶対音感

ふとテレビをつけてみると、BSプレミアムでルツェルン音楽祭のベートーベン・プログラムを放送しているので、この記事を書きながらなんとなく耳を傾けている。 ピアノは、かの有名な、マルタ・アルゲリッチ。 名前は知っていたが、彼女の生涯についてはよく知らなかったので、Wikipediaで調べてみた。 すると、大変面白い一節があった。 アルゲリッチは絶対音感の持ち主ではなく、調性を正しく認識していないこともあり、聴衆の一人から「ト長調の前奏曲」の演奏を褒められても自分が弾いた曲

22