音楽の神様

聴いた人の心の奥深くを、優しく触れられるような音楽を奏でる人たちがいる。

これは、「上手い人」とは全く違うものだ。

上手いけどそれだけ、って人が大半。
クラシックは特に、先人の遺した楽譜を再現する音楽であるから、
自分なりの解釈を混ぜながら作曲者の意図を汲み取り奏でるのが難しい。
演奏者や指導者により多少の差はあれど、似たような感じになってしまう。

聞き手を惹きこむような表現力は、技術よりも

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアもぽちっと・・・!
4

ジョージ・セルのピアノを聴く - モーツァルトのピアノ四重奏曲など

ジョージ・セルという指揮者がしました。1970年に亡くなったので、もうずいぶん昔の人です。
自分はCDでしか彼の残した演奏を知りませんが、すばらしいです。
手兵クリーブランド・オーケストラと、そして彼の故郷ヨーロッパの名門オーケストラとも多くの録音を残しました。
今でもファンが多い「大指揮者」なのです。

その彼が実は、名ピアニストでもありました。
自分が持っているのは2つのアルバム。

いずれも

もっとみる
スキありがとうございます!

大人の時間割

月の半分を仕事に当てている。週4日、1日7時間働いて、残りの3日は休み。
休みの日は人と会うことが多く、年明けから毎週水曜日と土曜日は、ほぼほぼ予定が入っている。3月頭まで10週連続でだ。

人と会うことは楽しいのだけれど、今はひとり研鑽する時間が必要だと思い始めた。なぜならやりたいことが明確になったから。

仕事と同等程度の時間をピアノに当てようかと思っている。
仕事に105時間/月、ピアノに1

もっとみる
あたたかなお気持ち、ありがとうございます。
10

こちらも幼少時代の練習アルバムからとってきたものです。やはりお聞き苦しくぎこちない演奏です。なんだかリトル・モーツァルトという変なあだ名がつけられていました(笑)

そんなにモーツァルトに似てたかなぁ?ちなみに同業者には現在、そのモーツァルトの奥さんである「コンスタンツェ・ヴェーバー」に似ているといわれます。どっちにしろモツァルト関連だ。

00:00 | 00:30

10歳の時にモーツァルト「ロンドンのスケッチブック」と「幼少時代の小品集」と「ウイーンのソナチネ」でピアニストデビューしました。子供時代の音源なので間違えたりぎこちなかったりでお聞き苦しいです。

khatia buniatishvili のファッション講座

ピアニストであるkhatia buniatishvili(カティア・ブニアティシビリ)は、私にとってファッションアイコンでもある。

大人の魅力と少女のような笑顔とを際立たせる舞台ドレス姿にいつも魅了される。一方で普段のファッションは少しマニッシュな雰囲気も醸し出し、自立した女性を思わせる。

レースとフリルが印象的なブラックドレス

真っ赤なレースをまとって

かっこいいパンツスタイル

カティ

もっとみる
あたたかなお気持ち、ありがとうございます。
7

アルゲリッチ:世界最高のピアニスト「Best of Best」名盤5選

批評家の本間ひろむさんが書かれた『アルゲリッチとポリーニ』(光文社新書)に、「アルゲリッチとポリーニの『名盤20+20』」と題された名盤紹介のコーナーがあります。ここでは、レコード時代から名盤と謳われているものが20タイトルずつ(アルゲリッチ20、ポリーニ20)選ばれ、解説が加えられています。今回、本間さんはnote用に各20タイトルの中からさらに厳選し、「Best of Best」として5タイト

もっとみる
今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
11

ポリーニ:世界最高のピアニスト「Best of Best」名盤5選

批評家の本間ひろむさんが書かれた『アルゲリッチとポリーニ』(光文社新書)に、「アルゲリッチとポリーニの『名盤20+20』」と題された名盤紹介のコーナーがあります。ここでは、レコード時代から名盤と謳われているものが20タイトルずつ(アルゲリッチ20、ポリーニ20)選ばれ、解説が加えられています。今回、本間さんはnote用に各20タイトルの中からさらに厳選し、「Best of Best」として5タイト

もっとみる
今後とも光文社新書をよろしくお願いします!
18

アルゲリッチとポリーニ:世界最高のピアニスト2人の物語(の裏話)|本間ひろむさん、自著を語る。

面白くないです

実はこの本を書く前、G社という別の出版社で映画に関する新書の企画を進めていました。

企画会議でオッケーが出る前の段階で、女性編集者にサンプル原稿を書いてくれといわれたのでメールで送ったら、

面白くないです――。

というメールの返事が来た。

面白くないですってあーた、そんなこと言われたのは神武以来(じんむこのかた)初めてだ。

怒るというより逆にハッとしました。そうか、新書

もっとみる
アランちゃんと一緒に喜んでいます!
19

【R07:WORKS】ベートーベンを軸にしたプログラムと『カジュアルに聴くクラシック音楽』の提案

フリーランスのチェロ奏者、山口徳花(やまぐち・のりか)とピアニストの伏木唯(ふしき・ゆい)によるアンサンブル、Duo Axia(デュオ・アクシア)。20年2月に予定している公演の内容や、ふたりが敬愛するベートーベンの魅力、日本とドイツにおける文化の違いなどを訊いた。

ベートーベンへの想いをこめたプログラム

20年2月、渋谷ホールにて公演を行うDuo Axia。演奏するプログラムは、どのように決

もっとみる
嬉しいです!
7