ジャパン・アーツ(Japan Arts Corporation)

Artist agency in Tokyo. 1976年創業のクラシック音楽事務所ジ…

ジャパン・アーツ(Japan Arts Corporation)

Artist agency in Tokyo. 1976年創業のクラシック音楽事務所ジャパン・アーツです。世界で活躍する演奏家、オーケストラ、オペラハウス、バレエ団の招聘/ツアリング/公演主催/演奏家マネジメント

マガジン

ウィジェット

  • 【ドーリック弦楽四重奏団からの祝福メッセージ】河…
  • 【作曲家・岸野末利加さんからのメッセージ】河村尚…
  • 【メッセージ】河村尚子 デビュー20周年特別プロ…

最近の記事

  • 固定された記事

note開設のお知らせ

2024年7月1日(月)~31日(水)の公式サイト更新停止に際し、ジャパン・アーツ公式noteアカウントを開設いたしました。 上記公式サイトの更新停止期間中も、当アカウントからこれまで通りアーティストや企画に関するニュース、レポート、インタビュー、オンエア情報、掲載情報などを発信してまいります。 ※期間中に発信したコンテンツは、後日公式サイトにも反映する予定です。 公演情報や過去のニュースは、引き続きジャパン・アーツ公式サイトをご覧ください。 上記の更新停止期間に公演情報

    • 【インタビュー】オライオン・ワイス

      多数のソリストと定期的に共演しており、アメリカでも室内楽奏者として注目を集めているワイスが、室内楽の楽しみを存分に語ってくれました。 室内楽を好まれると聞ききました。室内楽のどのような点が魅力的だと思いますか? 室内楽は大好きです。その過程のすべてが大好きなのです。リハーサルをして、話し合い、アイデアを共有して、音楽的経験を通して友情を築き上げることが好きです。本番は特に大好きです!音楽の友人達と舞台で、魔法の中で音楽を分かちあうわくわくした感じは、何にも代えがたい喜びで

      • 【新譜情報】 日本デビュー20周年記念アルバム「20 -Twenty-」(2024年9月18日)

        河村尚子 20 -Twenty-  日本を代表するピアニスト、河村尚子(かわむらひさこ)。2004年11月、小林研一郎指揮東京フィルハーモニー交響楽団との共演でショパンのピアノ協奏曲第2番を弾いて日本デビューを飾って以来20年という節目となる今年、河村の音楽の道を照らし、これからも照らし続けるであろうパーソナルな小品を集めたアルバムを発売する。その内容がジャケット写真とともに公開された。  アルバムタイトルは「20 -Twenty-」(トゥエンティ)。これまでの20年にわ

        • 【新譜情報】千住真理子「千住真理子ベスト&レア」(2024年9月11日発売)

          デビュー50周年!10年ぶりとなるBEST盤 2002年以来共にする愛器ストラディヴァリウス、デュランティでの録音を中心に、兄・千住明作曲による《ララバイ・アンダンテ》など、ヴァイオリン名曲の数々を時間いっぱいに選曲。また、デビュー間もない頃のレア音源もセレクトして収録。アートワークには、長兄・千住博による肖像画が使用されている。(ユニバーサル ミュージックジャパンより) 品番:UCCY-45002/3 発売日:2024年9月11日 仕様:2枚組2Dケース仕様、ジャケット画

        • 固定された記事

        マガジン

        • ニュース
          27本
        • 掲載情報
          23本
        • オンエア情報
          5本
        • 重要なお知らせ
          2本

        記事

          【ヴァイオリニスト日下紗矢子さんからの祝福メッセージ】河村尚子 デビュー20周年

          ヴァイオリニストの日下紗矢子さんより、河村尚子のデビュー20周年の祝福メッセージが届きました。 日下さんとはクレメンス・ハーゲンとのピアノ・トリオなどの室内楽やCDの収録など、長年共演してきました。 [公演情報 ] デビュー20周年特別プログラム 河村尚子 ピアノ・リサイタル [日時] 2024年9月30日(月) 19:00 [会場] サントリーホール [プログラム] J.S.バッハ/F.ブゾーニ:シャコンヌ BWV1004 岸野末利加:単彩の庭 Ⅸ (河村尚子委嘱作品)

          【ヴァイオリニスト日下紗矢子さんからの祝福メッセージ】河村尚子 デビュー20周年

          豊嶋泰嗣が音楽監督に就任!この秋、京都府で新しい音楽祭がスタートします

          この秋、京都府で新しい音楽祭がスタートします。 新しい音楽祭『Music Fusion in Kyoto 音楽祭』は、誰もが親しみやすい文化である音楽を軸として地域活性化や経済成長に繋げるため、府内一円を音楽で満たし、次世代の音楽家を育成するために立ち上げられました。 今年、2024年秋は“プレイベント”として、2つの弦楽四重奏団を含む国内外総勢20名の演奏家による、府内5地域8公演の室内楽コンサート、さらに国内外のアーティストが府内小中学校を訪問する教育プログラムを実施しま

          豊嶋泰嗣が音楽監督に就任!この秋、京都府で新しい音楽祭がスタートします

          【掲載情報】飯森範親 (2024年7月)

          *「MOSTLY CLASSIC」2024年9月号 (2024年7月20日) 「モーストリー・クラシック」9月号の特集「指揮者のしごと」の「国内オーケストラのシェフたち」の記事の中で、ファビオ・ルイージ、飯森範親、高関健が紹介されました。 ⇒ 「MOSTLY CLASSIC」公式サイトはこちら 《公演情報》 牛田智大 協奏曲の夕べ モーツァルト&シューマンの心を謳う 日時:2024年9月3日(火) 19:00 会場:東京オペラシティ コンサートホール 出演:牛田智大(ピアノ

          【掲載情報】飯森範親 (2024年7月)

          【掲載情報】高関健 (2024年7月)

          *「MOSTLY CLASSIC」2024年9月号 (2024年7月20日) 「モーストリー・クラシック」9月号の特集「指揮者のしごと」の「国内オーケストラのシェフたち」の記事の中で、ファビオ・ルイージ、飯森範親、高関健が紹介されました。 ⇒ 「MOSTLY CLASSIC」公式サイトはこちら ◆高関健のプロフィールは下記をご参照ください。 ⇒ https://www.japanarts.co.jp/artist/kentakaseki/ 【p8669】

          【掲載情報】高関健 (2024年7月)

          【公演チラシ先行公開】2024年12月開催 樫本大進(ヴァイオリン) & ラファウ・ブレハッチ(ピアノ) デュオ・リサイタル

          2024年12月に開催の「樫本大進 (ヴァイオリン) & ラファウ・ブレハッチ (ピアノ) デュオ・リサイタル」の公演チラシが完成しました! ジャパン・アーツWEBサイトでの公演ページの公開は、8月上旬を予定しています。 2人のヴィルトゥオーゾによる夢の共演をどうぞお聴き逃がしなく! 《公演情報》 奇跡のデュオがここに実現!! 樫本大進<プレミアム室内楽シリーズ>vol.3 樫本大進&ラファウ・ブレハッチ デュオ・リサイタル 日時:2024年12月19日(木) 19:00

          【公演チラシ先行公開】2024年12月開催 樫本大進(ヴァイオリン) & ラファウ・ブレハッチ(ピアノ) デュオ・リサイタル

          【佐藤俊介氏からの祝福メッセージ】河村尚子 デビュー20周年

          ドイツのデュイスブルクに演奏会で滞在中のヴァイオリニストの佐藤俊介さんより、河村尚子のデビュー20周年の祝福メッセージが届きました。16年前に初めて軽井沢でベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ「春」で共演!それ以来度々共演を重ねています。 [公演情報 ] デビュー20周年特別プログラム 河村尚子 ピアノ・リサイタル [日時] 2024年9月30日(月) 19:00 [会場] サントリーホール [プログラム] J.S.バッハ/F.ブゾーニ:シャコンヌ BWV1004

          【佐藤俊介氏からの祝福メッセージ】河村尚子 デビュー20周年

          【掲載情報】大西宇宙 (2024年7月)

          *「MOSTLY CLASSIC」2024年9月号 (2024年7月20日) 6月に出演した新国立劇場「コジ・ファン・トゥッテ」について東条碩夫氏の連載「音楽巡礼記」及び公演評で紹介されました。 ⇒ 「MOSTLY CLASSIC」公式サイトはこちら *「音楽の友」2024年8月号 (2024年7月18日) 大西宇宙 出演、5月3日ミューザ川崎シンフォニーホールにて行われた、沼尻竜典指揮 東京交響楽団「モーツァルト・マチネ第57回」公演評が「音楽の友」8月号に掲載されました

          【掲載情報】大西宇宙 (2024年7月)

          【掲載情報】横山幸雄 ベートーヴェン・プラス Vol.10 (9月22日 東京オペラシティ コンサートホール)

          *「MOSTLY CLASSIC」2024年9月号 (2024年7月20日) 横山幸雄のインタビューが、「モーストリー・クラシック」9月号の特集「指揮者のしごと」に掲載されました。 横山幸雄「弾き振り」でベートーヴェン、ショパン 愛知室内、日本フィルと相次ぎ共演 ⇒ 「MOSTLY CLASSIC」公式サイトはこちら *「月刊ピアノ」2024年8月号 (2024年7月20日) 横山幸雄が「月刊ピアノ」8月号の巻頭インタビューに登場! 特集「夏休み短期集中レッスン第2楽章」

          【掲載情報】横山幸雄 ベートーヴェン・プラス Vol.10 (9月22日 東京オペラシティ コンサートホール)

          【オンエア情報】7月21日・28日(日) 17:00~ 小林沙羅 TBSラジオ「コシノジュンコMASACA」

          *2024年7月21日(日) 17:00~ TBSラジオ 前編 *2024年7月28日(日) 17:00~ TBSラジオ 後編 https://www.tbsradio.jp/articles/85723/ ソプラノの #小林沙羅 が、7月21日と28日(日)17時~放送のTBSラジオ『コシノジュンコMASACA』に登場します。これまで聞いたことのないあんな話やこんな話、歌にもお詳しい #コシノジュンコ さんとの盛り沢山の楽しいトークをお楽しみください♪ 【公演情報】 ア

          【オンエア情報】7月21日・28日(日) 17:00~ 小林沙羅 TBSラジオ「コシノジュンコMASACA」

          【インタビュー】ヒラリー・ハーン

          取材・文:柴田克彦(音楽評論家) 現代最高のヴァイオリニストの一人、ヒラリー・ハーン。彼女は、12月のパーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団日本ツアーでベートーヴェンの協奏曲を弾く。そこで、公演に向けての思いなどをきいた。 ─ 今ハーンさんが音楽活動で力を入れているのは、どのような点でしょうか? 現代作曲家への作品の委嘱と演奏、赤ちゃん同伴可能なコンサート、マスタークラスやアウトリーチなど活動も多岐にわたっているようですが……。  やはりコン

          【インタビュー】ヒラリー・ハーン

          8月3日(土)10:30~/9月14(土)13:30~ 曽我大介 朝日カルチャーセンター新宿教室

          指揮者 曽我大介が、8月3日(土)と9月14日(土)に朝日カルチャーセンター新宿教室にて講座を開催します。 8月と9月の講座は、それぞれ全1回。 教室での受講とオンライン講座(見逃し配信あり)での受講をお申込み時に選択できます。 夏休みと作曲家 避暑地が生んだ音楽開催日時:2024年8月3日(土)10:30~12:00 ⇒ 詳細・お申込みはこちら 交響曲スーパーアナリーゼ 祝200歳!ブルックナー交響曲第4番開催日時:2024年9月14日(土)13:00~14:30 ⇒ 

          8月3日(土)10:30~/9月14(土)13:30~ 曽我大介 朝日カルチャーセンター新宿教室

          【掲載情報】山形交響楽団 特別演奏会 さくらんぼコンサート 2024 東京公演 (6月20日 東京オペラシティ コンサートホール)

          *「日本経済新聞 夕刊」「日本経済新聞電子版」 (2024年7月17日) 6月20日開催の「山形交響楽団 特別演奏会 さくらんぼコンサート 2024 東京公演」(東京オペラシティ コンサートホール)の演奏会評が7月17日発行の「日本経済新聞 夕刊」「日本経済新聞電子版」に掲載されました。 山形交響楽団 粋な選曲、すっきりした響き ⇒ 「日本経済新聞電子版」掲載ページはこちら ※会員限定記事 これまでの掲載情報はこちら https://www.japanarts.co.jp

          【掲載情報】山形交響楽団 特別演奏会 さくらんぼコンサート 2024 東京公演 (6月20日 東京オペラシティ コンサートホール)