(公財)愛媛県文化振興財団

当財団は、公益法人として愛媛県における文化振興の礎となるべく活動しています。また、愛媛県県民文化会館の管理運営も行っています。 このアカウントでは、愛媛県県民文化会館や当財団のイベント情報・会館案内など幅広く発信していきます。

(公財)愛媛県文化振興財団

当財団は、公益法人として愛媛県における文化振興の礎となるべく活動しています。また、愛媛県県民文化会館の管理運営も行っています。 このアカウントでは、愛媛県県民文化会館や当財団のイベント情報・会館案内など幅広く発信していきます。

    マガジン

    • 愛媛県ゆかりアーティスト紹介

      別アカウントで紹介している 愛媛県にゆかりのあるアーティストの インタビュー記事をまとめました!

    • イベント情報

      当財団のイベントをご紹介します!

    • おんがくdeあそぼ隊長インタビュー

      『おんがくdeあそぼ』各グループの隊長にインタビュー‼ 公演に込めた想いや、音楽に対する想いを伺いました。

    • 文化講座 講師インタビュー

      (公財)愛媛県文化振興財団が、平成20年度から開講している「文化講座」の講師インタビューです。

    • 文化活動活性化支援事業 インタビュー

      (公財)愛媛県文化振興財団が実施している、「文化活動活性化支援事業」主催団体をご紹介します。

    最近の記事

    華麗なる〈展覧会の絵〉&哀愁のラフマニノフ|読売日本交響楽団 大槻健(首席コントラバス奏者)

    こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 一昨年の『愛媛県県民文化会館リニューアルオープン記念コンサート』で、会場を沸かせた読売日本交響楽団(以下、読響)が、指揮者/小林資典氏、ピアノ/小山実稚恵氏と共に、愛媛に帰ってきます。 第一弾は、読響特別客演コンサートマスターの日下紗矢子氏、第二弾は、ホルン奏者の松坂隼氏におこなったインタビューですが、今回で最後の掲載となります。 そんなインタビューを締めくくっていただくのは、首席コントラバス奏者の大槻健氏です! 少しだけ低音

    スキ
    4
      • ファミリーコンサート『おんがくdeあそぼ12』 わたなべ大(イラスト)

        こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 今年度で12回目を迎えるファミリーコンサート『おんがくdeあそぼ』をご存じですか? ”0才から親子で楽しめるコンサート”をコンセプトに、県内各地でポップスやクラシックなど幅広い内容のコンサートを行っています。 演奏グループは、第1グループから第4グループまであり楽器や内容はグループによって様々です。 今回は、当イベントの1回目からチラシ・パンフレットのイラストをご担当いただいている、イラストレーターのわたなべ大さんに、お話を伺

        スキ
        2
        • 華麗なる〈展覧会の絵〉&哀愁のラフマニノフ|読売日本交響楽団 松坂隼(首席ホルン奏者)

          こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 一昨年の『愛媛県県民文化会館リニューアルオープン記念コンサート』で、会場を沸かせた読売日本交響楽団(以下、読響)が、指揮者/小林資典氏、ピアノ/小山実稚恵氏と共に、愛媛に帰ってきます。 第一弾では、読響特別客演コンサートマスターの日下紗矢子氏におこなったインタビュー。 第二弾は、ホルン奏者の松坂隼氏です! 読響ホルンセクションのみなさんは、とても仲がよく、コンサートの前には一緒にお昼を食べに行かれるそうで、お客様からも「ホルン

          スキ
          1
          • 地元から広げる世界 伊藤美紀

            こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 当財団が毎年刊行している、機関誌『文化愛媛』 毎号、様々な方に文化にまつわるお話を、執筆いただいています。 そんな中、「原稿内に収まりきらなかった、想いがあるのではないか!」と思い、最新刊第85号の執筆者インタビューを始めることにしました。 第3弾は、特集『地域の活力、学び舎とともに ~魅力ある高校づくりと地域の未来~ 』の座談会に参加されました、高知大学地域協働学部学生の伊藤美紀さんです。 地元で頑張る人に出会えた喜びー 今

            スキ
            1

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 愛媛県ゆかりアーティスト紹介
            (公財)愛媛県文化振興財団
          • イベント情報
            (公財)愛媛県文化振興財団
          • おんがくdeあそぼ隊長インタビュー
            (公財)愛媛県文化振興財団
          • 文化講座 講師インタビュー
            (公財)愛媛県文化振興財団
          • 文化活動活性化支援事業 インタビュー
            (公財)愛媛県文化振興財団
          • EHIME DANCE FESTIVAL まとめ
            (公財)愛媛県文化振興財団

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            華麗なる〈展覧会の絵〉&哀愁のラフマニノフ|読売日本交響楽団 日下紗矢子(特別客演コンサートマスター)

            こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 一昨年の『愛媛県県民文化会館リニューアルオープン記念コンサート』で、会場を沸かせた読売日本交響楽団(以下、読響)が、指揮者/小林資典氏、ピアノ/小山実稚恵氏と共に、愛媛に帰ってきます。 そんな読響のキャッチフレーズは、”楽しく、元気”。 楽団員同士の仲が良く、楽器間の垣根を越えて、楽しみながら音楽を作り上げるオーケストラです。 今回は、日本のみならずドイツのオーケストラでも、コンサートマスターとして活躍されている、読響特別客演

            スキ
            3

            執念で叶えた『吉本新喜劇に立つ自分』|よしもと新喜劇inえひめ 酒井藍インタビュー

            こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 大好評の『吉本新喜劇(以下、新喜劇)』が愛媛に帰ってきます! そこで、座長の酒井藍さんに新喜劇の魅力や、公演を楽しみにされている方へのメッセージなどを、お伺いしました! ぜひ、最後までご覧ください。 あの新喜劇に入ったんや!ー 初めて新喜劇の舞台に立った時のことを覚えていますか。  昔からずっと新喜劇を観に行っていたので「客席から見ていた、あの光の中に自分がいるんや!こっち側にいれるんや!」っていう喜びがありました。  「私

            スキ
            6

            ファミリーコンサート『おんがくdeあそぼ12』 西田美由紀(スタッフ)

            こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 今年度で12回目を迎えるファミリーコンサート『おんがくdeあそぼ』をご存じですか? ”0才から親子で楽しめるコンサート”をコンセプトに、県内各地でポップスやクラシックなど幅広い内容のコンサートを行っています。 演奏グループは、第1グループから第4グループまであり楽器や内容はグループによって様々です。 今回は、ベビーマッサージ・ベビーサイン教室『ぴーすまいるえひめ』主宰であり、イベントのお手伝いをしていただいている西田美由紀さん

            スキ
            1

            地域に伝わる風習から、物事を考える 大本敬久

            こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 当財団が毎年刊行している、機関誌『文化愛媛』。 毎号、様々な方に文化にまつわるお話を、執筆いただいています。 そんな中、「原稿内に収まりきらなかった、想いがあるのではないか!」と思い、最新刊第85号の執筆者インタビューを始めることにしました。 第2弾は、特別読み切り『疫病を神に祀る風習』を執筆されました、愛媛県歴史文化博物館(以下、歴博)専門学芸員の大本敬久さんです。 一方的に知るのでなく、一緒に価値を見出すー普段歴博では、ど

            スキ
            6

            新日本フィル×ベートーヴェン×愛媛【インタビュー】

            こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 6月5日に愛媛県県民文化会館で行われる、”50周年記念演奏会”に先立ち、”新日本フィルハーモニー交響楽団”のソロ・コンサートマスター 崔 文洙さんに、お話を伺いました。 新日本フィルハーモニー交響楽団50年間の歩みや思い出、コンサートホールで聴くクラシックの素晴らしさなど、盛りだくさんの内容です。 50年続く、挑戦する姿勢ー創立50周年を迎えた、新日本フィルハーモニー交響楽団の歴史や特徴を教えていただけますか。  新日本フィ

            スキ
            7

            地域おこし協力隊、田中直樹氏から見える”アートと地域”

            こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 当財団が毎年刊行している、機関誌『文化愛媛』。 毎号、様々な方に文化にまつわるお話を、執筆いただいています。 そんな中、「原稿内に収まりきらなかった、想いがあるのではないか!」と思い、最新刊第85号の執筆者インタビューを始めることにしました。 第1弾は、エッセイ『土から学ぶ』を執筆されました、東温市地域おこし協力隊の田中直樹さんです。 日々の活動や、地域とアートの関わりについてお伺いしました。 演劇と地域を結びつける仕事がした

            スキ
            9

            愛媛に沖縄がやってくる!【おきなわフェスタin四国2022】

            こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 ラフテー、ジーマーミ豆腐、沖縄そば、ジューシー、海ぶどう… 沖縄は、キーボードで打ち込んでいるだけで、お腹が空いてくる美味しい食べ物がいっぱいです! さて、食べ物以外にも魅力たっぷりな沖縄を楽しめるイベントが、5月5日・6日に愛媛県県民文化会館で開催されます。 その名も、『おきなわフェスタin四国2022』!! 実行委員長のポン川村さんに、イベントの内容や、沖縄の魅力についてお話を伺いました。 おきなわフェスタin四国2022

            スキ
            2

            文化講座『地理学講座』 講師:川瀬久美子

            こんにちは。note更新担当のたぬ子です! 平成20年度から開講している当財団の人気事業!それが『文化講座』です! この講座は、愛媛県県民文化会館に外部講師を招き、文学や歴史などに興味・関心のある方々に向けて、学びの場を提供しています。また、当財団ならではの専門性の高い講座や地域の歴史・特性を生かした講座となっています。 今年度の『文化講座』は、対面講座:4講座+オンライン講座:2講座の合計6講座を開講しており、それぞれの講師にお話を伺っていきます! データを扱うから

            スキ
            10

            えひめジュニアチアリーディングチームOtters! -目標に向けて頑張るちから-

            こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 (公財)愛媛県文化振興財団では、県民の皆さんが、日ごろの成果を発表するためのイベント経費(一部)を助成する『文化活動活性化支援事業』を実施しています。 令和3年度は新型コロナウイルス感染拡大により、中止とする団体がある中、イベントを開催できた団体を紹介していきます。 今回は、『第5回 おった~ず祭』を開催された、えひめジュニアチアリーディングチームOtters! 代表 堀内由美さんにお話を伺いました。 お姉さんの背中から学ぶ

            スキ
            2

            文化講座『愛媛俳句・文学講座』『俳句史講座』 講師:青木亮人

            こんにちは。note更新担当のたぬ子です! 平成20年度から開講している当財団の人気事業!それが『文化講座』です! この講座は、愛媛県県民文化会館に外部講師を招き、文学や歴史などに興味・関心のある方々に向けて、学びの場を提供しています。 また、当財団ならではの専門性の高い講座や地域の歴史・特性を生かした講座となっています。 今年度の『文化講座』は、対面講座:4講座+オンライン講座:2講座の合計6講座を開講しており、それぞれの講師にお話を伺っていきます! あっても良いが

            スキ
            4

            松山マンドリンクラブ-”お客さまに喜んでいただく”がコンセプトの演奏会-

            こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 (公財)愛媛県文化振興財団では、県民の皆さんが、日ごろの成果を発表するためのイベント経費(一部)を助成する『文化活動活性化支援事業』を実施しています。 令和3年度は新型コロナウイルス感染拡大により、中止とする団体がある中、イベントを開催できた団体に取材を行い紹介していきます。 今回は、『松山マンドリンクラブ 第43回定期演奏会』を開催された、松山マンドリンクラブ 団員の近藤友保さんに、お話を伺いました。 出会いと交流の場所ー

            スキ
            5

            憧れの警察音楽隊という仕事について【インタビュー】

            こんにちは!note更新担当のたぬ子です。 みなさん、愛媛県警察音楽隊をご存知ですか? 愛媛県内外各地での警察広報行事や各種公的イベント、小中学校の音楽教室や福祉施設などで演奏を行い、「音の架け橋」として県民と警察を結ぶ活動をされている方々です。 その愛媛県警察音楽隊が、愛媛県県民文化会館より『愛媛県警察音楽隊 無観客ふれ愛コンサート』オンライン生配信を行います! ということで、今回は愛媛県警察音楽隊 楽長 村上忠裕さんに音楽隊の仕組みや、音楽隊との出会いについて伺いまし

            スキ
            10