「豚バラ」と「アラームの波音」

めざまし時計にまつわるはなしです。 明朝5:30に絶対に起きたい場合に 「5:30ちょうどのアラームだけじゃ心細い。すぱっと起きられなかったらどうしよう。ならば4:30から10分刻みでセットしたらどうか。1時間もまどろんでいれば、さすがに起きるはず。いや、まて。万が一のために5:30から6:00まで。ここも10分刻みでセットしておこう。うむ。用心深い。とどめに6:15に最終防衛線のアラーム。これで決まりだ。ここで起きられれば遅刻ということはまずない。よし、鉄壁。」 こう

スキ
54

💣地雷おつまみ💣 やきとりもも(たれ) プリマハム 198円 スギ薬局で購入 とにかくヒドイ、臭い鶏肉が残飯のようにちょびっと入ってる♥🐹 とんでもなくマズイ、、、仕方なく食べたが、 買わなきゃよかった。 (⌐■-■)🙏どうか被害者が増えないように☠

スキ
10

やきとり

遊びだったり、仕事だったりなんどか東京へいった事があるのですが その時にあった事を一つ書いていこうと思います。 私が前職で東京へ行った時の話です。 仕事が終わり、その日は東京の皆さんと食事をすることになっていました。 予約されていた居酒屋へ行く途中にゲリラ豪雨が! その時はゲリラ豪雨というのは初めてで 一瞬であんなすごい量がふるなんてすごいです!(ちょっと楽しかった。) ワーワー言いながら建物に走って雨宿りしたのですが 服も靴もグショグショに濡れて大変だったの覚えてます。

スキ
9

やきとりけいちゃん⑨最終話『飲兵衛エピローグ』

まだ明るいうちから飲む酒は、自堕落な人間になったような気がして少し罪悪感を感じさせる。 だが、その後ろめたさがいつもより酒を旨く感じさせてくれるのも、また事実である。 昼の2時頃、そんな事を考えながら3杯目のホッピーの調合をしていると、入り口の半分閉まったシャッターをくぐって懐かしい顔が入ってきた。 「鳴海さん、お久しぶりです」 「やあ、北野くん久しぶりだね。元気?」 「ええ、おかげさまで。鳴海さんも、お元気そうですね」 河田さんが、薄暗いカウンターの中から声をかけ

スキ
2

みなラジ

雨の中16時前に到着すると行列が出来ていた。紙に書いて注文。テイクアウトするシステムなので実際には何人待ちなのか不明。確認するのも憚られる一目で分かる忙しさ。大フィーバーである。 原因はこれだ。日本テレビ系夜7時からの番組に登場。Tenyテレビ新潟ではCMがガンガン流れている。放送前に食べておこうという新潟ミーハー勢が集結(笑)私もその1人だ(笑)加藤美南ちゃんオススメのお店でもある。 2時間待ちであった。帰宅してスクラッチ特典、美南ちゃんの「Minami's Rep

やきとりけいちゃん⑧『閉店フォーエバー』

遂にこの日がやってきた。 やきとりけいちゃんの最終営業日だ。 勿論飲みに行くつもりではあったが、できれば営業終了のラスト0:00まで店にいてその閉幕を見届けたかった。 なので、他所で軽く一杯飲んでから22:00頃に顔を出そうと思っていたのだが、よくよく考えたら食べたい品が売り切れてしまう可能性が大である事に気がついた。 おそらく今日は、閉店を惜しんだ常連さんが沢山詰めかけるだろうし、今日で最後なのだから仕入れも材料が余らない程度に抑えてあるに違いない。 食べ納めをして

スキ
1
+4

過去現在みらいを統べるやきとり

とりスープのきもち

ヒトに食べられるために改造された鳥は、いったいどんな気分なのだろう 藤子不二雄先生の「ミノタウロスの皿」のようなことを思いながら、マル鷄の骨、二体分を眺めつつ 肉とバラされた「ガラ」と呼ばれる骨群は、そこかしこにまだまだ肉が付いていて それを大きめの鍋に入れ、水をたっぷりと注ぐ そこに塩と酒、それとショウガとネギを加えて、火を入れ あとはひたすらコトコトことこと 最初は、澄んだスープができる 肉をバラしたときにでる無駄な鳥皮も放り込んでいるのも相まって、脂が浮い

スキ
61

やきとりけいちゃん⑦『開店ビフォアー』

「けいちゃーん!」 月曜日、週始めの午後。 買い出しを終え店に向かうけいちゃんを見かけたので、遠くから声をかけた。 年齢のせいもあるだろうが、ずっと立ち仕事を続けていた疲労から足を悪くしていたけいちゃんは、重い荷物を持つとすり足でゆっくりとしか歩けない。 牛歩戦術というやつをTVで見たことがあるが、まさにそんな感じである。 何度か荷物を持ってあげようとしたが、頑として聞き入れなかった。 全く頑固な人である。 「おう、後でな」 「よろしくねー!」 今日はけいちゃん

絵本日記DAY21 デリバリーぶた

たべものを描く絵本のなかでも、加藤休ミさんの作品は最近とくに好き。お名前からどうもカトちゃんを想像してしまうのだけど、北海道出身の絵本作家さんです。 同作者の『きょうのごはん』もよだれが思わずたれてしまいそうな作品ですが、今年の6月にでた『デリバリーぶた』に出てくるメニュウも、とてもとても魅惑的。 加藤さんの絵本をよむ前に、わたしから、ひとつお願いというか、注意を述べておきます。それは、「たべちゃだめ」という状況下にあるかたは、そういうのが終わってからよんでください。たと

スキ
3