田邉 公一 🍷 Wine director

飲と食の様々な可能性を拡げていく活動をしています。|2003年ソムリエ資格取得。2007年ルイーズ・ポメリー ソムリエコンクール優勝。2018年 SAKE DIPLOMA INTERNATIONAL。|獅子座 AB型。Twitter:@tanabe_duvin

田邉 公一 🍷 Wine director

飲と食の様々な可能性を拡げていく活動をしています。|2003年ソムリエ資格取得。2007年ルイーズ・ポメリー ソムリエコンクール優勝。2018年 SAKE DIPLOMA INTERNATIONAL。|獅子座 AB型。Twitter:@tanabe_duvin

    マガジン

    • ワインディレクター

      ワインを始めとするさまざまな飲料と料理の楽しみ方、日々の食事をもっと楽しむためのノウハウを知ることができるnote。経歴20年以上のソムリエが、これまでの経験と今の気づきから、その思考の全てを発信していきます。

    • 月間おすすめベストワイン

      ワインディレクター田邉が厳選しておすすめするワイン🍷 毎月3,500円以下のベスト3〜5アイテムをご紹介致します。

    • 自己啓発マガジン

      自己啓発に関する記事を集めました。

    • 食事の時間をもっと楽しむために

      毎日の食事を豊かに、もっと楽しむために。レストランのソムリエ、ワインスクール講師の立場から、さまざまな提案をさせていただいています。

    • コンビニエンスストアのワインと料理のペアリング術

      コンビニエンスストアで販売されているワインの中からワインディレクター田邉が厳選し、そのワインに相性の良いお料理を同じお店の中から見つけ出し、ご自宅でワインペアリングを存分に楽しんでいただくシリーズ🍷

    最近の記事

    固定された記事

    自己紹介note

    レストランに立ってサーヴする姿がソムリエらしさであるという認識のもとでは、今の私にソムリエらしさはあまり感じられないのかもしれない。なので「ワインディレクター」と名乗ることにした。 「ソムリエ」は知ってるけど、「ワインディレクター」ってなに?って思う人が大半。なのでこれまでと現在の自分の活動、考えていることを、このnoteの場であらためて自己紹介という形でお伝えしたいと思います。 ■これまでの経歴私はかつて、サービスマンの王道を走り、いろいろなスタイルのレストランで経験を

    スキ
    106
      • ポルトガルワインの旅 5 最後の試験に向けて

        北から南へ 研修ツアーもいよいよ4日目の朝。 今日も朝8時30分にバスが出発するということで、7時に起きて軽めの朝食を済ませる。 この日に向かうのは、最初の日に研修を受けたポルト市内にある「Casa do Vinho Verde」。 つまり、ヴィーニョ・ヴェルデの最北端の地から一気に南まで縦断し、ポルトまで戻ることになるため、およそ2時間はバスの中で過ごすことになる。

        スキ
        8
        有料
        150
        • 3,500円以下のおすすめワインベスト1〜3 2022å¹´7月編

          はじめに 当月の1ヶ月間でテイスティングしたワインの中から、個人的見解でベストワインを発表していくシリーズ。 前回の記事で7月度のベスト6〜4をご紹介させていただきました。今回はその続きとしまして、ベスト3〜1を発表してまいります。 実際に私が関わるレストランでオンリストしているアイテムもございますが、なるべく多くの方が手に入れやすいということも考慮して選ばせていただいています。ぜひ今後のワイン選びの参考にしてみてください。 本記事でこれから発表する上位2アイテムに関し

          スキ
          7
          有料
          150
          • 45歳を迎えて

            はじめに 本日、45歳の誕生日を迎えました。 人生100年時代。もし本当に100歳まで生きるのだとしたら、まだ人生折り返し地点にも達していない若造です。 子供の頃に見ていた45歳はとんでもなく大人で、自分がその年になるなんて、当時は想像もできませんでした。 小さい頃は粘土で黙々とゾウを作ったり、風景画をひたすら描いて過ごすような、孤独に一つのことに向き合うことが好きな内向的な子供でした。今でもその時の記憶ははっきりと残っていて、自分の根幹はそこにあると思っています。

            スキ
            20

          マガジン

          マガジンをすべて見る
          • ワインディレクター

            • Â¥580 / 月

            ワインを始めとするさまざまな飲料と料理の楽しみ方、日々の食事をもっと楽しむためのノウハウを知ることができるnote。経歴20年以上のソムリエが、これまでの経験と今の気づきから、その思考の全てを発信していきます。

          • 月間おすすめベストワイン

            • 21本

            ワインディレクター田邉が厳選しておすすめするワイン🍷 毎月3,500円以下のベスト3〜5アイテムをご紹介致します。

          • 自己啓発マガジン

            • 26本

            自己啓発に関する記事を集めました。

          • 食事の時間をもっと楽しむために

            • 53本

            毎日の食事を豊かに、もっと楽しむために。レストランのソムリエ、ワインスクール講師の立場から、さまざまな提案をさせていただいています。

          • コンビニエンスストアのワインと料理のペアリング術

            • 21本

            コンビニエンスストアで販売されているワインの中からワインディレクター田邉が厳選し、そのワインに相性の良いお料理を同じお店の中から見つけ出し、ご自宅でワインペアリングを存分に楽しんでいただくシリーズ🍷

          • 南アフリカワインマガジン

            • 10本

            南アフリカワインに関する記事に特化したマガジン。おすすめの南アフリカワインと料理とのペアリングのコツを知ることができます。

          • カルディのワインと料理のペアリング

            • 8本

            カルディでおすすめのワインを田邉的見解からおすすめ致します。ワインに合うカルディの食材を使用した料理とともに、贅沢なひと時をお過ごしください。

          • ワインテイスティングノート LEVEL 1

            • 20本
            • Â¥1,500

            ワインをもっと楽しんでいただくためのテイスティングコメントをお届け致します。ティスティング力の向上、コメント力のアップ、料理とのペリング、ワイン選びにもお役立てください。

          • テイスティングノート プレミアム

            • 15本
            • Â¥1,200

            ワインを中心としたテイスティングコメントの記事を集めました。こちらでは比較的ハイレンジのアイテムをコメントしています。*今後も記事を追加予定。

          • ワインテイスティングノート LEVEL 2

            • 28本
            • Â¥1,580

            ワインをもっと楽しんでいただくための、テイスティングコメントをお届け致します。ティスティング能力の向上、コメント力のアップ、料理とのペリング、ワイン選びにもお役立てください。

          • ワインディレクター

            • Â¥580 / 月

            ワインを始めとするさまざまな飲料と料理の楽しみ方、日々の食事をもっと楽しむためのノウハウを知ることができるnote。経歴20年以上のソムリエが、これまでの経験と今の気づきから、その思考の全てを発信していきます。

          • 月間おすすめベストワイン

            • 21本

            ワインディレクター田邉が厳選しておすすめするワイン🍷 毎月3,500円以下のベスト3〜5アイテムをご紹介致します。

          • 自己啓発マガジン

            • 26本

            自己啓発に関する記事を集めました。

          • 食事の時間をもっと楽しむために

            • 53本

            毎日の食事を豊かに、もっと楽しむために。レストランのソムリエ、ワインスクール講師の立場から、さまざまな提案をさせていただいています。

          • コンビニエンスストアのワインと料理のペアリング術

            • 21本

            コンビニエンスストアで販売されているワインの中からワインディレクター田邉が厳選し、そのワインに相性の良いお料理を同じお店の中から見つけ出し、ご自宅でワインペアリングを存分に楽しんでいただくシリーズ🍷

          • 南アフリカワインマガジン

            • 10本

            南アフリカワインに関する記事に特化したマガジン。おすすめの南アフリカワインと料理とのペアリングのコツを知ることができます。

          • カルディのワインと料理のペアリング

            • 8本

            カルディでおすすめのワインを田邉的見解からおすすめ致します。ワインに合うカルディの食材を使用した料理とともに、贅沢なひと時をお過ごしください。

          • ワインテイスティングノート LEVEL 1

            • 20本
            • Â¥1,500

            ワインをもっと楽しんでいただくためのテイスティングコメントをお届け致します。ティスティング力の向上、コメント力のアップ、料理とのペリング、ワイン選びにもお役立てください。

          • テイスティングノート プレミアム

            • 15本
            • Â¥1,200

            ワインを中心としたテイスティングコメントの記事を集めました。こちらでは比較的ハイレンジのアイテムをコメントしています。*今後も記事を追加予定。

          • ワインテイスティングノート LEVEL 2

            • 28本
            • Â¥1,580

            ワインをもっと楽しんでいただくための、テイスティングコメントをお届け致します。ティスティング能力の向上、コメント力のアップ、料理とのペリング、ワイン選びにもお役立てください。

          記事

          記事をすべて見る
            • ポルトガルワインの旅 4 ロウレイロ・アルバリーニョの真骨頂

              華やかでフローラルなアロマ 「ロウレイロ」の魅力 午前中のセミナーを終えて次に向かうワイナリーは「Quinta Ameal」 我々を乗せたバスは、ヴィーニョ・ヴェルデをさらに北上していく。 こちらのワイナリーは、サブリージョンの「リマ」に存在し、地図で見ていただくとわかるように、この地方の中でもかなり北に位置している。

              スキ
              10
              有料
              150
              • 3,500円以下のおすすめワインベスト4〜6 2022å¹´7月編

                はじめに 当月の1ヶ月間でテイスティングした数々のワインの中から、完全に個人的見解でベストワインを発表していくこちらのシリーズ。 「3,500円以下で購入できるワイン」をルールとして、今回は合計6アイテムを厳選して2回に分けてご紹介致します。 通常は毎月3〜5本を選んでご紹介しているのですが、7月は6月と同様にテイスティングした本数が非常に多く、絞りきれずに6本をご紹介する形としました。 Part 1となる今回は、ベスト6〜4までの3本をご紹介致します。 なるべく多く

                スキ
                9
                有料
                100
                • ポルトガルワインの旅 3 ワインホテルへ

                  ワインホテル到着 ランチを終えて次に向かうのは「Monverde Wine Hotel」。 ワインホテルはボルドーにもあることで有名ですが、果たして今回はどんな雰囲気なのか?事前にスケジュール表を見た時から気になっていました。 バスで北へ走ること1時間。当初は16:30にチェックイン予定でしたが、ランチの時間が押してしまい到着したのは予定時間よりずいぶん後に。 バスから降りると正面にはこちらの建物が。階段には綺麗に鉢植えが並べられている。 まずは階段を登ってエントラン

                  スキ
                  8
                  有料
                  150
                  • ポルトガルワインの旅 2 研修ツアースタート

                    シェラトンでの朝食 2日目の朝。7時にタイマーが鳴り無事に起床。 一階フロアに移動し、シェラトンの豪華な朝食をゆっくりといただく。一流ホテルの朝食はやはりとても豪華で、かつて勤務していたリッツ・カールトンホテルの朝食を彷彿とさせる品揃え。 特に気になったのはフレッシュフルーツの充実度。キウイやスイカ、パイナップルがたっぷりと用意されています。

                    スキ
                    17
                    有料
                    150
                    • ポルトガルワインの旅 1 ポルトの街へ

                      はじめに 昨夜ポルトガルから無事帰国しました。 これまでにヨーロッパの国々はいろいろと旅してまいりましたが、ポルトガルは初訪問。昨今の状況により海外渡航も2年半ぶり。 現地滞在中にSNSでの発信はさせていただきましたが、まだまだお伝えしきれないことがたくさんありますので、この旅の記憶をnoteに残したいと考え、今回の記事が出来上がりました。 本記事より何回かにわけてシリーズでお伝えしていきたいと思います。   ヴィーニョ・ヴェルデ 「緑のワイン」産地への招待

                      スキ
                      22
                      有料
                      100
                      • セブンイレブンで発見した白ワイン

                        はじめに 最後にコンビニエンスストアのワインと料理のペアリングシリーズを発表してから久しく時間が経ち、もうしばらくは新たな発表はないかなと考え始めた矢先、近所のセブンイレブンでこれまでには見なかったワインを発見。 そのワインの生産者は昔からよく知っていて、かつて務めていたレストランで、パーティーイベントの乾杯用として同ワイナリーのスパークリングワインをお出しした経験がありました。

                        スキ
                        9
                        有料
                        150
                        • 南アフリカワインと料理のペアリング解説 同じブドウ品種に4皿の料理をペアリング

                          はじめに 南アフリカワイン専門のワインショップ「アフリカー」がオープンした、南アフリカワインと料理のペアリングに特化したレストラン「ヘルマナス714」。 こちらのお店は、南アフリカワインそれぞれから発想したお料理をペアリングするという、他ではなかなか類を見ることがないワインレストラン。 今回また新たなワインペアリングコースがスタートするということで、その内容を特別公開し、それぞれのワインと料理のペアリングのポイントについて、詳しく解説をさせていただきたいと思います。 南

                          スキ
                          8
                          有料
                          250
                          • 3,500円以下のおすすめワインベスト7 〜2022å¹´6月編〜 Part2

                            はじめに 当月の1ヶ月間でテイスティングしたワインの中から、個人的見解でベストワインを発表していくシリーズ。 前回の記事で6月度のベスト7〜4をご紹介させていただきましたが、今回はその続きとして、ベスト3〜1を発表致します。 基本的な考え方として、「3,500円以下で購入できるワイン」をルールに毎月選んでいますが、結果的に今回はベスト7を除いた6アイテムは全て3,000円以下となりました。 実際に私が関わるレストランでオンリストしているアイテムもございますが、なるべく多

                            スキ
                            8
                            有料
                            150
                            • 3,500円以下のおすすめワインベスト7 〜2022å¹´6月編〜 Part 1

                              はじめに 当月の1ヶ月間でテイスティングした数々のワインの中から、完全に個人的見解でベストワインを発表していくこのシリーズ。 「3,500円以下で購入できるワイン」をルールとして、今回は3アイテムを厳選してご紹介致します。 いつもは毎月3〜5本を選んでご紹介しているのですが、今月はいつもにも増してテイスティングした本数が多く、その数に絞りきれずに7本をご紹介する形としました。 Part1となる今回は、ベスト7〜4までの4本をご紹介致します。 レトランの現場で料理と合わ

                              スキ
                              6
                              有料
                              150
                              • オレンジワインと料理 ペアリングのコツ 〜カルディ編〜

                                はじめにカルディは1,000円前後で買えるワインが多数そろい、家飲みやホームパーティーに持参するワインを選ぶ時にとてもおすすめです。それらのワインに相性の良いフードメニューも豊富に存在するのが嬉しい。 今注目の産地や品種のアイテムもあり、ワインを体系的に勉強している方でしたらさらに楽しめること間違いなしです。 リーズナブルな価格帯だからこそ少しフォーマルに、こだわった楽しみ方をすることで、その価値をもっと引き上げることができる。ワインや料理、その合わせ方を知ることは、食事

                                スキ
                                13
                                有料
                                150
                                • ギリシャのおすすめ白ワインのテイスティングコメントと品種個性 ワインペアリングのコツ

                                  はじめに 今回は久しぶりにワインのテイスティングコメントシリーズの続編をお届けします。 外観、香り、味わいのコメントのみでなく、サービス方法や料理とのペアリングについて、ブラインドテイスティングでそのブドウ品種の個性を見抜く方法についても詳しく解説していきます。 ソムリエ・ワインエキスパート試験、ブラインドテイスティングコンテスト等にチャレンジされる方にも最適な内容となっていますので、よろしければご覧いただければと思います。 *過去の記事を一つにまとめたマガジンもありま

                                  スキ
                                  11
                                  有料
                                  200
                                  • カルディワインの選び方

                                    はじめに 今回はカルディのワインと料理のペアリングシリーズの続編をお届けいたします。 1,000円ほどで購入できるワイン。この価格帯でどれだけクオリティの高いワインを発見できるかは、昔から常に課題の一つとしてきました。 ワイン単体のクオリティに関してももちろんそうですが、この価格帯で重要となるのが、一緒に合わせる料理との相性と楽しみ方。 低価格帯であるからこそ、少しフォーマルな楽しみ方をすることで、その価値を価格以上に引き上げることができます。

                                    スキ
                                    12
                                    有料
                                    200