べてるねっと.note

53

いま改めて振り返る、当事者研究の理念vol.6 「100人100通りの働き方」~サイボウズの組織づくりと当事者研究~

サイボウズ × 浦河べてるの家

浦河べてるの家のオンライン企画、第6弾!

コロナ禍のなか、オンラインを活用したミーティングや当事者研究など、べてるでも様々な取り組みを行なってきました。
全国に講演に行けない昨今、オンラインを活用してなにかできないか考え、今回は当事者研究を柱に一つのシリーズとしたウェブセミナーを企画しました。
このシリーズではゲストも交えながら、浦河で当事者研究が始まった歴史や

もっとみる
ありがとうございます!
7

浦河の合同避難訓練

社会福祉法人浦河べてるの家は、十勝沖で地震と津波が発生したことを想定して、浦河警察署と連携して災害訓練を行いました。

この訓練は、政府が浦河町で今後30年以内に69パーセントの確率で震度6弱以上の地震が発生すると発表したことを受けて、十勝沖でマグニチュード7.1の地震が発生し、津波警報が出されたという想定で行われました。

訓練には、浦河警察署の署員やべてるのメンバー・スタッフなど42名が参加し

もっとみる
ありがとうございます!
7

道端のタンポポ

今年の浦河の冬は、観測史上最高の積雪でしたが、厳しい冬の時期を乗り越えて、今は道端にタンポポの群れが可愛らしく咲いています。

いい天気のなか、ニューべてる前の喫煙スペースで休憩する仲間たち。
仕事を終えたあとのみんなの表情、最高です。

Photo : Mana

---------------------------

べてるストア(べてるの日高昆布、いちご製品、本、グッズなど)はこちら

ありがとうございます!
11

21年5月「 カフェぶらぶら」にて

「浦河べてるの家」が運営する北海道・浦河町のカフェぶらぶらで撮影した動画です。

和田さんがいれたコーヒーを伊藤さんが啜っています。

カフェは新型コロナで営業休止中ですが、21年の秋頃の営業再開を目指しています。

どうそよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!
14

浦河町のおばけ桜

べてるのある北海道浦河町の最近の隠れた名所に「おばけ桜」があります

これは、浦河町の「うらかわ優駿ビレッジAERU」がある西舎地区にある、幹の太い、文字通りの大きな桜の木です。

樹齢80年、高さは16メートルもある、道内で最も大きい桜だそうです。

この桜の木はJRAの育成センターの敷地内にあり、地元では数年前から口コミで噂広まって、昨年から一般公開する予定でしたが、新型コロナウイルス感染防止

もっとみる
ありがとうございます!
15

「当事者研究の源流をたずねて~博進堂における一人一研究のあゆみ~」

「博進堂(新潟)とべてるとの出会い」

向谷地 生良(浦河べてるの家)
                           
べてるが、「研究」というキーワードを手に入れるきっかけになったのは、新潟の地域おこしアドバイザーをされていた清水義晴さん(元博進堂代表取締役)との出会い(1990年)からです。1983年秋に、日高昆布の袋詰めの下請け作業を起業の一環としてはじめ、翌年の4月に「浦河べてるの

もっとみる
ありがとうございます!
12

いま改めて振り返る、当事者研究の理念vol.5

べてるプレゼンツ
いま改めて振り返る、当事者研究の理念vol.5
「当事者研究の源流をたずねて~博進堂における一人一研究のあゆみ~」
 博進堂 × 浦河べてるの家

浦河べてるの家のオンライン企画、第5弾!
コロナ禍のなか、オンラインを活用したミーティングや当事者研究など、べてるでも様々な取り組みを行なってきました。
全国に講演に行けない昨今、オンラインを活用してなにかできないか考え、今回は当事者

もっとみる
ありがとうございます!
8

いま改めて振り返る、当事者研究の理念vol.4  「組織が変わる〜当事者研究の“主観・反転”の発想〜」 宇田川 元一 氏×向谷地 生良 氏

浦河べてるの家のオンライン企画、第4弾!
コロナ禍のなか、オンラインを活用したミーティングや当事者研究など、べてるでも様々な取り組みを行なってきました。
全国に講演に行けない昨今、オンラインを活用してなにかできないか考え、今回は当事者研究を柱に一つのシリーズとしたウェブセミナーを企画しました。
このシリーズではゲストも交えながら、浦河で当事者研究始まった歴史や、当事者研究の15の理念、当事者研究に

もっとみる
ありがとうございます!
7

【NHK-Eテレ 3/11 木 20時 放送】「バリバラ的ニューノーマルのすすめ」



新型コロナウイルスの感染拡大が続く日本。
コロナ禍での新しい生活様式「ニューノーマル」がさかんに呼びかけられている。
しかし、ヘルパーを必要とする人たちや幻覚・妄想に悩まされる人たちを取材すると、「3密」を避けることの困難も見えてきた。
外出を控える生活の中で、障害の程度が重くなったり、精神のバランスを崩しやすくなったりしているのだ。
バリバラでは、あらためて「ニューノーマル」のありかたを考え

もっとみる
ありがとうございます!
15

いま改めて振り返る、当事者研究の理念vol.3 「経験は宝〜そう思わないとやってられない〜」 雨宮 処凛 氏 × 向谷地 生良 氏

浦河べてるの家のオンライン企画、第3弾!
コロナ禍のなか、オンラインを活用したミーティングや当事者研究など、べてるでも様々な取り組みを行なってきました。
全国に講演に行けない昨今、オンラインを活用してなにかできないか考え、今回は当事者研究を柱に一つのシリーズとしたウェブセミナーを企画しました。
このシリーズではゲストも交えながら、浦河で当事者研究始まった歴史や、当事者研究の15の理念、当事者研究に

もっとみる
ありがとうございます!
18