べてるの家

べてるの家のメールマガジン「ホップステップだうん!」 Vol.230
+9

べてるの家のメールマガジン「ホップステップだうん!」 Vol.230

・巻頭写真(写真・文/江連麻紀) ・オンラインマガジン限定動画「いきあたりバッチリ!」Vol.8 ・伊藤知之の「50代も全力疾走」 第26回「浦河町総合芸術祭」 ・べてるまつり in 浦河 2020 午前の部 ダイジェスト ・福祉職のための<経営学> 092 向谷地宣明 「羊をめぐる冒険」 ・ぱぴぷぺぽ通信 すずきゆうこ 「虫干し」 月に一度の「オンライン子育て当事者研究会」には全国各地の子育てをしている仲間たちが集まります。 今月の子育て当事者研究会では中学生の子どもと

スキ
4
有料
150
だしだしセット (限定版)
+1

だしだしセット (限定版)

べてるの家がはじめて作った記念すべき昆布商品「だしパック」 パックへ昆布の詰め方や商品の入れ方など、みんなで研究をして製品が誕生した歴史のある商品です。  昆布だしを手軽にとることのできる「だしパック」と、カツオとアジの粉末をブレンドし、美味しさを追求した「いいだし」を、遮光性や防湿性に優れたクラフト密閉容器に入れました。  手軽においしいお出汁を作ることのできるセットをべてるのメンバーがデザインしたこのセットだけの特別なシールを貼ってお届けします。 内容量 「だし

スキ
7
【雑記】生きることへの戸惑い

【雑記】生きることへの戸惑い

私たちが問われていることは「どの悩みを生きるのか」という苦労の選択だと考えるからである (引用 『べてるの家の「当事者研究」』) 一ヶ月ほど前に、自宅の暗闇の中でつけたたくさんのほそい傷は、もううすくなってほとんど見えなくなっている。 もっと私が強ければ、寛容であれば、母を殺そうなんて思わず、それができない代わりに自分を傷つけることはしなかったのだろうか。 母を在宅介護することなく認知症がわかった時点でホームに送り出し、私はなにも変わらずに仕事を続け東京で暮らしていたな

スキ
11
第29回 べてるまつり in 浦河
+1

第29回 べてるまつり in 浦河

今年もオンライン開催!いつも、べてるの家の取り組みと浦河における精神保健福祉活動を応援いただきありがとうございます。 昨年の年明けに、突如として広がった今まで経験したことのない自然災害である新型コロナ禍を前に、世界の人々の暮らしの風景は一変し、いままで当たり前だと思っていたこと根底から覆され、「正しさ」や「常識」が反転し、べてるも今までの事業スタイル(各地での講演、対面販売、人的交流)の継続が困難となっています。さらには、長期化するこの度の災害は私たちの中に「コロナ疲れ」を

スキ
7
べてるの家のメールマガジン「ホップステップだうん!」 Vol.229
+3

べてるの家のメールマガジン「ホップステップだうん!」 Vol.229

・巻頭写真(写真・文/江連麻紀) ・オンラインマガジン限定動画「いきあたりバッチリ!」Vol.7 ・「マイノリティのエンパワメントについて私感」 宮西勝子 ・ありす便り ・福祉職のための<経営学> 091 向谷地宣明 「システム世界 / 生活世界」 ・ぱぴぷぺぽ通信 すずきゆうこ 「話せるアメ」 毎年秋になると紅葉狩りやみんなでお出かけすることが多いべてるですが、今年は全体のお出かけはありません。 そうした中、月に一度46円均一のセールをしている浦河町のスーパーにメンバー

スキ
6
有料
150
第18回 当事者研究全国交流集会 北海道大会

第18回 当事者研究全国交流集会 北海道大会

「コロナ禍における当事者研究の形と広がり~いつでも どこでも いつまでも 誰とでも~」オンライン開催! 皆さん、いかがお過ごしですか コロナ禍にあって、皆さんの暮らしも大きな影響を受けているのではないかと思います。私たちも幾多の地震、津波、豪雨などの自然災害をいろいろと経験しそれを乗り越えてきました。しかし、長期化するコロナ禍にあって、私たちはいままで体験したことのない試練に直面し、今までの当たり前が有用せず、さまざまなことがリセットを余儀なくされる中で、前例にとらわれない

スキ
8
べてるの家のメールマガジン「ホップステップだうん!」 Vol.228
+19

べてるの家のメールマガジン「ホップステップだうん!」 Vol.228

・巻頭写真 「佐々木實さん」(写真・文/江連麻紀) ・佐々木實さん告別式 向谷地生良さんのあいさつ ・佐々木實さんの略歴と足跡 ・伊藤知之の「50代も全力疾走」 第25回 ・福祉職のための<経営学> 090 向谷地宣明 「地の塩」 ・ぱぴぷぺぽ通信 すずきゆうこ 「ありがとう 佐々木社長」 巻頭写真「佐々木實さん」(写真・文/江連麻紀) 1978年、7年間の入院生活ののち浦河赤十字病院精神科病棟を退院され、退院祝いの焼肉屋さんで「これから自分たちはこの町でいったいどうやっ

スキ
18
有料
150
べてるの家のメールマガジン「ホップステップだうん!」 Vol.227
+3

べてるの家のメールマガジン「ホップステップだうん!」 Vol.227

・巻頭写真 「おけいちゃん」(写真・文/江連麻紀) ・限定配信動画「いきあたりバッチリ!」Vol.6  MC 和田智子  出演 向谷地生良 伊藤知之 ・伊藤知之の「50代も全力疾走」 第24回「猛暑!でしたね」 ・ありす便り ・福祉職のための<経営学> 088 向谷地宣明 「三度の飯よりミーティング」 ・ぱぴぷぺぽ通信 すずきゆうこ 「べてるの本のお得意様は・・・」 コロナ前はお昼ご飯のときにおけいちゃん食堂に集まっていましたが、今は各分散通所で食事をすることになりました。

スキ
7
有料
150
いま改めて振り返る、当事者研究の理念vol.9「“なさ親”座談会〜なさけない親たちの家族当事者研究〜」

いま改めて振り返る、当事者研究の理念vol.9「“なさ親”座談会〜なさけない親たちの家族当事者研究〜」

出演:江連麻紀 × 内田梓 × 笹渕乃梨 × 向谷地生良 今年で20年を迎える「当事者研究」ですが、さまざまな領域に広がりを見せる中で、いま一番ホットで勢いを感じるのが、「家族」の分野です。先日のニュースでも子供の虐待の通報件数が20万件を越えたという報道がありましたが、「家族」には、命を生み出し、人を育む場であり、それ故に、夢や希望ばかりではなく、さまざまな苦労が渦巻く場でもあります 。 このたびは、まさしく「人生の学校」とも言える家族の中で、「子育て」「親子関係」「夫婦

スキ
8
べてるの情報誌 べてるもんど vol.19が発行されました

べてるの情報誌 べてるもんど vol.19が発行されました

べてるもんどvol.19(2021夏号) 550円(税込)※こちらの商品は書籍版です。 ・特集 べてるまつり2020 ・オンラインべてるまつり2020「弱さの研究」 ・講演会ゲスト 高橋源一郎 ・べてる通信ぱぴぷぺぽ すずきゆうこ ・続 技法以前 向谷地生良 ・連載 フォスターからみた社会 白井千晶 他 今号より製作費高騰のため料金の見直しを行いました。 これからもべてるもんどをよろしくお願いいたします。 ○書籍版のお求めはこちらから○ダウンロード版のお求めはこちら

スキ
6