マガジンのカバー画像

社会派ミステリー小説『PHASE』関連マガジン

6
失踪した弟を捜して、独自に調べを入れはじめた姉の絵梨は、相転移計画と呼ばれるあるカルト教団の目論見を知るが、Jと名乗る謎の男との接触によって、やがて想像だにしなかった熾烈な攻防戦… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事
📚【出版】社会派ミステリー小説『PHASE』紙の本のご案内 (電子書籍は kindle unlimited 対象。⚠️この記事の後半は、フィクションの意義と思考停止の脅威についての話)

📚【出版】社会派ミステリー小説『PHASE』紙の本のご案内 (電子書籍は kindle unlimited 対象。⚠️この記事の後半は、フィクションの意義と思考停止の脅威についての話)

【内容紹介】

この作品『PHASE』は、2012年に文芸社から出版した過去作品(文庫本)を、上下巻に二分冊して加筆修正した社会派のミステリー小説ですが、今回一番の違いは、単行本(正確にはA5)にサイズアップした点です。老眼世代の方々から、文庫本の文字サイズでは読みづらいという指摘が複数あったもので(^_^;) (私自身はというと、元々が近視の乱視なので、近付きさえすれば小さい文字でも難なく読める

もっとみる
【小説】 📖謎の男との遭遇(試し読み1:社会派ミステリー小説『PHASE』より)

【小説】 📖謎の男との遭遇(試し読み1:社会派ミステリー小説『PHASE』より)

【 プロローグ 】 大気が冷たく押し黙る夜、暗い道の先で街灯が不規則に明滅していた。闇を瞬くその蒼白い光に目を奪われながら、牧野典之は、埼玉市内の人気のない一角を歩いていた。空を見上げると、日々輪郭を変え、見る度違った相を覗かせる天上の月が、今日は分厚い灰色の雲に覆われ姿を隠してしまっている。
 調べものに没頭して帰りが遅くなったというのに、これという収穫を得られなかった不毛な一日を振り返って、典

もっとみる
【小説】📖安全神話が崩れるとき(試し読み2 :社会派ミステリー小説『PHASE』より)

【小説】📖安全神話が崩れるとき(試し読み2 :社会派ミステリー小説『PHASE』より)

※前話(プロローグと第一章の一部)をご覧いただける試し読み1はこちら

「安全神話の崩れるとき」 週末を待たずに仕事を早めに切り上げて、絵梨は埼玉郊外にある教団の総本部に向かった。教団施設まではタクシーを拾わなくてはならない距離だが、一応に最寄りと言える駅に降り立ったとき、付近で布教活動に励んでいる信者たちの姿が目に留まった。一枚の布に穴をあけて首を突っ込んだだけのような、シンプルな薄紫色の装束を

もっとみる
【小説】 📚社会派ミステリー小説「PHASE」からの切り抜き紹介(心の隙間編)

【小説】 📚社会派ミステリー小説「PHASE」からの切り抜き紹介(心の隙間編)

※プロローグと第一章の一部をご覧いただける試し読みの記事はこちら▼

【切り抜き紹介】

--- 行動理由 ---

◆「弟がいたんだ。生まれつき体が弱くて病気がちで、ちょうど彼ぐらいの歳のときに先立ってしまったんだけどね。あの子を見ていると、弟を思い出すよ」

 煙草を吹かすような仕草で、一度ふうっと宙に息を吹き出してから、Aは続けた。

「大学進学を諦めるときにも、仕事で身を粉にして稼ぐときに

もっとみる
📚【小説】社会派ミステリー小説「PHASE」切り抜き紹介(心の闇編)

📚【小説】社会派ミステリー小説「PHASE」切り抜き紹介(心の闇編)

※切り抜き紹介①はこちら

【切り抜き紹介】

--- 疎 外 ---

◆「あなた…、あの教団で一体何をするつもりなの? どこに向かおうとしているの?」

 門の外からでも伝わってきた教団の不穏な雰囲気を思い起こして、美紀子が言った。

「また人を騙したり陥れたりする仕事? あなた、あの教団に入ってからそんなことばかり……。彼等があなたを変えたのよ。以前はそんな人じゃなかったのに。彼等が、あの教

もっとみる
出版作の案内 & サイトマップ

出版作の案内 & サイトマップ

〚 著者プロフィール 〛2007年、二人のサッカー少年を主人公にした純文学系小説『クルイロ~翼~』でデビュー(文芸社)。芸術心理学の観点から、スポーツ芸術としてのサッカーを描きつつ、密接な共依存関係の光と闇に着目した 異色の友情物語に仕上げている。

2012年、同出版社より、謎が謎を呼ぶカルト教団との攻防戦を縦軸に、人間心理や社会の闇に斬り込んだ社会派ミステリー小説『PHASE』を出版。2016

もっとみる