06 キャパ日本滞在 焼津~関西旅行

今回は特別一番最後まで当分無料で読めます。

ロバート・キャパ最期の日 4月17日~26日
17日 カメラ毎日対談 キャパ自分を語る パリに住む ロバート・キャパ誕生 崩れ落ちる兵士 ゲルダの死 19日焼津  20日関西にゆく 
21日奈良 22日大阪四天王寺 23日京都 24日尼崎 25日大阪場 
26日大阪

4月17日 土曜日 午後
キャパ は熱海から東京に戻るその日の午後、
ふたたび浅草に

もっとみる
スキが好き!  好き?
1

冥竜探偵かく語りき~生体迷宮停滞事件~ 第ニ十四話 #DDDVM

「ほらあれ、見えないかしら」
「み、見えません」
「溝……かね?」

シャンティカ君が指差す方向は天井。そこにはネズミの掘った水路の様な溝が見受けられる。私はワトリア君の眼鏡にひと工夫かけて彼女にも溝が視認できるようにしてみた。

「あっ、見えます見えました。確かに天井にちっちゃな溝が……」
「まずね、あの玉……多分心臓なんだろうけど、あれって真正面から酸をかけられた溶け方じゃないのよね」
「とい

もっとみる
大凶:大太刀「奈落」
11

アルライター殺人事件「タコ焼きなくなった」事件編

ある時、みじんこが原稿をもって出社すると、タコ焼き器が置かれていました。

でも全部食べられていたのです。みじんこの分は残っていません。

キッチンに行ったら、なんと無残な姿になった、、、が発見されました。

名探偵みじんこは関係者に聞き取りを始めます。

事件当日のアリバイも調べました。

アリバイがなかったのは、この3人。

言い訳を聞いてやりました。

そういえば、タコ焼き器の近くにダイイン

もっとみる
かみしめるありがたみ
13

目覚める森の美女 第三話

身体が強く揺れた事で、有馬如華(ありまじょか)は目を覚ました。

重たい瞼の隙間からゆっくりと辺りを見回したが、目の前は真っ暗で何も見えなかった。地面からはゴトゴトと言う音が不規則に聞こえ、小刻みに揺れている。
ふと、古い紙の匂いが彼女の鼻を突いた。頬にへばりつく紙の感触から察するに、古い雑誌を枕に寝ていたらしい。渇ききった喉と口の中に広がる独特な味から、酒か大麻をやり過ぎたのだろうと如華は思った

もっとみる

セックス、トラック&ロックンロール・女は赤羽の奴隷か!…3

アタシは違うアルバムをセレクトしようと丸椅子から腰を上げLPが並ぶ棚の方へ向かいかけたところでふと尿意を感じ、店内から住居エリアを隔てるドアを開いてトイレへ入った。下ろしっぱなしの便座へ腰かけると前日から履きっぱなしのデニムとショーツをズルズル下げた。アソコからプーンって蒸れた牝臭が鼻腔に届いた。その香りに釣られて下腹が緩んだ途端一気呵成に放尿が迸った。遠慮会釈ないオシッコだったけれど、それも永遠

もっとみる
ありがとうございます!
2

セックス、トラック&ロックンロール・女は赤羽の奴隷か!…2

〝そーか、そういうショバなんだぁ〟

 と、見るからにヤンキー崩れって感じの中途半端なリーマン風スタイルの若い男がボーイッシュへと接近していった。それに気づいたボーイッシュはハッと目を伏せるとすぐ傍らにある女子トイレへとまるで逃げるように姿を隠した。気勢をそがれたヤンキー崩れは人目を気にしたのかそれとなく方向転換して右隣にある男性用トイレへと入って行った。
 
 第一幕終了。幕間……。

 アタシ

もっとみる
今後とも宜しくお願い致します♪
2

【連載小説】ナクシモノ(2)

一日目

自己紹介も軽く済ませ、いよいよ授業が始まる。3人しかいないこの教室でどんな授業をするのか少し不安だった。

そもそも受験はどうするのか、この2人は何を学んでいるのか。珍しく、人に興味を持たない僕が二人のことを知りたいと思った。

そんなことを考えながら、1時間目の授業が始まった。国語の授業だった。小説の読解を進めるらしい。

「なくしたものたちの国」

読書好きな私だったが、この小説は知

もっとみる
お読みいただきありがとうございます。今後ともよろしくお願いします
7

人生と物事の価値観を根底から揺るがしたあの日――情報化社会の闇を描いた長編ミステリー小説「境界線」中山七里

鵠沼駿と五代友則それぞれの関係者への事情聴取を行ったが、ふたりの決定的な接点も有力な犯行の手がかりも、笘篠刑事は見つけることができなかった。それどころか、話を訊けば訊くほど鵠沼が犯行に及ぶ人間像からは遠く感じられるほどであった。しかし、鑑識を進めていた両角より、鵠沼がキズナ会の事務所に残していたジャケットから検出された土が、真希竜弥が殺害された現場の土の成分と一致したとの報告を受け、事態は一変する

もっとみる
よかったら記事のシェアもお願いいたします!
7

彼女らは雪の迷宮に 第6回

やいやい(菅谷弥生)

00:00 | 00:30

芦辺拓原作の長編ミステリー『彼女らは雪の迷宮に』の第6回目の朗読です。
4人目の人物が登場!!
役者が段々揃ってきましたよ♪

第1回目の朗読から聴きたい方はコチラ↓↓
https://note.com/yaiyai8181/m/m2967a2cba858

■音楽素材
ポケットサウンド https://pocket-se.info/

I love you❤️
3

冥竜探偵かく語りき~生体迷宮停滞事件~ 第ニ十三話 #DDDVM

「はい、私の方はお手上げ。ワトリアはどう?」
「もうさっぱりさっぱりです……魔術専攻であればまたもっとアイデアが浮かぶかもしれないですが、私医学科でして」
「お気になさらず。我々調査隊だけで解決できるのであれば、シャール殿にはお声がけされていなかったでしょうから」
「そうそう、考えるのはシャールにまかせて、私達はちょっとでも手がかりを見つけることに専念しましょう」

彼らのやり取りに思わず声を伏せ

もっとみる
吉:カタナ
19