47キャラバン

私と社長の接点|47キャラバン#20@鳥取

はじめに

ポケットマルシェ事業開発チームの権藤です。

昨年10月、「REIWA47キャラバン」と題する全国行脚の一環で、社長と鳥取県を訪問した。今回は、キャラバン20県目の鳥取編のレポートである。

▼「REIWA47キャラバン」について

ポケットマルシェCEOの高橋博之は、全国を行脚し、これまでに700回以上の車座を開催し、生産者・消費者の声を聞いてきた。東日本大震災から10年の節目を迎え

もっとみる

豊かさを作るもの|47キャラバン#32@富山

はじめに

ポケットマルシェに今年の7月に入社して早半年。
はじめまして!開発チームのへみんと申します。
人生初のnoteは、REIWA 47キャラバン富山県編(以下「富山キャラバン」という)のレポートです。

そもそもREIWA 47キャラバンとは?
東日本大震災から10年の節目を迎える2021年3月11日までに、弊社代表の高橋博之が47都道府県を行脚し、現地参加者との対話を通じて「生産者と消費

もっとみる

楽しんでますか?|47キャラバン#31@石川

初めまして。大学4年生ゆきこと申します!
文章を書くことがポンコツな私ですが、頑張って日本語と向き合いました(笑)
宜しくお願いします:)

→キャラバン??というあなた!こちらをご覧ください。
https://47caravan.com

そして重要人物です。高橋博之さん!!!(右)

高橋博之さん
1974年に岩手県花巻市に生まれる。青山学院大学卒業。その後、29歳で帰郷し、政治家を経て、事業

もっとみる

魂の指揮官は楽しいことが大好き|47キャラバン#30@青森

2020年12月10日から11日まで、高橋博之さんが企画されている【REIWA47キャラバン】に同行し、青森に行ってきました。

東日本大震災をきっかけに、食べものつきの情報誌「食べる通信」を創刊し、生産者と直接やり取りをしながら旬の食材を買えるプラットフォーム「ポケットマルシェ」を立ち上げた高橋博之さん。東日本大震災から10年の節目を迎える来年の3.11に向けて、改めて人間とは何かを問うために4

もっとみる
コップンカップ!
16

出会いによってわたしを育てる。|47キャラバン#29@北海道

さてさて、ポケットマルシェで働いて半年。ついに生産者さんの元を訪れる機会がやってきました。その名もREIWA47キャラバン!

今年の夏、岩手県沿岸250キロ踏破から始まったこのキャラバン。

弊社社長(以下「博之さん」と呼ぶ)が、名前のとおり47都道府県を行脚しています。各地各地で生産者と消費者と語り合う場を設けながら。

で、社員もそのどこかに同行してもいいよ!というお触れが出たので北海道キャ

もっとみる
わーうれしい!!これからよろしくお願いします♪
15

「ちゃんとする」ってなんだろう|47キャラバン#29@北海道

REIWA47キャラバンとは
東日本大震災をきっかけに生産者と消費者のつながりが重要だと東北食べる通信を始め、生産者と消費者が直接やりとりができる産直SNS「ポケットマルシェ」を立ち上げた高橋博之さんが参加者の心に語りかけ、全国を行脚する「REIWA47キャラバン」。
車座という毎朝オンラインのZoomで朝6時から8時までの2時間話してくださる会があり、生産者や大学生、消費者などが20人ほどが集ま

もっとみる

都市と地方をかき混ぜる[第二話 青森県弘前市]

りんごが誘惑してくる

りんごは、嫌いだった。りんごは、好きではなかった。いや、りんごに飽きてさえいた。毎年のように、父方の実家から送られてくる東北のりんごは量が多い。「孫(私)のために…」と毎冬20kgもの箱が送られてきていたのだ。あまり食べないから、当然余る。アップルパイにしても、中身だけたくさんできてしまう。結果、駄目にしてしまう…りんごにはいい思い出がこれまでなかった。

そんなマイナスな

もっとみる
ペイフォワードの精神で幸せをシェアしましょう!
9

姉妹の"消費と生産の間をごにょごにょします宣言"|47キャラバン#23@宮崎

山口弁だだもれのしっぽのながーいレポート、ひとことでいうなれば

わたしたち!姉妹は"消費と生産の間をごにょごにょします!!!!!!!

!?

なにはともあれ

▽キャラバンとはなんぞやという方、まずはじめにこちらをどうぞ

宮崎編では、トークセッションも。左から河野町長、ポケットマルシェ・高橋さん、株式会社イツノマ 代表取締役・中川さん。行政の立場から山内さんも登壇。まざるってこんなに面白い。

もっとみる
やった~
15

品種に勝る技術なし。生産者の伝える努力と消費者の知る努力。|47キャラバン#22@岡山

みなさんこんにちは。
前回の島根県のキャラバンに引きつづき、岡山県のキャラバンのレポートを書かせていただきました、立命館大学食マネジメント学部の新崎真緒と申します。

REIWA47キャラバンとは
東日本大震災をきっかけに生産者と消費者のつながりが重要だと東北食べる通信を始め、生産者と消費者が直接やりとりができる産直SNS「ポケットマルシェ」を立ち上げた高橋博之さんが参加者の心に語りかけ、全国を行

もっとみる

高橋博之の原点を生んだ”屋久島”に何があるのか?~47キャラバンレポート(鹿児島編)

 自らは「産直SNS」だと解き、産直ECのカテゴリでは一局を担うポケマルの代表を務める「高橋博之」の原点は、本人曰く「屋久島での4泊の出来事」だという。

 社会に揉まれ、たまたま訪れた屋久島。2泊の予定だったものの、たまたまやってきた台風により、船も飛行機も欠航。島に延泊することになり、4泊滞在したことが、彼の運命を大きく変える出来事となったという。

 その島内で、たまたま泊まっていた宿に、た

もっとみる
Thankyou for your "SUKI!!"
17