hiro

ポケットマルシェ CEO / 東北食べる通信 編集長 / 日本食べる通信リーグ 代表 / 岩手県議を経て、2011年岩手県知事選に出馬し、討死。事業家に転身。2019年2月カンブリア宮殿出演。著者に『都市と地方をかきまぜる』、『人口減社会の未来学』など。岩手県花巻市出身。44歳。

COVID-19と真鯛

緊急事態宣言が発令された。 新型コロナウイルスの全国的な感染爆発を防ぐために発令されたものだが、東京や大阪などの大消費地の飲食店が一時休業を余儀なくされ、仕入先…

農サイド宣言

【農サイド宣言】                            2020年4月8日 農業や農村にかかわる私たちは今日、「農サイド宣言」をいたします。 外出自粛で多くの…

「共感資本社会」で見つけた新しい“幸福論”

ある女子高校生からの宿題  2019年8月、僕は「全国高校生サミット」に講師として呼ばれ、1時間半話をした。その後の質疑応答で、ある女子高校生からこう問われた。 「人…

共に生きる〜台風19号被害に寄せて

東日本大震災のときも、絶望のどん底から立ち上がろうとする生産者の背中を押したのは消費者だった。食べ物をつくる人あっての私たち消費者。私たち食べる人あっての生産者…

食べることが生きる糧になる

ぼくがホスト役で、ポケマルの生産者さんと、その生産者さんから食材を購入したユーザーさんをゲストにお招きし、スナック風スタジオでポケマルライフの魅力を存分に語って…

「救済」から「幸福」の時代へ

「これって、もしかして博之さんのことじゃないですか?」と、知人から最近、ある新聞記事が送られてきた。2007年の6月定例岩手県議会で、県政運営に「幸福度指標」の導入…