風吹ジュン

「君は女神」!?「君の瞳が問いかけている」を見て来た感想。



後で、「はてなブログ」にも、感想書くつもりなのですが、やっと、観れたので、書けるわ…🤭

てか、思ってた、より、

「切なすぎる🤧」

私、終始、

「ボロ泣きでしたよ」!

吉高由里子さんも、横浜流星くんも、芝居、

「引き込まれてました。純粋に」

今や、若手?の、「名脇役」事、

野間口徹さん。

もう、流星事、「ルイ」に変わって、

「本気で、殺して、やりたくなったよ」。

いや、

もっとみる
ありがとうございます😊
3

【映画館】きみの瞳が問いかけている

 若い青年が軽トラの助手席に乗っている。飲み屋街に軽トラが到着すると、青年は軽トラから業務用のビールタンクを2つ持って階段を上がっていく。飲食店の前に来ると、持っていたビールタンクを置くと空になったタンクを持って階段を降りていく。そんなことを数件回っていく。
 お酒の配達が終わると、青年は軽トラの運転手からバイト代を受け取り、軽くお礼を言って軽トラから離れていく。
 青年は歩きながら、求人誌の地図

もっとみる
スキありがとうございます!
6
嬉しいです。今後とも、よろしくお願いします。

「浅田家!」浅田政志の人生が現代の応援歌になっている。そして家族賛歌。

見終わった後にとても心地よさを感じた。このところの日本が忘れかけた、いろんなものが詰まっている。特にドラマチックなところなどないのだが、深く染み入る映画である。それは、主人公のモデル、浅田政志の人間性があってのことなのだろうと、観客はそれに納得して帰る映画であると思う。

二宮和也にとってのベストアクトといってもいいのではないか?しがらみに囚われずに、自由に生き、家族を思う主人公を実に清々しく演じ

もっとみる
読んでいただきありがとうございました
34

映画「浅田家!」と「木村伊兵衛写真賞」

映画「浅田家!」(中野量太監督)が公開された。主演が嵐の二宮和也ということで、東宝系全国342館で大々的に上映されている。ストーリーは、写真好きの父・章(平田満)の影響を受けてカメラマンを志す浅田政志(二宮和也)が、テーマに悩んで家族写真を撮影したところ、写真専門学校の最優秀賞を受賞する。これに味をしめた政志は、兄・幸宏(妻夫木聡)の協力を得ながら様々なモチーフで、母順子(風吹ジュン)を含む浅田家

もっとみる
スキありがとうございます。これからもご一読よろしくお願いします。
15

ただの面白おかしい家族写真映画じゃない『浅田家!』

【基本情報】

製作年:2020年
製作国:日本
 配給:東宝

【個人的順位】

鑑賞した2020年日本公開映画ランキング:61/144
 ストーリー:★★★★☆
キャラクター:★★★★☆
    映像:★★★☆☆
    音楽:★★★☆☆

【あらすじ】

幼い頃、写真好きの父からカメラを譲ってもらった浅田政志(二宮和也)は、昔から写真を撮るのが大好きだった。

彼は家族全員を巻き込ん

もっとみる
何かのお役に立てれば幸いです!
6

黒沢清のフィルム・ノワール「カリスマ」。 役所広司、壊れる。

1999年に撮影、2000年2月26日に公開された本作に描かれたもの、それは20年後の今日にも通じる、反駁が生み出す時代の閉塞感、それに対して繊細な人間だけが抱くことのできる虚無感 であった。

監督 黒沢清
キャスト
役所広司 池内博之 大杉漣 洞口依子 松重豊 大鷹明良 目黒幸子 戸田昌宏 稲村貢一 田中要次 吉田淳 永田正明 川屋せっちん 三浦景虎 ジーコ内山 宮下周邦 大迫茂生 山崎豆造 

もっとみる
ありがとうございます!もっともっとタメになるハナシを増やしていきます!

【インタビュー】風吹ジュンさんは、高齢期にどう向き合っていますか?

シニア向け分譲マンション「中楽坊」のテレビコマーシャルの撮影時に、答えていただきました。

嬉しいです。今後とも、よろしくお願いします。
3

エッセー 「70年代の熱き走り屋魂とクルマカルチャーを描いた青春ロードムービーの ”白熱 デッドヒート”」

 この映画の原作者である田中光二はSFをメインジャンルとする作家だが、自身が無類のクルマ好きということもあり、クルマを題材した冒険小説を数多く執筆している。

 この作品は、その中の一冊「白熱 デッドヒート」を1977年に東宝が映画化したものだ。

 映画の脚本は原作から大幅に書き換えられているので、下記に「原作」の粗筋を記す。

 『ガソリンスタンドの店員として働きながらクルマにその青春のすべて

もっとみる
スキありがとうございます!
5