高田ともみ | もの書き | 編集者 | 作文教室

ブックライターや編集をやっています。自費出版から商業出版まで、本づくりを応援するメンバ…

高田ともみ | もの書き | 編集者 | 作文教室

ブックライターや編集をやっています。自費出版から商業出版まで、本づくりを応援するメンバーシップ「本づくりゼミナール」にてお役立ち記事を発信中! https://kotobanohyohon.com  ※2024.4〜アマゾンアソシエイトになりました。

メンバーシップに加入する

コンセプトは、「本づくりを応援する!」。自費出版から商業出版まで、いつか出版したい・本を書きたいと思っている人が本づくりをもっと楽しむための場所です。原稿をまとめたい、企画を考えたい、表現力を高めたい、本づくりに限らずいろんな表現の深化に、ぜひこの場を活用ください。 ■内容 書くために必要なことなど、たまに日記挟みつつ、発信します。 ★本づくりまわりの記事(週2-3本) ★掲示板交流 ★メンバーシップ特典マガジン ★オープン企画相談(月1-2回/オンライン) ★zoom座談会(不定期) ■こんな人におすすめ ・いつか本を書きたいと思っている ・どうやったら本が作れるか知りたい ・企画や原稿について気軽に話したり、相談できる場がほしい ・今後発信していきたい、そのための文章力をあげたい ■投稿についての約束事 ・企画や原稿に対して、出版をお約束する場ではありません。主体的に、ご自身の発信力を育てていける方のご参加をお待ちしております。 ・企画やアイディアの著作権は発案された方にあります。企画の盗用はもちろん、未来の本のタネをコミュニティの外へ持ち出さないよう、厳守をお願いします。

  • 本づくりゼミナール 

    ¥3,300 / 月
    人数制限あり

マガジン

  • ことばの標本

    ふと見つけた、その時々の旬な言葉を標本していきます。いつ、誰が、どこで放ったか、できるだけ新鮮な状態で保存していくことが目標。もの書き/編集/ライター https://kotobanohyohon.com

  • 本づくりの準備をしよう!

    本を書きたいけれど、どこから始めたらいい?という方のための本づくり入門記事。メンバーシップ「本づくりゼミ準備室(2023.12-2024.02)」にて投稿した記事に、書き下ろし2本を加えた全8本です。

  • 出版/本づくりお役立ち情報

    本を書きたい、いつか出版してみたい。ブックライター、編集者として本づくりに携わってきた私の経験から、お伝えできることをまとめました。お力になれますように。

  • お仕事集/ライティング・編集

    インタビューを中心に、構成やライティング、編集に関わらせていただいた記事をまとめています。

  • 作文教室/こども表現の教室

    子どものための作文教育を通じて得た学び、気づき、ノウハウなどをまとめます。全ての子どもたちの笑顔のために私なりに考えたこと録。

最近の記事

  • 固定された記事

あなたはなぜ、本をつくりたいのか?_「本ゼミ」メンバー募集中

本づくりゼミって、なんか気になるけど一体どういうことやってるの? と、思ってる方もいらっしゃるかと思います。 皆さんの「本づくり」の目的や方法もさまざま。 たぶんここは、「商業出版しかない」という方には向きません。 考え方も活用法もいろいろなので、私自身もあれこれ試しながら、この場をアップデートしている最中です。 私は、出版が全てだとも思っていないですし、表現するなら本じゃなくてもいいなとも思っています。 でも、頭の中にあるものをそのまま出さずにいたら、もやもやの

    • 【本ゼミ日記】note創作大賞応募作品、書いたから読んでほしい!

      気がついたら7月も中旬、もうなんか、時間ってあるんですかね? そんなわけで、今月23日はnote創作大賞の締切日!あっという間だ。  みなさんのおかげで、早めに心づもりと対策ができたので、慌ててなんかするってことがなくって助かりました。ありがとうございます。

      ¥3,300
      • 【本ゼミ】kindle出版に可能性しか感じない

        皆さんは、電子書籍って読みますか? それとも全く読まない? 私の場合だと、中国に移住してから必要に駆られて電子書籍をより積極的に読むようになった感じ。 日本にいる時もちょこちょこ買ってたりしたんだけど、どちらかというと「仕事用に読まなくちゃいけない本」とか「ちょっとだけ中身が知りたい」とか、なんとなく邪な理由から、だったような気がします。 あとは、自分自身が読みたい”モード”ってありますでしょう。 これは絶対、紙で読みたい、とか。この内容なら、電子とか。そういう線引き

        ¥3,300
        • 言葉とは、テクノロジーである。

          以前ですね、見えない何かが見える方から、こう言われたことがあるんです。 「あなたは、言葉を研究したい、探求したい人なんだよね。表現したいというより、突き詰めたい、研究者。 どういう言葉を使ったら、どういう世界が作れるのかに興味がある。 だから、あなたが中国人の旦那さんと結婚したのは、言葉を深めるためなんだよ。それを知りたくて、結婚してる。」 え。笑。 夫がどういう人間かとかいうより、言語を探求したくて夫を利用してるふう?笑 その人の言葉をまるのみなどするまい、と思

        • 固定された記事

        あなたはなぜ、本をつくりたいのか?_「本ゼミ」メンバー募集中

        マガジン

        • ことばの標本
          21本
        • 本づくりの準備をしよう!
          8本
          ¥1,980
        • 出版/本づくりお役立ち情報
          5本
        • お仕事集/ライティング・編集
          7本
        • 作文教室/こども表現の教室
          43本
        • はがた農園お漬物プロジェクト
          7本

        メンバーシップ

        • 【ながたせいこさんnote創作大賞応募作品】感想&FBをぜひお願いします!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【みんなのアウトプット】ご自由にどうぞ!

          この投稿を見るには 「本づくりゼミナール 」で参加する必要があります
        • 【7月個別相談】予約承ります!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【つぶやき】書けんなあ、のときの対処法

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【ながたせいこさんnote創作大賞応募作品】感想&FBをぜひお願いします!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【みんなのアウトプット】ご自由にどうぞ!

          この投稿を見るには 「本づくりゼミナール 」で参加する必要があります
        • 【7月個別相談】予約承ります!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【つぶやき】書けんなあ、のときの対処法

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        メンバー特典記事

          【本ゼミ日記】note創作大賞応募作品、書いたから読んでほしい!

          気がついたら7月も中旬、もうなんか、時間ってあるんですかね? そんなわけで、今月23日はnote創作大賞の締切日!あっという間だ。  みなさんのおかげで、早めに心づもりと対策ができたので、慌ててなんかするってことがなくって助かりました。ありがとうございます。

          【本ゼミ日記】note創作大賞応募作品、書いたから読んでほしい!

          【本ゼミ】kindle出版に可能性しか感じない

          皆さんは、電子書籍って読みますか? それとも全く読まない? 私の場合だと、中国に移住してから必要に駆られて電子書籍をより積極的に読むようになった感じ。 日本にいる時もちょこちょこ買ってたりしたんだけど、どちらかというと「仕事用に読まなくちゃいけない本」とか「ちょっとだけ中身が知りたい」とか、なんとなく邪な理由から、だったような気がします。 あとは、自分自身が読みたい”モード”ってありますでしょう。 これは絶対、紙で読みたい、とか。この内容なら、電子とか。そういう線引き

          【本ゼミ】kindle出版に可能性しか感じない

          【本ゼミ】つい読んでしまう旅日記に共通していること

          旅ブログや日記が読まれるには、たぶん二つの切り口があって 1)誰もが知りたい情報(交通、宿泊、お得ネタ)を網羅すること =情報・ノウハウをまとめる 2)筆者が体験したできごとや感情を描写すること =解釈や視点を提供する、旅を追体験させる なんだろうと思うのです。 前者は、読者の不安に応えるものになるので、きっと検索に引っかかりやすくなるし、ブックマークもされる。旅ブログはマネタイズにも向いているなと思います。 私もよく「中国ビザの取り方まとめてよ〜」って言われるので

          【本ゼミ】つい読んでしまう旅日記に共通していること

          【本ゼミ日記】文章力アップに欠かせないのは、やっぱ「接続詞」

          【本ゼミ日記】文章力アップに欠かせないのは、やっぱ「接続詞」

          【本ゼミ】チーム体制で本をつくるとき、持っておくとよい編集視点

          こちらの記事の続きです。参考まで。 さて、今ちょとライターとしてかかわらせてもらってる自費出版の本があるのですが、これもなかなか勉強になるプロセスを踏んでいるのでちょっとシェアしますね。 今回の本づくりの目的としては、 ・主体はとある事業者(プロジェクト発案者) ・プロジェクトが一旦の区切りをつけることになり ・その報告を兼ねて本を作りたい さらに、 ・一度読んで終わるような報告やレポートではなく、何回も読み直せる、メッセージ性の高いものにしたい とのことでした。

          【本ゼミ】チーム体制で本をつくるとき、持っておくとよい編集視点

          【本ゼミ】本には、どのくらいの文字数とページ数が必要なのか?

          自費出版やZINE、同人誌など・・・ ちゃんと厚みがあって、小冊子ではなく 本としての物質感があるもの作りたいってなった時 いったい何文字くらい必要で 何ページくらいになるんだ って思いません? 頑張って書いてみたけど、 どんくらいあれば本の形になるのか、 ページ数はどのくらいなのか、、 このあたりがなかなかイメージしづらいことも、 もしかしたら原稿づくりのつまづきになる ポイントかもしれない・・? と思ったので書いてみます。 ちなみに、自慢ではありませんが(と

          【本ゼミ】本には、どのくらいの文字数とページ数が必要なのか?

        記事

          憧れが、コンフォートゾーンをつくっちゃってるのかも

          今日は、こちらの塾で「本づくり」についてお話しさせていただきました! 講座の末席に座らせていただきながら、本当に勉強させてもらうことばかりで、それはコーチ陣にしても、受講される皆さんにしてもそうで、やはり 文章のスキルを上げることは、自分を見つめる精度を上げることにつながる と、実感します。みなさま、お疲れ様です&ありがとうございます! さて、今日は座談会という形で「本づくり」についてお話をさせてもらったのですが、 やっぱり「本を書きたいな」とぼんやり思っているだけ

          憧れが、コンフォートゾーンをつくっちゃってるのかも

          【本ゼミ】つい読んでしまう旅日記に共通していること

          旅ブログや日記が読まれるには、たぶん二つの切り口があって 1)誰もが知りたい情報(交通、宿泊、お得ネタ)を網羅すること =情報・ノウハウをまとめる 2)筆者が体験したできごとや感情を描写すること =解釈や視点を提供する、旅を追体験させる なんだろうと思うのです。 前者は、読者の不安に応えるものになるので、きっと検索に引っかかりやすくなるし、ブックマークもされる。旅ブログはマネタイズにも向いているなと思います。 私もよく「中国ビザの取り方まとめてよ〜」って言われるので

          ¥3,300

          【本ゼミ】つい読んでしまう旅日記に共通していること

          ¥3,300

          本を書きたい、つくりたい、の気持ちを後押しする「本づくりゼミナール」、今月の勉強会テーマはkindle出版です!企画相談もやるよ〜。一緒に書く仲間、募集中です🔥

          本を書きたい、つくりたい、の気持ちを後押しする「本づくりゼミナール」、今月の勉強会テーマはkindle出版です!企画相談もやるよ〜。一緒に書く仲間、募集中です🔥

          【本ゼミ日記】文章力アップに欠かせないのは、やっぱ「接続詞」

          この記事はメンバーシップに加入すると読めます

          ¥3,300

          【本ゼミ日記】文章力アップに欠かせないのは、やっぱ「接続詞」

          ¥3,300

          【本ゼミ】チーム体制で本をつくるとき、持っておくとよい編集視点

          こちらの記事の続きです。参考まで。 さて、今ちょとライターとしてかかわらせてもらってる自費出版の本があるのですが、これもなかなか勉強になるプロセスを踏んでいるのでちょっとシェアしますね。 今回の本づくりの目的としては、 ・主体はとある事業者(プロジェクト発案者) ・プロジェクトが一旦の区切りをつけることになり ・その報告を兼ねて本を作りたい さらに、 ・一度読んで終わるような報告やレポートではなく、何回も読み直せる、メッセージ性の高いものにしたい とのことでした。

          ¥3,300

          【本ゼミ】チーム体制で本をつくるとき、持っておくとよい編集視点

          ¥3,300

          【本ゼミ】本には、どのくらいの文字数とページ数が必要なのか?

          自費出版やZINE、同人誌など・・・ ちゃんと厚みがあって、小冊子ではなく 本としての物質感があるもの作りたいってなった時 いったい何文字くらい必要で 何ページくらいになるんだ って思いません? 頑張って書いてみたけど、 どんくらいあれば本の形になるのか、 ページ数はどのくらいなのか、、 このあたりがなかなかイメージしづらいことも、 もしかしたら原稿づくりのつまづきになる ポイントかもしれない・・? と思ったので書いてみます。 ちなみに、自慢ではありませんが(と

          ¥3,300

          【本ゼミ】本には、どのくらいの文字数とページ数が必要なのか?

          ¥3,300

          【本ゼミ】一冊目の本は自分で書く? それともライターに依頼する?

          本ともなると、原稿づくりは長丁場。 じっくり取り組む時間を確保しなくてはならないし、かといってどこから始めたらいいかで、 スタートに時間かかっちゃうことも多いと思います。 だからまず、 どっからどこまでを自分でやるのか を決めるのも、本づくりの大事なステップになるかもしれません。 ひとまず、商業とか自費とか分けずに考えた場合、本づくりの主なプロセスといったら、こんな感じだろうか。 ちらっとみて、どこならできそう、とか、ここだけは絶対自分でやりたい、とかあると思いま

          ¥3,300

          【本ゼミ】一冊目の本は自分で書く? それともライターに依頼する?

          ¥3,300

          【本ゼミ日記】つながることの意味、そして中国的カフェでメンバーさんと”再会”!

          たまに、日記的なこともつれづれなるままに。 コーヒー飲みながら息抜きしてます。私は結構カフェイン中毒です。 私が現在暮らしている瀋陽市には、カフェストリートとよばれるエリアがある。2013年ごろから始まった都市開発の一環で生まれた場所だと思う。 「八経街珈琲小巷」というそのエリアには、古い団地をリノベしたカフェの隣に、またしてもカフェが見つかるという具合で、カフェ以外行くとこがないくらいにカフェ密集する。しかもおしゃれなやつが。 しかし、中国暮らしに疲れたわたし以外、一

          ¥3,300

          【本ゼミ日記】つながることの意味、そして中国的カフェでメンバーさんと”再会”!

          ¥3,300

          【本ゼミ】膨張する想いを、収縮させる方法

          今、絶賛自分のホームページを作っています。 誰かにお願いして自分のツールを作るっていうのがそもそも初めて。こんなに学ぶことがあったんだ・・!と、その気づきの大きさに圧倒されました。 HPについてはまた追ってお知らせさせていただけたら嬉しいのですが、その制作プロセス、やはり本づくりと同じだなと感じました。 完成に近づいている今だからこそ思うのは、必要だった情報は何はともあれ、 「誰に届けたいか」=どういう人たちにどういう目的で届けたいか、 ということ、この一点のみ、だ

          ¥3,300

          【本ゼミ】膨張する想いを、収縮させる方法

          ¥3,300

          エッセイは構成が命。作品を最後まで読ませるには

          たとえばエッセイ1本を書こうとするとき、 皆さんはどんなふうに構成を作るのだろうか? 実用やノウハウの記事とは違い、 エッセイには書き手の心情や、そこにしかない視点があって、 こうやったらこうなりますよ のような順番で語られるものではない。 今日は本ゼミでnote創作大賞に向けたミーティングがあった。 創作に取り組む方々と一緒に、「最後まれ読まれる工夫」 について考えてみた。 そして終わってからも一人悶々と。 その大きなテーマの一つがやはり、「構成」だ。 繰り返す

          エッセイは構成が命。作品を最後まで読ませるには

          苦しみながら書いたからって、いい作品になるとは思わない

          noteメンバーシップ「本づくりゼミナール」を開設して3ヶ月がたった! 試行錯誤な日々もあるが、「書くこと」を通じて新しい出会いが得られることがとても嬉しい。 今は、note創作大賞エントリーに向けての対策と準備がもりあがり中! この場所でなら、草稿やアイデアも安心して共有できる。 お互いにリスペクトをもってそれぞれの作品を深められる。 イメージは自主練。自主練内容を報告しあう場所。 実際にそんなやりとりが起こっていて、わたくしはそれが猛烈に嬉しい。 ここは、"作家

          苦しみながら書いたからって、いい作品になるとは思わない

          【本ゼミ】読者や講座、対象にしたい人のニーズをちゃんと汲み取れてるか

          みなさまこんにちは。今日は瀋陽、めちゃくちゃ綺麗に晴れています。 いろんな方の記事を拝読。昨日は、メンバーのながたせいこさんのnote月報にて、素敵に取り上げていただきました。こちらこそありがとうございます。 せいこさん、ライティングほか、エッセイにもどんどんチャレンジされてて、マジすごい。すばらしいエッセイを読ませていただきありがとうございました。皆さんもぜひ↓ 本ゼミ、今月はnote創作大賞準備ほか、ちょっとプチイベントできたら〜と思っています。 またご相談いたし

          ¥3,300

          【本ゼミ】読者や講座、対象にしたい人のニーズをちゃんと汲み取れてるか

          ¥3,300