伝統派?革新派?

12/1000

こんばんは〜
最近日付を超えての投稿が当たり前になっている...よくないな笑

本日のワークアウト
今回も割と腹筋・体幹・腕力・脚力とバランスよかったな!

夜は姉とビデオ電話していたのですが,
最近話題のハンズクラップ(韓国発祥なのかな?)という最近話題のダンスダイエットの存在を教わり, 実際やってみました💪

あ, 私これ向いてるかも〜なんて思ってしまった笑

10分経過.

もっとみる

[Agile Again]時代のシフトに対して、生き残る準備はできているか

ここから日本は、世界の変化の中で、まさに生き残るためのシフトに突入する。

雇用という観点で、下記のNoteを書いた。

で、
何度も出してしまい申し訳ないですが、(すごく端的にまとめられててわかりやすいので、甘えてしまいます。すいません...)ちきりんさんのポストを通して私の考えをまとめてみたい。以下のようなことを提示してくれています。

/ 時代はシフトしていく、今はそのシフトの真っ只中である

もっとみる
スキ!をくれてありがとうございます!!
7

[Agile Again] 日本にもう一度アジャイルを取り戻す - 雇用について考える (2) -

先日、雇用、とりわけ日本における終身雇用についてまとめてみた。

この雇用流動性について、様々な意見がある。なんかプロパガンダでほぼ暴力なのではないか?という意見、もはや手遅れに等しいが今更やって逸失したものは取り戻せないよねという半ば呆れた意見、そしてこの変化は日本だけじゃないぞ、的なものまで。

/ やっぱり終身雇用が必要。。。。と主張する人もいる

先のNoteでも書いたが、豊田社長がこの発

もっとみる
スキをいただき、書いてみたキモチが報われます〜〜
6

[Agile Again] 日本にもう一度アジャイルを取り戻す - 雇用について考える (1) -

雇用について切り込む。この問題はマジで難しい。。。。

/ 日本組織の雇用は守るべきか流動するべきか

2019年5月、TOYOTAの豊田社長は、日本企業として、日本の組織として、どうしても崩すことができなかったスタンスを崩す発言をした。

「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」

一週間後には、即刻この豊田社長の発

もっとみる
よかったらフォローしてくれると飛び上がります〜。
8

アンケート結果が30名となりそうなので、途中結果を報告いたします!

/ 短期間でたくさんの声を届けていただきありがとうございます!

Facebookにてお願いしていたアンケートの途中経過をお知らせいたしやす。年始の挨拶もないままに宣言しましたFBでの投稿で、

https://www.facebook.com/ryo.sakurai80/posts/10220429785635241

ちなみに、一昨年の夏より我が人生の学習環境を構築し直すためにも、現在、シンガ

もっとみる
スキをいただき、書いてみたキモチが報われます〜〜
2

[Agile Again]日本にもう一度アジャイルを取り戻す - 日本を取り巻く状況 生産性について -

Agile Again についての考え方はこちら。

/ G7で圧倒的な最下位を示し続けるOECDによる日本の労働生産性

昨年末、日本生産性本部は、OECDの国際的な労働生産性における比較調査についてレポートを発表した。

労働生産性の国際比較 2019 公表:
https://activity.jpc-net.jp/detail/01.data/activity001581.html

プレス

もっとみる
やったー!嬉しいです。
5

[Agile Again] IMFによるGDP国際比較と経常収支について考察する

※ 自分の頭の整理のために書いていますがこれからの日本の革新に必要な要素だと思うので、稚拙ながら公開します。

/ 長らく世界上位で安定している日本の名目GDP

IMFなどが提示しているデータは、名目GDPにおいて日本は2018年世界第3位で約536兆円。米国(約2,222兆円)と中国(約1,443兆円)が圧倒的と言っていいレベルの数字を叩き出しているわけだが、日本に続くドイツで約100兆円差、

もっとみる
スキ!をくれてありがとうございます!!
4

■2019年を一言でいえば&2020年に掛ける想い

あけまして、おめでとうございます。

大阪から東京に引越しをして半年が経ちました。

今年もどうぞ宜しくお願いします。

さて、2020年になりました。

僕の2019年を一言でいえば

「革新」
「内観」
「真実の自己受容」

の年でした。

特に僕にとって大きかったのが、「真実の自己受容」ができるようになったということです。

自己受容という言葉を聞いたことがあると思います。

「今の自分のあ

もっとみる
【スキ】\(^o^)/
1

-- 伝承 -- #102

こんにちは Shokichi です。

今日は時の感覚について -- その③ -- です。

どのような事でも、その始まりから、人の一生や世代、時代をいくつもいくつも経て、今なお伝えられていることは「伝統」という価値を帯びます。

日本の伝統文化は国内外から好意的に捉えられ、さまざまなところで継承と普及に携わる人々が現れます。

「文字情報いらない、タイトル&画像で遊べるよ」派は、こちらへ

もっとみる
ありがとう 😊
4

俺たちの2.0を考える

あんたのまわりにもホニャララ2.0って見かけるかい?

ホニャララ2.0って言葉が世に出回ったのが2005年9月にティム・オライリーさんって人がWEB 2.0って言葉を使ったのが始まりだと思うんだけれど、あってるか?

それ以来、俺たちの周りにはホニャララ2.0が出まくっている。

この2.0ってネーミングがもたらしているものってのが、まさに無知の知ってやつを体現している。

要するに今とは違って

もっとみる
よろしければコメントも ぜひぜひ
3