柳瀬 博一

東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授(メディア論)浜松出身。慶應大学経済学部卒。日経BP社で記者、書籍編集、広告Pを経て現職。NPO小網代野外活動調整会議理事。「ラジオNIKKEI」「渋谷のラジオ」出演。『国道16号線』(近刊)『混ぜる教育』『「奇跡の自然」の守りかた』など
    • #編集 #ライター 記事まとめ

      • 737本

      編集、ライター、コンテンツ、メディアなどに関する記事をまとめていきます。

    • メディアの話。

      • 142本

      メディアの話を、します。

    • 国道16号線の話。

      • 35本

      2020年11月、新潮社より『国道16号線 日本を創った道」という本を刊行します。 国道16号線については、もう30年近くいろいろなことを考えたり、実際に記事を書いたりしてきました。こちらでは、書籍の補助線となる「ボーナストラック」や、オリジナルの紀行、次の国道16号線企画につながる記事などを掲載していきます。

    • 大東京カワセミ日記

      • 69本

      2021年5月、都心の川沿いに暮らすカワセミに偶然出会った。 コロナ禍でどこにも行かない行けない時期、カワセミの家族を定点観測してみました。

    • 色鉛筆で、生き物を描く。

      • 12本

      ときどき、色鉛筆で自分が撮影した生き物、自分が飼っている生き物の絵を描きます。

    • すべてのマガジンを表示

メディアの話その131 メタバースもARもドラえもんに敵わない理由。

前回のドラえもんの話と重なりますが、VRとARとは何かを、ドラえもんと重ねて考えるとよくわかる。 メディアとは、人類の身体の拡張である、とマーシャル・マクルーハンは…

4週間前

メディアの話その130 結局ドラえもんが世界史上最高のSFであり続ける理由。

結論から先にいうと、古今東西のSFの最高傑作はドラえもんだなあ、とつくづく思う。 なぜか。ドラえもんは、人間のなかにあるSF的なるものの本質を、第一話で完璧につまび…

4週間前

メディアの話その129  テレビはなぜ、前澤さんの宇宙飛行を嫉妬したのか?

メディアとは、人類の身体の拡張である、とマーシャル・マクルーハンは言った。 これを言い換えると、人間の欲望の拡張が、メディアである、ってことになる。 では、人類…

1か月前

国道16号線の話 観光という見立て。

SNSを眺めていると「「国道16号線」なんか東京近辺の道の話だろ。俺、××(関西とか九州とかレユニオンとか)だから関係ないわ 全国放送でやるな」と言った意見を書く人…

1か月前

メディアの話その128 生き残るメタバースは、メタバースアプリのポータルサイト。

メタバースの話、メタ(笑)からベンチャーまで、「俺のサマーウォーズ」をつくろうとしているけど、すでにこの世にはメタバースであふれている。 メールもSNSもスラック…

1か月前

メディアの話その127 メタバースはVRじゃない。

いま喧伝されている「メタバース」は、VRの一種だけど、VRは別に新しいものではない。 コンピュータとインターネットがもたらしたのは、いながらに世界とつながるVR化と、…

1か月前