犠牲

誰かに傷付けられたからといって他人に酷いことをしていい理由にはならない。
それはそれ、これはこれ。
被害者ぶってるけど、あなたも愚痴を周りに振り撒いて空気を悪くする加害者ですから。

他人を無意識に押し退けて自分の話を優先してしまうのは普段から無駄に我慢をして嘘をついているから。

正しいことや至上なことが一つしか存在しない一神教を大概無自覚に信仰している人たちが大半を占める。
規定のレールから外

もっとみる

近所のスーパーで「小さな秩序」を創った話

近所のスーパーは人気で、いつも店内は混雑しています。

レジの前も例外ではなく、長蛇の列です。

そんな中買い物をしていて、一つ困ったことがありました。

レジと売り場の間にある通路が、レジに並ぶ人のせいで塞がってしまってたんです。

詳しくは〈図1〉を見てみてください。

〈図1〉:行列のせいで通路が塞がってる

※黒いのは人を表してます

この通りです。

もし通路を通りたいなら、並んでる人に

もっとみる
ありがとうございます、あなたの記事も読ませていただきます!
3

「集団思考」は削っていこう【1月16日】

こんにちは。たいぞーです。
※時間ない人は太字だけ読めば分かります!

昨日は

「集団思考は削っていこう」

と感じた1日でした。

ファミレスのアルバイト中、お客さんとして若いやんちゃしてそうな子達が集団で何組も来店してきました(そーゆー子達に限って礼儀はめっちゃいい)。どのグループも7、8人いたのですが、大盛ポテトだけ頼んで、つまみながら2時間くらいみんなで楽しそうに盛り上がっていました(合

もっとみる
わ!嬉しいありがとうございます!!
16

「として」の威を借る〇〇

物申すとき、人は、
「〇〇として」と言う。

たびたび目に入るこれらは、
喉に引っかかった小骨のよう。
歯に詰まった鶏肉のよう。

「〇〇」に入るもの

見たことのある人もいるだろう。
「同じ人間として」「同じ日本人として」
といったかなり大枠の集団。
少し細分化された「親として」「社会人として」

「〇〇」に入るものは
すべて、不特定多数だ。

あるデモに対する批判の一意見として
発せられる「同

もっとみる
「スキ」をいただけるなんて!すごく嬉しいです(^◡^)
7

やっぱり、「みかんとこたつ」になりたくない!

みかんとこたつ論とは。

一言で言うと、
「自分の心を押し殺してまで、人と同じことをする必要はない」、ということ。
わたしが勝手に名付けている、
この「みかんとこたつ論」。
過去の記事を読んだことがある方は、すでに遭遇しているかもしれないが、もう一度説明しようと思う。

時は遡り、幼稚園年中組のわたし。

幼稚園時代。
年中の途中で引っ越し、転園した。
自分がどんな性格だったか、よく覚えていない。

もっとみる
さくらいがんばりたい🥺🌸
32

昨日の敵は今日の友(で明日の敵かもしれない)

「何て卑怯な奴らなんだ」

 ボクシング部だった高校時代。インターハイや国体の予選があるのだが、ヘタレな私はいつも一回戦で敗退して応援に回る。もう減量しなくてよいのでホッとするのであるが、自分の同僚がリングでボコボコにされていたりすると他人事ではいられなかったりする。思わずリングに駆け上がって相手をしばいてやりたい衝動にかられる。

 県大会が終わると今度は地区大会。県大会で自分や自分の同僚をボコ

もっとみる
シェアしてくれ、拡散してくれ、すまねえな
3

正義マンの逆襲

どうも、やんじぇです。
こちらのNoteには一部不快に思われる表現がありますのでご注意下さい。

集団心理とモラルハザード

ある週末のこと、息子を連れて出かけた帰りに電車を待っていました。

ローカルな路線なのでダイヤによっては次の電車まで30分待つこともあります。私の乗る予定の電車も発車まで30分と到着~出発まで時間が空いていました。

よくあることなので並んで待つことに。ベビーカーに小さなお

もっとみる
励みになります
11

真実 そしてもう一度修羅ヘ 阿修羅王降臨

俺の父親のエソの理由は自殺未遂だった。
俺はその事実を目の当たりにした時、先ずは感情の閉廷が必要だと思った。

このまま安易に感情を持っていては自分がダメになると思ったからです。

元々俺は先ず、15歳の春に創価学会から引導を渡されて感情を閉廷している。
そこで、父の自殺未遂です。
その理由がリストラです。
社会的制裁により父は追い込まれ父を自殺に追い込んだと思います。

複雑な気持ちでした。

もっとみる

私が集団に属することをやめた理由

人間はどこかに帰属してないと自分というものがわからなくなってしまう。
だから病みやすくなる人が多いという。
でも、病みやすくなる人が集団を嫌う傾向があるんじゃないかと思う。

もっとみる

「Bystander effect」にかからないために

「Bystander effect」って聞いたことありますか?

日本語では「傍観者効果」と呼ばれ、社会心理学の用語のひとつなんですが、ざっくり説明するとこんな感じです。

他人に対して援助(救助)すべき状況にあるとき、周囲に多くの人間がいることによって、援助行動が抑制されてしまうこと。その場に自分以外いなかった場合には援助行動が行われる確率が高いが、周囲にいる人数が多いほど行動が抑制される傾向が

もっとみる