岡本綺堂の大久保②

大正12年。
 その頃でもまだ大久保は東京の郊外だった。淀橋区大久保として、東京市に編入されるのは、昭和7年のことだ。大久保に住んだときのことを、綺堂は「郊外生活の一年」という随筆にまとめている。

 「省線電車や貨物列車のひびきも愉快ではなかった。(中略)湯屋の遠いことや、買物の不便なことや、一々かぞえ立てたら色々あるので、わたしもここまで引込んで来たのを悔むような気にもなったが、馴れたらどうに

もっとみる

志ん生と鎌倉ハム直売所

大船散歩の続き
有名かな鎌倉ハムの工場があって、直売所もある、いろいろな特売もしてるみたい、財布を持ってなかったので冷やかしもしなかったけど、なんでも思いついたときにやっておかないといけない
昔、古今亭志ん生が関東大震災に遭ったとき酒屋の前を通りかかった、見てたら酒樽から酒が溢れていて、勿体ないからガブガブ呑んだ、酔っ払ってるのか、地面が揺れてるのか分からなかったって云う掴みがあった、何回聴いても

もっとみる

関東大震災の97年後

・近代化した首都圏で発生した唯一の巨大地震。

・1923年9月1日11時58分に発生した。震源は相模湾北部に海溝「相模トラフ」、地震の規模はM7.9。

・M7.9の3分後にM7.2、その2分後にM7.3という巨大な地震が3度発生、神奈川県西部、続いて東京湾北部、山梨県東部が三つの地震の震源となり、揺れが10分以上続いたとされた。

・横須賀では重油タンクが爆発炎上、横浜港の大半は海中に没した。

もっとみる

1923年、関東大震災直後の東京

久しぶりに観たら、泣けてきた。
昔の人は、何度叩き潰されても立ち上がってきたんだ。

↓の動画にあるように、関東大震災直後の東京は惨憺たる有様だった。
数年で復興させたと思いきや、1945年には東京大空襲で再度ボロボロになる。この時でさえ、やはり数年で国を立て直した。

周りの国の援助があったとはいえ、凄いことだよなぁ…これができたというのは誇りに思っても良いと思う。

バブル崩壊以降、日本の国力

もっとみる

関東大震災(1923年9月1日11時59分)のホロスコープを読んでみた

毎日投稿113日目。今日は、リクエストがありました関東大震災(1923年9月1日11時59分)が発生した日時のホロスコープを読んでみたいと思います。

カバーの写真は、浅草の凌雲閣です。当時としては珍しい12階建てのモダンな高層建築物でしたが、関東大震災によって全壊しました。第二次世界大戦の影響もあり、東京の街に現在のような高層の建物が再び建築され始めるようになるのは、1968年の霞が関ビルの完成

もっとみる
押して頂きありがとうございます🙏
6

なぜ朝鮮人虐殺事件が発生したのか? 当時の時代背景を解説

事件の全容解明がいまだに行われていない

関東大震災から97年が過ぎた今でも朝鮮人虐殺事件の全容解明が進んでいない。

当時の社会情勢などを研究する金哲秀朝鮮大学校朝鮮問題研究センター副センター長へ聞いた。

Q 当時、行政戒厳が出された背景には、日本の指導層にはどのような朝鮮人観があったと考えられますか。

Q 当時、朝鮮人を敵視する空気があったということでしょうか。

Q 当時の朝鮮人蔑視は現

もっとみる
よろしければフォローもお願いできれば嬉しいです。
1

関東大震災を生きぬいたお婆ちゃんの教え ~防災の備え~

ウチのお婆ちゃんは、むかしむかし青山に住んでいて、青山小町と呼ばれていた元ベッピンさん。
ウチには、そのお婆ちゃんによる防災の教えが3つあります。
そのご紹介。

その1
お風呂の残り湯は、水を取り替えるぎりぎりまで、捨てるべからず。

大震災の折り、一番困ったのは水だそうです。
お風呂の残り湯は、結構な量があります。その水で、トイレや洗濯、きれいにこして沸騰させれば飲めます。

その2
1とダブ

もっとみる

南海トラフ地震か、関東大震災か、はたまた東海沖地震か?

大地震は、やはりやってくるのか?

またこんな記事が出ていた。9月26日に地震が来なくてよかったと思っていた矢先に、だ。

実際、いわゆる異臭騒ぎとなるほどのものが起きるのであれば、警戒はすべきであろうと思っている。ただ、そもそも日本は地震大国だ。常に警戒すべきであるということ自体が忘れられているというのが、本質である。

でも、そもそも論として、地殻というものは止まっているものではなく動いている

もっとみる
サンキューです!
2

【人生が変わる14分】令和関東大震災で死なないために 地震発生直後10分間 やってはいけないこと5選!

【人生が変わる14分】令和関東大震災で死なないために 地震発生直後10分間 やってはいけないこと5選!の動画です。

関東大震災時の朝鮮人大虐殺を記録した本と映画【 本と映画の紹介 】

「関東大震災」吉村昭

昨年、九月一日から、一月かけてじっくり読みました。

二年前に読んだ「証言集 関東大震災の直後 朝鮮人と日本人」の記憶がよみがえりながら、何が起こったのか、立体的に理解できました。(後述します)

天災と人災が引き起こした禍根。無実ながらに、風説を元に虐殺された同胞たちの恐怖と無念を思います。

悪意を持ってデマを撒き散らす輩と、情報源が不明のままにその情報を拡散するメディ

もっとみる
コマウォ~☺️
5