杉並の遊び場が全国デビューしていた!

習慣で朝日新聞を読んでいる。夕刊を見ると、遊び場が載っていた。記事を見たとき、言葉にできない感情が湧いてきた。この気持ちは何だろう。

遊び場とは、子供の遊べる場所を増やそうと、余った土地を一時的に公園のように整備された施設のことだ。

以前遊び場についてかなり詳しく調べたことがあった。情報が少なく都市計画や杉並区の資料をあさり断片的に集めてもなかなか謎が解けず苦労した。杉並区から話を聞くという手

もっとみる
ありがとうございます!
3

PLAY!PARK

8月の終わりのこと。
PLAY!MUSEUMに続き、PLAY!PARKにも行ってみました。

バルーン・モンスターを公開制作中で、すり鉢状の“おおきなお皿”には無数のバルーンが散らばっていました。
このバルーン・モンスターは制作に参加できるワークショップも開催されているみたいです。
小姫がもう少し大きければ家族で参加してみたかったワークショップです。

私たちが行った日は東フィル団員の方によるハー

もっとみる

釜屋漁港で釣り。浅瀬が多く磯遊びができる遊び場|兵庫県但馬・浜坂

釜屋漁港は但馬の隠れ釣り場

但馬の海岸線の国道から、少し脇に入ったところにある釣り場。

それが釜屋漁港。

但馬エリアにもたくさんの有名釣り場がありますが、その中では
知名度は低いかもしれません。

いわゆる穴場というやつです。

でも、この釣り場は子どもたちと釣りを楽しめます。

釜屋漁港は水深が浅い

水深が低いといっても十分釣りを楽しめる深さですが、それほど深くありません。

そして何よ

もっとみる

居組漁港は釣りと海水浴を楽しめる遊び場|兵庫県但馬・浜坂

居組漁港は釣りと海水浴を楽しめる遊び場

兵庫県の日本海側の但馬エリア。

中でも一番西にあって鳥取に近い場所にある居組漁港。

ここは釣り場、それでいて遊び場。

理由は釣り場と海水浴場が一緒になっているからです。

居組漁港の釣り場

車を横付けできる堤防。

スラっと伸びた波止。

少し離れてますが、のんびり釣りができる小波止。

と釣り場が豊富。

釣りエリアが広いので混み合いません。

もっとみる

嫌な事、辛い事、苦しい事、失ってしまったもの、悲しい事、寂しい事、変えられない事だらけだけど、

もっと、楽しい事が世の中には沢山あはずなんだ。
そこでの出会いもね。

これからは、その為に働いて、生きていけばいいのさ。

闘うことを忘れてはならない!🔥
7

遊ぶことは新しい出会い

どうも、ケイヤです!
もうすぐ8月も終わり、秋がやってこようとしています!

この1ヶ月は思い切り遊びたおしました。笑

遊んだと言っても、
週6日 : 仕事
週1日  : 休み

週に1日しかない休みを思う存分遊んだかたちです。

仕事で疲れていても一日中家でゆっくりするのが嫌なので
僕的に「遊び」は「スイーツ」です。

いわゆる別腹ですね。笑

☆遊ぶことは新しい出会いにつながる

最近「遊ぶ

もっとみる

将来は子どもの遊び場をつくりたいんだ🍁

今日は久しぶりの休みだ!

午前中に、最近乗らなくなったバイクを売り、午後はnote活☆

ここ2か月

週に6~9箇所活動をしていて、
進むだけでなく、立ち止まって、自分の考えを整理することも大切なんだと信じて

このタイミングで改めて、僕の今やっていること、やりたいことなどをまとめてみようとおもった

久しぶりの投稿になってしまいました



僕の夢は、『心アツくなるような思い出』が出来ちゃ

もっとみる
🐶(コメントしてって~!)
72

三浦半島1Dayきっぷで弾丸日帰り旅が最高な訳

すっかりハマっている弾丸日帰り旅!🤩✨
@keikyu_official #三浦半島1dayきっぷ (1960円で#京急 の往復電車バス乗り放題になるお得な旅きっぷ!)で
前回(先週w)行けなかった #ソレイユの丘#ひまわり畑 🌻🌻を見たくてまたまたリベンジしてきました!🤩❤

最初は前回行けなかった#三崎港 まで行ってまぐろランチを食べようかと思ってたのですが、相変わらず朝のス

もっとみる
ありがとうございます!
1

お金をかけなくても子供は喜ぶ

ご覧いただきありがとうございます。とーちゃんです。

コロナのせいでなかなか行楽地への外出が憚られるご時世ですが如何お過ごしですか。
行きたいとこも行けないこんな世の中はどうやってお子さんが喜ぶような休日を過ごすことができるか悩んでいるお父さんお母さんがたくさんいると思います。

ウチも休みの日は入場料払ってデパートとかのキッズコーナー(ネットが張ってあって柔らかいボールとかクッションでできた滑り

もっとみる

育休旦那と雨天の遊び場

幼い子供を持つ親にとって雨の日は憂鬱だ。子供が遊び回れる公園に赴くことが出来ないからだ。余り余ったエネルギーが家の中で爆発すればどうなるだろう?家中が散らかり大変なことになるのは言わずもがなである。ちなみに自分には全く記憶はないものの、育休旦那は幼い頃に雨が降ったら必ず障子に穴を開けて遊んでおり、修理が大変だったと先日に両親とZoomを繋いだ時に聞かされた。今年は帰省できずにオンラインで孫の顔を見

もっとみる
光栄です!
46