櫻田弘文 (ブランディング・プロデューサー)

中小企業のブランディングを支援する株式会社クエストリー 代表 https://ques…

櫻田弘文 (ブランディング・プロデューサー)

中小企業のブランディングを支援する株式会社クエストリー 代表 https://questory.co.jp/ ブランドになることを目指す経営者コミュニティ「#ブランディングクラブ」主催。毎日新聞#経済プレミアに「#地域で光る小さな会社」連載中 https://x.gd/4iKWm

マガジン

  • #小さくても光り輝くブランドになる

    「小さな会社のブランディングを支援している」株式会社クエストリーの代表、櫻田弘文がブランドになるポイントを語ります。 小さいことは弱点でも不利でもありません。ブランディングのポイントを押さえ、しっかりとシナリオをつくることで、小さな会社や店も「ブランド」になれます。 お時間のあるときに、コーヒーでも飲みながら、気軽にお読みいただければと思います。コメントもいただければ書き手としてはとってもうれしいです。

  • #季節の草花と日々のあれこれ

    「小さな会社のブランディングを支援している」株式会社クエストリーの代表が季節の草花と日々のあれこれを語ります。 自然界には多種多様な植物が存在します。道端の小さな草花は弱い存在のように感じるかもしれませんが、実はびっくりするほど強いのです。 同じように小さな会社もブランディングに取り組むことで、独自の価値を磨き上げ、他と競争しない強い存在になることができます。

  • 好きの深掘り

    一度切りの人生だ。好きなことを我慢してはいけない。どんどん深掘りした方が人生は楽しくなる。 僕はジャズ、アート、本、映画が大好きだ。 仕事場ではジャズを聴きながら仕事をしている。定期的に美術館やギャラリーに足を運ぶ。子供の頃から本の虫でいまでもそうだ。映画から生き方をたくさん学んできた。 ということで、僕が偏愛するものを投稿していきます。たくさんの好き仲間とつながりたい。よろしくお願いします。

  • クエストリー 谷根千ぶらぶら

    2001年に銀座3丁目に個人事務所を開設、2003年に築地1丁目に株式会社クエストリーを設立。https://questory.co.jp/ 以来21年にわたり、中央区を拠点としておりましたが、2022年2月に文京区千駄木に事務所を移転しました。 クエストリーのメンバーが偏愛する谷根千(谷中・根津・千駄木)の個性的な店やユニークなスポットを紹介します。

  • #ブックランニング

    僕という人間の考えや行動のかなりの部分は、これまで読んだ本でできている。よくても悪くてもそうだと思う。 ということで、現実のランニングのように、とろとろとした読書記録を書き綴ります。

最近の記事

ミモザが織りなす春の香り、イナムラショウゾウへの道

千駄木の仕事場を出て、三崎坂(さんさきざか)を上り、左に曲がると谷中霊園に出る。霊園を横目に眺めながら、朝倉彫塑館の裏手から見上げると屋根の上には女性像、視線の先には何があるのだろうか? さらに右手と左手とクランク状に角を曲がり、初音小路の手前を右に曲がり住宅街を抜けていく。谷中の路地は複雑に入り組んでいる。 目指しているのは「パティシエ ショコラティエ イナムラショウゾウ」だ。住宅街の角を曲がると突然鮮やかな黄色が目に飛び込んできた。 ミモザの花だ。道にかぶさるように

    • 「クレーム処理」 vs 「クレーム対処」 vs 「クレーム対応」、どの言葉が一番適切なのか?

      日本語って難しいなあと思います。言葉一つで受け取り方が変わり、真意が透けて見えるからです。例えばクレームが起きたときにどんな言葉を使っていますか?下記の3つは似ているようですが、受け手の印象は異なります。 おそらく、1の「処理」を使っているところはないと思います(いや、あるかな)。処理の意味は「事件・事務をさばいて始末すること」。クレームは処理されるものではありません。お客さまとしっかりと向かい合うものです。 2の「対処」はよく使われますが、対処の意味は「ある事柄・情勢に

      • 谷中の「鮫の歯」で、『沈黙の艦隊』1〜4巻を購入した

        昨日、昼食後に出社していたメンバーが谷中の「パティシエ イナムラショウゾウ」(ここのケーキとチョコレートは本当に美味しい)に行きたいというので、散歩を兼ねて谷中を散策。暖かくて気持ちの良い昼下がりだ。 散策の途中で古書店「鮫の歯」に立ち寄る。この入口のたたずまいが好きなんです。店内は雑然と統一のバランスが絶妙で本好きにはたまらない。もともとは「初音」という骨董品屋さんだったらしい。 店頭で目に入ったのは『沈黙の艦隊(かわぐちかいじ)』の4巻、どうしようかなと思ったが、この

        • 湯島から千駄木の仕事場までテクテク

          久しぶりに日差しが見えた三連休の中目です。来週以降の仕事の予定が詰まってきているので、締め切りが3月初めの月刊誌の原稿のために出社。運動不足の解消で地下鉄湯島駅で下車して、千駄木まで歩きました。 地上に出て交差点を渡ると不忍の池に出ます。そこを五分の一周ほど歩きました。名物の池の蓮はいまは枯れており、水質浄化のために取り除く作業をしていました。外国人が珍しそうにカメラを向けています。 暖かい土曜日なので散歩やランニングの人が結構います。ベンチに座ってカモメやハトに餌を投げ

        ミモザが織りなす春の香り、イナムラショウゾウへの道

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • #小さくても光り輝くブランドになる
          櫻田弘文 (ブランディング・プロデューサー)
        • #季節の草花と日々のあれこれ
          櫻田弘文 (ブランディング・プロデューサー)
        • 好きの深掘り
          櫻田弘文 (ブランディング・プロデューサー)
        • クエストリー 谷根千ぶらぶら
          櫻田弘文 (ブランディング・プロデューサー)
        • #ブックランニング
          櫻田弘文 (ブランディング・プロデューサー)

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          雨で思い出すのはこんな映画です

          3日続けての雨の朝、仕事場のベランダのミニバラも雨で濡れています。三寒四温の時期です。体調を崩しやすいので気をつけないといけませんね。三連休は雨にまつわる映画を観ながら体調を整えてはいかがでしょうか。 『シェルブールの雨傘』 (監督:ジャック・ドゥミ)まずはカトリーヌ・ドヌーブが主演したミュージカル映画『シェルブールの雨傘』です。ドヌーブの美しいこと。音楽はミッシェル・ルグランです。 『雨に唄えば』 (監督:ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン)こちらも忘れてはいけません

          雨で思い出すのはこんな映画です

          ファンが生まれる4つの因子を考える

          大事にしている価値を支持してくれる人ファンとは何でしょうか?コトバンクによると「熱心な愛好者。実際に自分がするのではなく、それらを見たり聞いたりすることが好きな人。また、ある特定に人物を熱烈に支持する人」らしいのです。ふーむ、わかりにくい。 僕は「自社が大事にしている価値を支持してくれる人」がファンだと思っています。ファンづくりは「大事にしている価値への支持と応援を集める仕組み」ということになります。 ファンの特性は次の3つです。一つ目は「継続的に利用する」、二つ目は「利

          ファンが生まれる4つの因子を考える

          一流を目指す社長の矛盾とは?

          ある店の朝礼でのことです。煙草が好きな社長がくわえ煙草で入店しました。朝礼で社長は「一流を目指す」と語りました。僕の隣にいた社長の奥さんが小さな声で発した一言は「くわえ煙草で歩く人がよく言いますね」。 会社の内外にいるありがたいファンファンとは会社が大事にしている価値を支持している人たちです。「がんばってね」と応援し、「ダメじゃないか」と叱咤し、「大丈夫だよ」と救いもしてくれる存在です。そんなありがたいファンはどこにいるのでしょうか。 実は会社の外にも内にいます。外はお客

          「オレオ」のファンになった理由とは?

          主催しているブランディングクラブのオンラインサロンを今週22日(木)に開催します。今回のテーマは「ファンになった理由」。僕もコメントを語るのでファン歴を考えてみました。脈絡なくいろいろと浮かんできますね。 例えば、ジャズピアニストの「デューク・ジョーダン」(20代から聴いている)、画家の「アンドリュー・ワイエス」(大好きだ)、思想家の「内田樹」(視点がおもしろい)、パソコンは「Mac」(長い間の愛用品)・・・ どれも後ろに「ファン」をつけると「そうだよな」と納得できるもの

          「オレオ」のファンになった理由とは?

          じっくりと考え、行動する時間がとれないことの怖さ

          どんな人でも平等に持っているのは24時間です明日のアドバイザリーボード契約をしている取引先とのオンラインミーティングのテーマは「タイムマネジメント」。タイムマネジメントとは何か?それは「時間の使い方の改善によって、生産性向上を図る」ことです。 詳しくは述べられないのですが、取引先が実現したいことを支援するミーティングです。前回、ボトルネックの話をすると「大事なのはわかるが、じっくり考え、行動する時間がとれない」という声が上がりました。 どうやら、時間がとれないのがボトルネ

          じっくりと考え、行動する時間がとれないことの怖さ

          揚げたてチュロスとホットチョコレートと珈琲の店

          仕事場から徒歩50歩(たぶん)、揚げたてチュロスと濃厚でビターなホットチョコレートと珈琲の店「pasele(パセレ)」 へび道沿いの少し奥まったところにあり、喫茶店のようなギャラリーのような雰囲気が「ただの民家ではないぞ」と通るたびに気になっていました。 照明を最小限に抑えた木造の店内は、ロッジハウスに来たような都会の異空間。窓からかすかに降り注ぐ木漏れ日が心地よいぬくもりをくれます。 水ではなく白湯を出してくれるのは、温かい飲み物を受けつけやすくするための配慮でしょうか。

          揚げたてチュロスとホットチョコレートと珈琲の店

          ボードワン博士がいなければこの寒桜も見れなかったかもしれない

          昨日、仕事場に向かうために上野公園を通り抜けると「寒桜」が開花していました。東京都美術館側のボードワン博士像の手前です。海外からの旅行者もスマホをかざして撮影中、こちらもパシャです。 訪れる人を穏やかな気持ちにしてくれる上野公園ですが、かつては上野の山と呼ばれ、東比叡山寛永寺を擁する江戸の名所でした。しかし、幕末の戊辰戦争によってこの一帯は焼け野原となっったのです。 明治新政府は荒れ果てた広大なこの地に病院建設を決めていました。それに異を唱えたのが、1870年(明治3年)

          ボードワン博士がいなければこの寒桜も見れなかったかもしれない

          ジャズ界の孤高の天才ピアニストの命日

          ジャズが好きというと日本ではおじさんの好みと思われます。まあ、どう思われようと良いのです。長い間聴いて来たからね。『BRUTUS』の最新号の特集は「JAZZ is POP!!」、良いですねえ、ジャズの進化が伝わってきます。 さて、今日2月17日はジャズピアニスト「セロニアス・モンク」の命日です。1917年にノースカロライナ州で生まれ、1982年にNYで亡くなりました。死因は脳梗塞ですが、70年代前半から精神疾患を患っていたようです。 他の追随を許さないカリスマ性を持ったモ

          ジャズ界の孤高の天才ピアニストの命日

          2周年を迎える千駄木への仕事場の移転

          2022年2月19日に中央区築地から文京区千駄木に事務所を移しました。今日で丸2年が経ちます。引っ越しの理由は、コロナの影響でリモートワークやオンラインミーティングが増え、事務所の契約更新の時期だったからです。 21年ぶりの事務所移転はトラブル続出移転は21年ぶりで、荷物の処分と整理に追われました。しかも、移転の1週間前に扁桃炎(周りからはコロナを疑われました)で4日間もダウンしました。本当に移転できるか、正直言って不安でした。 移転後も、ネット回線がつながらない、ウォシ

          2周年を迎える千駄木への仕事場の移転

          河津桜、スギ花粉、アレルギー、春の祭典、そして小澤征爾さん

          朝、地下鉄に乗る前に、2つの駅を歩いて大きな公園を通り抜けました。その理由は、公園手前の川沿いにある河津桜を見るためです。思っていたよりも早く咲き始めていました。満開はいつ頃だろう。 昼間は気温が20度近くまで上がり、春一番も吹きました。するとヤツが飛散し始めました、スギ花粉です。鼻がムズムズし、目が痒くなってきたので、もうすぐ本格的なアレルギー反応が起こるかもしれません。 新しいものにはアレルギーが起きることがありますアレルギーで思い出すのはストラヴィンスキーの「春の祭

          河津桜、スギ花粉、アレルギー、春の祭典、そして小澤征爾さん

          「切り分け」と「肝の発見」が複雑な課題を解決する方法

          どれひとつとして避けては通れないという不安さまざまな課題は単一ではなく、複雑に絡み合っています。正直なところ、どこから手を付けたらいいのかと迷いますよね。どれも重要ですし、どれひとつとして避けては通れないと感じてしまいます。 自社や個人の課題だけでなく、取引先との仕事でも同じです。いっしょになって「大変ですね」といってすませるわけにはいきません。そんなときに役立つのが「課題を切り分ける」ことです。 これ以上小さくできないところまで切り分ける課題が絡み合ったままでは、何から

          「切り分け」と「肝の発見」が複雑な課題を解決する方法

          なるほど、この手があったか!クリエイティブってすごいね。

          2012年のブログを見返していたら、こんなことを投稿をしていました(一部加筆)。 「広告とデザインの分野で世界で最も権威のある賞ショーである「One Show」2007年の出品作品の一つがこれですどうやら、メガネの広告らしいのですが、視力検査のようなポスターです。制作したのはサンパウロの代理店です。 上から下に目をやると「うん?」・・・ふーむ、これなら男性は小さなアイコンまで一生懸命になって見ますね。視力検査にはならないけど。 発想が柔軟で、おもしろいアイディアです。こ

          なるほど、この手があったか!クリエイティブってすごいね。